2017年03月 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 43

トリノ五輪金メダリスト。ロシアの皇帝プルシェンコが引退表明。

1: 氷上の名無しさん 2017/03/31(金) 20:22:49.70 _USER9
フィギュアスケートの2006年トリノ冬季五輪男子金メダリストで「皇帝」の愛称で親しまれてきたエフゲニー・プルシェンコ(34)が31日、引退を表明した。タス通信などが伝えた。
15年4月に18年平昌五輪を目指すと表明していたが故障に苦しみ、昨年3月に頸椎ヘルニアの手術を受けていた。ロシアのムトコ副首相は「本物の偉大な選手で残念だが、スポーツとフィギュアスケートの発展に貢献し続けると期待している」と述べた。
1999年NHK杯で、世界で初めて国際連盟公認大会で4回転トウループ―3回転トウループ―2回転ループのコンビネーションジャンプを成功。4―3回転ジャンプを武器に国際大会で活躍し、14年ソチ五輪男子シングル金メダリスト・羽生結弦(22)=ANA=の幼少期にも多大な影響を与えた。世界選手権は2001、2003、2004年で優勝。
五輪は4大会連続で出場し、2002年ソルトレークシティー銀、トリノで初の金メダルに輝き、2010年バンクーバー銀、14年ソチ五輪は団体戦で金メダル獲得に貢献した。
個人種目で4大会連続メダルを狙った14年ソチ五輪は腰の故障を理由にショートプログラムの演技直前に棄権。試合後は「ナイフで刺されたような痛み。フィギュア人生の終わりだ」などと発言し、現役引退を示唆していた。けがと闘ってきたフィギュア人生で、05年に鼠径ヘルニアの手術を受け、07年に03年夏の日本のアイスショーで損傷した半月板にメスを入れた。10年にも右アキレス腱にできたのう胞の除去手術を受け、12年に半月板の修正を施す手術を行っていた。


トリノ五輪金メダリスト。ロシアの皇帝プルシェンコが引退表明。 の続きを読む

スポンサードリンク

Goingで本田真凜特集。200点超えの理由は集中力。妹たちの為にも勇姿を見せたかった

402: 氷上の名無しさん 2017/03/25(土) 00:07:15.68
台湾でもキャーキャー言われとった


本田真凜(HONDA Marin) – 20170325 Going Sports 投稿者 marin-honda-channel

Goingで本田真凜特集。200点超えの理由は集中力。妹たちの為にも勇姿を見せたかった の続きを読む

スポンサードリンク

宇野昌磨2位発進に「凄く気持ちいい」。フリーで逆転V射程圏内&ヘッドホンで聴いているお気に入りの曲はソードアート・オンラインの主題歌

フィギュア世界選手権 第2日 ▽男子ショートプログラム(30日、ヘルシンキ・ハートウォールアリーナ)
【ヘルシンキ(フィンランド)30日=高木恵】男子ショートプログラム(SP)で3季ぶりの王座奪回を目指す羽生結弦(22)=ANA=は98・39点の5位と出遅れ。宇野昌磨(19)=中京大=は世界歴代3位の104・86点で2位。四大陸選手権に続き、SPで羽生を上回った。男子フリーは4月1日に行われる。
フィニッシュで上げた左手と逆の右手を天に向かって突き上げた。宇野は2本の4回転を含むすべてのジャンプを成功させ、自身2度目の大台突破。「すごく気持ちよく滑ることができた。1年やってきたことがここで出せたことがうれしい」。自己ベストを4・58点も更新し世界歴代3位の104・86点で2位につけた。
課題の時差対策として通常の大会よりも1週間早くヘルシンキ入り。2月の四大陸選手権から7週で4大会に出場し、実戦感覚を高めてきた。「やらなきゃって思いながら、なかなか調子が上がらないこともあった。でも焦らず、けがなくここまで来られた」。自信を深めながら今季の大一番へ乗り込んできた。
今季途中からウォーミングアップ中にヘッドホンで音楽を聴くようになった。「適当に入っているのを聴いている。アニメの曲なんですけど」と照れ笑いを浮かべる。「ソードアート・オンライン」の主題歌が今のお気に入り。聴きながら、気持ちを高めている。「試合への気持ちの持って行き方」を今季は最も大切にしながら戦ってきた。「フリーも笑顔で終えられたら」。7位だった昨年の悔し涙を笑顔に変える。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/pnannex-spo

