2016年03月 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 36

世界選手権2016。宮原知子は緩みなく「ベスト目指す」

フィギュアスケートの世界選手権が30日、当地で開幕する。
4度目の頂点を目指す浅田ら4選手も意気込みや本番直前の心境を語った。
女子は昨年の大会で銀メダルの宮原が公式練習でも安定感のあるジャンプを披露。「調子はいい。このまま調子よく試合に臨めるように頑張りたい」と語った。ここまで全日本選手権と4大陸選手権を制するなど好調だが、「すごく厳しい戦いになる。自分のベストができれば一番いい」と気の緩みはない。
この日の公式練習でトリプルアクセルを決めた浅田は「リンクとか、雰囲気とかに体も慣れてきたかな」と話し、「世界選手権に向けて徐々に調子が上がってきてすごく今良い状態だと思います」と手応えを口にした。
2年連続で大舞台を踏む本郷は「楽しみ」と笑みを浮かべた。ステップでの上体の使い方などクラブの大先輩である鈴木明子さんらの指導を受け、深めた自信を持って銀盤に立つつもりだ。
男子の宇野は4回転トーループで転倒するなどジャンプに精彩を欠き、「今のところは全然ダメ」といらだちを隠せない。男子SPまで時間がないが、「まだ1日ある。試合に向けて追い込んでいきたい」と気持ちを切り替えようと必死だった。

ef617d35-s

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/-mai-spo

 

世界選手権2016。宮原知子は緩みなく「ベスト目指す」 の続きを読む

スポンサードリンク

羽生結弦公式練習の際に妨害を受け「精神状態グチャグチャ」でも首位発進&110点超え

フィギュアスケートの世界選手権は30日(日本時間31日)、米ボストンで男子ショートプログラムが行われ、2季ぶりの優勝を狙う羽生結弦は110・56点をマーク。貫禄の首位発進となった。
羽生は「気持ちよく滑った。(出来は)70%くらい」としながらも、3つのジャンプを危なげなく成功。冒頭の4回転サルコーを鮮やかに決めると、続く4回転―3回転の2連続トーループ、演技後半のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は流れるよう。昨年12月に自身がマークした世界歴代最高得点110・95点に0・39点と迫る高得点を叩き出した。
SP前の公式練習中、デニス・テンが羽生の滑りを妨げる場所でスピン。羽生は「それはねえだろ、お前!」と声を荒らげた。前日29日の公式練習でも、羽生は曲がかかっている最中にテンと接触しそうになり、演技を中断せざるを得なかった。
テンとのトラブルで「精神状態がグチャグチャな中」だったが「ショートプログラムの曲(「バラード第1番」)の背景やファンの気持ちを大事にしながら滑ることができた」と冷静さを取り戻した。

46633b6a-s

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000099-spnannex-spo

Iu55wjJ

Ce2Hgy6VAAAo8U3

フリー滑走順:羽生結弦は20番目

 

 

羽生結弦公式練習の際に妨害を受け「精神状態グチャグチャ」でも首位発進&110点超え の続きを読む

スポンサードリンク

世界選手権2016。宇野昌磨は男子SP4位発進。気持ちを切り替えてフリーで巻き返しを図る 

フィギュアスケートの世界選手権が30日に当地で開幕し、男子ショートプログラムで2季ぶりの優勝を狙う羽生結弦が110.56点で、自身が昨年12月のグランプリファイナルで出した110.95点の世界歴代最高得点に迫り首位発進した。初出場の宇野昌磨は90.74点で4位につけた。
大会連覇を狙うハビエル・フェルナンデスが98.52点で2位。2月の4大陸選手権を制したパトリック・チャンは94.84点の3位。4回転ジャンプを武器に持つ金博洋が89.86点で5位に続いた。フリーは4月1日(日本時間2日午前)に行われる。
宇野昌磨(3-3回転の連続ジャンプが3-2回転になるミスもあり)満足していない。悔しさが残る。4回転とトリプルアクセルでいいジャンプが跳べたのが唯一、よかった。

cc192835-s

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000022-mai-spo
 

世界選手権2016:宇野昌磨:SP

世界選手権2016。宇野昌磨は男子SP4位発進。気持ちを切り替えてフリーで巻き返しを図る  の続きを読む

スポンサードリンク

世界選手権2016羽生結弦が男子SP110・56でトップ「よっしゃ!見たかぁ!」と雄叫びを上げ圧巻の演技で首位発進

「フィギュアスケート世界選手権 男子ショートプログラム」
2季ぶりの優勝を狙う14年ソチ五輪金メダリストの羽生結弦が、文句なしの演技で、自身の持つSP世界記録(110・95点)に迫る110・56点で断トツの首位発進を決めた。
演技を終えた羽生が、感情を爆発させた。「よっしゃ~、見たかぁ~!」。SP「バラード第1番」にのり、冒頭から4回転サルコー、4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプを完ぺきに成功。後半のトリプルアクセルも問題なく決め、圧巻の演技を披露した。
同日の公式練習では曲掛けの練習中、ジャンプに向かう軌道上にデニス・テン(カザフスタン)がスピンを行っており、トリプルアクセルに転倒。マナー違反に「それはねえだろ、お前!」と声を荒げるトラブルもあったが、集中を乱されることはなく、絶対王者の精神力を見せつけた。

350a9b08-s

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/-dal-spo

 

 

