2016年02月 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 33

安藤美姫の弟が舞台デビュー。1まわり大きく成長した姿にお姉さんも感激

1: 氷上の名無しさん 2016/02/28(日) 20:25:26.84 ID:CAP_USER*.net
フィギュアスケートの元世界女王の安藤美姫(28)が28日、自身のインスタグラムを更新し、弟の幹純が出演した大林素子主演の舞台「MOTHER マザー~特攻の母 鳥濱トメ物語」を鑑賞した感激と感謝をつづった。
大林、弟らとの記念写真を掲載し「本当に心に染みるものがありました。同じ舞台に弟も出演させて頂き皆様にはお世話になり本当にありがとうございました」と感謝を記しつつ「大きな舞台で演技する弟の姿は1まわり大きく成長した姿でした」と、弟の役者姿に感激した様子。
「お互い違う場ですが1人の表現者としてこれからも皆様に、皆様の心にメッセージを届けられたら幸いです」と、同じ表現者として刺激を受けたようだった。

aaea0355-s

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/h-dal-spo

 

 

安藤美姫の弟が舞台デビュー。1まわり大きく成長した姿にお姉さんも感激 の続きを読む

スポンサードリンク

レオナルドディカプリオがアカデミー賞で悲願のオスカー受賞。羽生結弦が覚醒したロミオとジュリエットを自然と思い出してしまった

6853d1b5-s

186: 名無し草 2016/02/29(月) 10:34:54.50 .net

アカデミー賞終わった?

レオナルドディカプリオがアカデミー賞で悲願のオスカー受賞。羽生結弦が覚醒したロミオとジュリエットを自然と思い出してしまった の続きを読む

スポンサードリンク

宇野昌磨が無事高校を卒業。成長した3年間を振り返り1ヶ月後の世界選手権に向けての抱負を語る

ebeb597e-s

 

926: 氷上の名無しさん 2016/02/29(月) 12:07:57.35 ID:cBvmMCGA0.net

昌磨卒業おめ!

CcXQe9XUsAEAc4Y

宇野昌磨が無事高校を卒業。成長した3年間を振り返り1ヶ月後の世界選手権に向けての抱負を語る の続きを読む

スポンサードリンク

羽生結弦くんが日本にいないと分かると急に恋しくなっちゃう?今夜放送されるフレンズプラスが楽しみだ

500: 氷上の名無しさん 2016/02/28(日) 18:15:10.84 .net

アイスジュエルズの仕入れ方すごい

 

e79e1f27-s

 

羽生結弦くんが日本にいないと分かると急に恋しくなっちゃう?今夜放送されるフレンズプラスが楽しみだ の続きを読む

スポンサードリンク

小塚崇彦が佐藤信夫コーチに変身?突然髪をシルバーにして電車に乗車している写真を公開

348: 名無し草 2016/02/28(日) 04:49:07.99 .net
みなさま各々のお祝いありがとうございます。 #27才 #今年も #肉に #邁進します
#タカヒコ春のタン祭り #ハラミも #あるよ

b9c91abc-s

小塚崇彦が佐藤信夫コーチに変身?突然髪をシルバーにして電車に乗車している写真を公開 の続きを読む

スポンサードリンク

国際スケート連盟の公式ニュースレターの表紙に羽生結弦が選ばれる。改めて海外でも注目されてる事を実感させられるなぁ

60: 氷上の名無しさん 2016/02/28(日) 19:39:17.42 ID:yjH14dKL0.net

ISUの公式ニュースレター表紙に羽生 

74f88d96

ISU公式
https://issuu.com/_web_prod_pp_bd

国際スケート連盟の公式ニュースレターの表紙に羽生結弦が選ばれる。改めて海外でも注目されてる事を実感させられるなぁ の続きを読む

スポンサードリンク

浅田真央と安藤美姫は水と油?GPファイナル舞台裏では意外な展開に周囲のスタッフも困惑

1: 氷上の名無しさん 2016/02/27(土) 08:55:52.00 ID:CAP_USER*.net
3月の世界選手権への調整を優先し、出場予定だった四大陸選手権を辞退した浅田真央(25)。長年、日本のフィギュア界を引っ張ってきてくれた彼女に、心配な話が浮上している。
「彼女は、6位に終わった14年のソチ五輪後、“ハーフハーフ”としていた現役生活の続行を決め、昨年10月のジャパンオープンで競技に復帰しました。だが、試合を重ねるごとに調子を落とし、世界選手権の代表選考がかかった昨年末の全日本選手権も、17歳の宮原知子に大差をつけられて、なんとか3位に滑り込むという不甲斐ない結果に。世界選手権を最後の大会にするのではという声もありますね……」(スポーツ紙記者)
なんとか、もう一度、眩いばかりの“真央スマイル”を見せてもらいたいが、現実はなかなか厳しそうだ。だが、フィギュア関係者の間では、「彼女さえいなければ、こんなことにはならなかったのでは」と、真央ちゃんのペースを乱したA級戦犯として、“あのライバル”への批判の声が上がっているという。「昨年12月、スペイン・バルセロナで行われたグランプリファイナルで、まさかの最下位となる6位に終わってしまった浅田は、翌日のエキシビションを辞退し、すぐに帰国しています」(フィギュア関係者) 
発表されたその理由は“胃腸炎”だったのだが、「関係者の間では、あれは仮病だったのではと、もっぱら。真央ちゃんが辞退した本当の理由は、すでに一線を退いている安藤美姫(28)と、その恋人のハビエル・フェルナンデス(グランプリファイナル準優勝)がエキシビションで“共演”するという話が出たため。茶番のようなメロドラマにつきあわされるのはご免と、周囲のスタッフも含め、不快感でいっぱいだったそうですからね」(前同)
浅田本人よりも彼女の周囲が、とにかく安藤を毛嫌いしているというが、どうやら、そのキッカケは安藤サイドにありそうだ。 「かつては仲の良かった2人ですが、3歳上の安藤が真央ちゃんに成績で追い抜かれてからは、関係がギクシャク。特に安藤が、“なんでも真央、真央って!”と、マスコミや浅田を優遇する連盟への不満を露骨に口にしていましたからね」(前出のスポーツ紙記者)
——恋愛を封印してストイックなまでに競技に打ち込む浅田に対し、奔放すぎる熱愛劇を見せてきた安藤。古今東西、水と油が交わることはないのかも!?

369e6aab

ソース
http://taishu.jp/sp/20089.php


浅田真央と安藤美姫は水と油?GPファイナル舞台裏では意外な展開に周囲のスタッフも困惑 の続きを読む

スポンサードリンク
1 2 3 4 33