宇野昌磨2位発進に「凄く気持ちいい」。フリーで逆転V射程圏内&ヘッドホンで聴いているお気に入りの曲はソードアート・オンラインの主題歌 の続きを読む

スポンサードリンク

三原舞依「切り替えて」平昌五輪3枠へ。フリーでの巻き返しに期待

フィギュアスケート世界選手権女子フリー(2017年3月31日 フィンランド・ヘルシンキ)
31日の女子フリーに向けて、SPで9位の樋口新、12位の本郷、15位の三原の日本勢3人が30日に練習リンクで調整を行った。
SPで転倒して大きく出遅れ、「切り替えて臨みたい」と誓った三原は音楽に乗せた滑りで高難度の2連続3回転や2回転半―3回転、SPで失敗した3回転フリップなどのジャンプを全て成功させ、巻き返しに期待が高まる内容だった。今大会は来年の平昌五輪の国別出場枠が懸かっており、最大3を獲得するには上位2人の順位合計が13以内でなければならない。2人の合計が14~28なら2枠。29以上なら1枠となってしまう。日本勢は上位を見据えながら、一方で大きな失敗も許されない戦いに臨む。
▽平昌五輪の出場枠 男女とも3選手が出場する世界選手権の上位2人の順位合計が13以内なら最大の3枠を獲得、14~28だと2枠で29以上となった場合は1枠のみとなる。日本は女子が3大会連続、男子が2大会連続で3枠を確保している。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jpnannex-spo

 

 

三原舞依「切り替えて」平昌五輪3枠へ。フリーでの巻き返しに期待 の続きを読む

スポンサードリンク

エヴゲーニー・プルシェンコが宇野昌磨の演技を絶賛。「1位にふさわしい滑り」

710: 氷上の名無しさん 2017/03/31(金) 05:44:52.69

ほらプルの掌返し来たよ
あれこれ

 

2017/03/30

エヴゲーニー・プルシェンコ「宇野の滑りは一位にふさわしかったと思う」

 

エヴゲーニー・プリューシェンコ

「宇野の滑りは印象に残った。彼の滑りは一位にふさわしかったと思う」

二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、ヘルシンキの世界選手権男子ショートプログラムの結果についてコメントした。「宇野の滑りは印象に残った。彼の滑りは一位にふさわしかったと思う。しかし、フェルナンデスのために喜んでいる。同じように良く滑ったのだから。
羽生結弦には落胆した — 彼は素晴らしくループを行った。しかしサルコウは立派にやらなければならなかった。だって彼はサルコウを長いことやっているのだから。それから正直に言うと、彼のショートプログラムはあまり好きではない。それは少し彼のスタイルではないと僕は感じる。しかし、彼とコーチは常に探求していて、立派だ」。プリューシェンコはこのように語った。
文:アントン・プリャソフ / 出典:TASS

ソース

ttps://www.sports.ru/figure-skating/1049830911.html


宇野昌磨 2017フィギュアスケート世界選手権SP演技 投稿者 Bansai-Akihabara
エヴゲーニー・プルシェンコが宇野昌磨の演技を絶賛。「1位にふさわしい滑り」 の続きを読む

スポンサードリンク

世界選手権2017。フェルナンデスSP首位で3連覇へ向け好調な滑り出し

フィギュアスケートの世界選手権は30日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、宇野昌磨(中京大)が104.86点で2位につけた。羽生結弦(ANA)は98.39点で5位だった。首位は3連覇を目指すハビエル・フェルナンデス(スペイン)で109.05点。羽生が2015年12月のグランプリファイナルで出した110.95点の世界歴代最高に迫った。
羽生とチェンの一騎打ちかと思われた大会で首位をさらったのは、2連覇中のフェルナンデスだった。完璧にマラゲーニャを演じきり、自己ベストを4.80点更新。最初の4-3回転トーループ、続く4回転サルコウはともに出来栄えで満点近く、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は満点の評価を受けて、ジャンプの出来栄えの加点だけで8.72点も獲得。羽生の世界歴代最高に迫り「とてもいい気持ち」と満足そうな表情を浮かべた。男子では2011~13年のチャン以来となる3連覇を視界に捉え「実現できればすごい偉業。明日(の練習)、あさって(フリー)と努力する」と言い切った。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl000004-mai-spo

世界選手権2017。フェルナンデスSP首位で3連覇へ向け好調な滑り出し の続きを読む

スポンサードリンク

世界選手権2017。SP5位に羽生結弦「実力足りないな」フリーで巻き返す「絶対ノーミス」と誓う

フィギュアスケート世界選手権第2日(2017年3月30日 フィンランド・ヘルシンキ)
羽生結弦(22=ANA)は4回転サルコーのミスが響きSP5位。「(冒頭の4回転)ループがきれいに決まって、集中した結果これなので実力足りないなと思いました」と淡々と振り返った。
「楽しむことはできたと思うんですけど、なんだかんだいってまた(4回転)サルコー失敗してしまったので、そこはすごく悔しいです」。前日に行われた公式練習ではジャンプの失敗が続いた一方、最後は4回転サルコーを5連続で決める意地も見せていたが、本番では着氷後に膝をつくミスが出てしまった。
5位とは言え、上位3人が100点以上というハイレベルな戦い。首位のハビエル・フェルナンデス(25=スペイン)には10点以上の差をつけられたが、「結果は結果なので、重く受け止めて、明後日のフリーに向けて全力を尽くしたいなと思います。絶対ノーミスにしたいなと思っているので、1つ1つ丁寧に最後まで集中してやりたいなと思っています」と巻き返しを誓った。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl0000131-nex-spo


世界選手権2017。SP5位に羽生結弦「実力足りないな」フリーで巻き返す「絶対ノーミス」と誓う の続きを読む

スポンサードリンク
1 2 3 4 43