世界選手権2016:羽生結弦:SP

世界選手権2016:ハビエル・フェルナンデス:SP

 

 

順位 選手名 国名 得点
1位 羽生結弦 jpn日本 110.56
2位 ハビエル・フェルナンデス espスペイン 98.52
3位 パトリック・チャン canカナダ 94.84
4位 宇野昌磨 jpn日本 90.74
5位 金博洋 chn中国 89.86
6位 ミハイル・コリヤダ rusロシア 89.66
7位 アダム・リッポン usa米国 85.72
8位 マックス・アーロン usa米国 81.28
9位 イヴァン・リギーニ itaイタリア 81.17
10位 デニス・ヴァシリエフス latラトビア 81.07
11位 ミハル・ブレジナ czeチェコ 79.29
12位 デニス・テン kazカザフスタン 78.55
13位 マキシム・コフトン rusロシア 78.46
14位 ヨリック・ヘンドリックス belベルギー 77.72
15位 ミーシャ・ジー uzbウズベキスタン 77.43
16位 グラント・ホッホスタイン usa米国 74.81
17位 ブレンダン・ケリー ausオーストラリア 71.04
18位 イ・ジュンヒョン kor韓国 70.05
19位 アレクセイ・ビチェンコ isrイスラエル 69.86
20位 シャフィック・ベセイエ fraフランス 69.23
21位 フィリップ・ハリス gbrイギリス 68.53
22位 ジュリアン・ジー・ジェイ・イー masマレーシア 67.60
23位 マイケル・クリスチャン・マルティネス phiフィリピン 66.98
24位 イワン・パブロフ ukrウクライナ 65.20

ソース
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/

世界選手権2016羽生結弦が男子SP110・56でトップ「よっしゃ!見たかぁ!」と雄叫びを上げ圧巻の演技で首位発進 の続きを読む

スポンサードリンク

世界選手権男子SPいよいよ開幕。宇野昌磨は最終グループ1番手

CewUoo6WsAAPhmV (1)

 

131: 氷上の名無しさん 2016/03/30(水) 12:12:41.07 .net

前田 大輔 @Maex_1980
#figureskate 宇野昌磨選手も、先ほどの練習前に取材に応じました。
ボストン入り後は思うような練習ができず「すごい自分にいらだちがある」と話しましたが、
先ほどの練習ではSPの曲かけで全てのジャンプを決めるなど、上り調子です

Cewnz8QW4AIVqiE

世界選手権男子SPいよいよ開幕。宇野昌磨は最終グループ1番手 の続きを読む

スポンサードリンク

羽生結弦が怒りをあらわに「それはねえだろ、お前!」デニス・テンのマナー違反に声を荒らげる

フィギュアスケート世界選手権に出場する14年ソチ五輪男子金メダリスト・羽生結弦が珍しく怒りをあらわにした。
30日の男子ショートプログラムを前に、同日昼にサブリンクでの公式練習に参加。SP使用曲「バラード第1番」を流しての滑走中、デニス・テンが羽生の滑りを妨げる場所でスピンをしており、羽生は「それはねえだろ、お前!」と声を荒らげた。
前日、本番会場での公式練習でも、羽生は曲がかかっている最中にテンと接触しそうになり、演技を中断せざるを得なかった。通常5~6人で行われる公式練習では、曲をかけて滑っている選手が優先されるという暗黙のルールがある。2日連続での“マナー違反”に我慢ができなかった様子の羽生だが、サブリンクを去る際には笑顔が戻っていた。

o0600040013605945332

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/nannex-spo

 
羽生結弦が怒りをあらわに「それはねえだろ、お前!」デニス・テンのマナー違反に声を荒らげる の続きを読む

スポンサードリンク

羽生結弦が王者奪還へ手応えも曲かけ練習でデニステン選手から何度も進路妨害を受けスケート連盟が正式抗議

フィギュアスケートの世界選手権が30日、当地で開幕する。
「今できることをしっかりやる」
優勝候補の一番手と目される羽生は「今の自分は今の自分でしかないので、しっかりと今できることをやりたい」と力を込めた。
前日の公式練習では4回転サルコウ-3回転トーループを成功させるなど、ジャンプでミスはなかった。ただ、この日の公式練習では4回転サルコウで数回転倒。リンク上の羽生の表情はさえなかったが優勝した昨年末の全日本選手権以降、自らが思い描いた通りに調整してきた自信もある。
前回大会ではハビエル・フェルナンデスに敗れて悔しさを味わった。羽生は「今シーズン戦ってきている中での原動力には確実になってきている」。自らの技と精神面を磨き、NHK杯やGPファイナルで世界最高得点を連発。そして、また世界選手権の舞台に戻ってきた。
王座奪回へ--。羽生が2度目の世界王者のタイトルを目指し、銀盤を舞うときがまもなくやってくる。

2da90e18-s

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/-mai-spo


CewDF57WEAAttgR

 

<最終グループ> ※10時58分頃から開始
25:宇野昌磨(日本)
26:ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
27:デニス・テン(カザフスタン)
28:パトリック・チャン(カナダ)
29:羽生結弦(日本)
30:マキシム・コフトン(ロシア)

滑走順
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports

 

1分30秒辺り

羽生結弦が王者奪還へ手応えも曲かけ練習でデニステン選手から何度も進路妨害を受けスケート連盟が正式抗議 の続きを読む

スポンサードリンク
1 2 3 4 36