2017年06月 一覧

スポンサードリンク
【みんなで楽しもう!】平昌五輪フィギュアスケート実況掲示板!【全スケジュール記載】
1 2 3 4 5 52

アスリート浴衣のファッションショーで一番上手に歩いていたのは村上佳菜子ちゃん&昼飯旅第2弾が本日放送

897: 氷上の名無しさん 2017/06/29(木) 23:39:24.43
めざましテレビ 6/28
アスリート浴衣のファッションショー👘
一番上手に歩いていたのは佳菜子ちゃんだって

https://youtu.be/iC3WJHUTvPE

アスリート浴衣のファッションショーで一番上手に歩いていたのは村上佳菜子ちゃん&昼飯旅第2弾が本日放送 の続きを読む

プリンスアイスワールド2017鹿児島公演開演間近。出演するプルシェンコは美味しそうな牡蠣を堪能

551: 氷上の名無しさん 2017/06/29(木) 20:09:38.48

2017年7月1日・2日に鹿児島アリーナで行われる
「プリンスアイスワールド2017鹿児島公演」の開催に際し、
6月30日にプロスケーターによる指導の下、
チャリティスケート教室を開催致します。
憧れのプロフィギュアスケーターから直接指導してもらえる
またとない機会に、是非ご参加下さい。

 

日時
2017年6月30日(金)

場所
鹿児島アリーナ

時間
集合:16:30
教室:17:45~18:45(予定)

講師
荒川静香、本田武史、安藤美姫、織田信成、村上佳菜子(予定)

プリンスアイスワールド2017
http://www.kyt-tv.com/topics/iceshow/2017/
プリンスアイスワールド2017鹿児島公演開演間近。出演するプルシェンコは美味しそうな牡蠣を堪能 の続きを読む

尾木ママ「羽生結弦選手の裏方への丁寧なお礼に感涙」

1: 氷上の名無しさん 2017/06/29(木) 20:06:44.68 _USER9

尾木ママ「羽生結弦選手の裏方への丁寧なお礼に感涙」

新潟市の朱鷺(とき)メッセで三年ぶりに「ファンタジー・オン・アイス」を観てきたの! 昨年軽井沢のバス事故で教え子を亡くして以来、大好きなアイスショーを楽しむ気持ちになれなかったんだけど、今回はどうしても観たくなって頑張ってチケットをゲット。
羽生結弦選手(ゆづ)が出場するとあって、同じゆづファンからたくさん声をかけられたの。駅でも会場でも、ゆづの写真をはめ込んだ目覚まし時計や、タオル、シールなどを次々にいただいたワ。聞くと、ファン同士で手作りグッズや写真を交換して楽しんでいるらしいの。ゆづのファン、フィギュアスケートファンの方々は応援を生活にうまく取り込んでいるのね。
ショーではゆづ、宇野昌磨くん、本田真凜ちゃん、坂本花織ちゃんといった現役選手から、“皇帝”プルシェンコや元世界王者ランビエール、荒川静香さんに安藤美姫さん、鈴木明子さんに織田信成くんとフィギュアファンなら卒倒しそうな豪華メンバーが勢揃い。
競技としてのフィギュアスケートとは違って、それぞれの個性を生かし美しい生歌で演技したり団体で演技したりするのは圧巻だったわ! 空中ブランコのようなエアリアル、息を呑むアクロバティックな演技などは、もはやフィギュアスケートの枠を超えた新しい総合芸術ね。あまりにも素晴らしい「エンターテインメントショー」に、尾木ママ感動しっぱなしでした!

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/article

 

尾木ママ「羽生結弦選手の裏方への丁寧なお礼に感涙」 の続きを読む

平昌五輪南北共催問題に北朝鮮「少し遅い」「スポーツの上に政治がある」と拒否

1: 氷上の名無しさん 2017/06/28(水) 20:25:56.72 _USER
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権がぶち上げた2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪の南北共催について、人命にかかわる危険性が指摘されている。北朝鮮での候補地として挙げられた馬息嶺(マシクリョン)スキー場付近では、14年に30人が死亡する事故が起きたという情報があるのだ。
当の北朝鮮側にまで「少し遅い」と批判されるなどハシゴを外された文政権だが、それでも無謀な共催へ突き進むのか。
馬息嶺スキー場で事故があったとの情報を明らかにしたのは、北朝鮮の不正行為の告発を続けている「アジア調査機構」の加藤健代表だ。
加藤氏によると、事故が起きたのは14年1月19日。スキー場に招待された平壌(ピョンヤン)の青年労働者を乗せたバスが途中で事故に遭い、救援を受けられないまま30人が死亡したという。
このスキー場は工事中にも事故があったと報じられた。13年に北朝鮮を襲った豪雨で工事現場が破壊され、多数の死傷者が出たとされる。
馬息嶺スキー場は、北朝鮮の最高権力者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の肝いりで建設が進められた。
朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は「銃弾、砲弾を作って前線に送る心情で鋼材やセメントなどの資材生産を進め、馬息嶺地区に優先的に送るべきだ」との社説を掲載したほどだ。完成後には正恩氏が視察に訪れたと朝鮮中央通信が報じている。
正恩氏の強い意向が働いているだけに、建設にはかなり無理をしたようだ。スキー場には、国連安全保障理事会の制裁決議で北朝鮮への輸出が禁じられたぜいたく品が使用されている疑いも持たれている。
韓国メディアでは14年、馬息嶺スキー場で、欧州製の高価な雪上車や噴射式除雪車が目撃されたと報じられた。
さらに、国連安保理・北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが今年まとめた報告書には、スキー場で使われているスキー用具の供給について調査を進め、写真に写っていた設備を製造したオーストリアの企業に問い合わせをしたことが記されている。
閉鎖国家の北朝鮮では現在のスキー場周辺の安全性は確認できない。また、建設された経緯からみても馬息嶺スキー場で五輪が行われることは信じがたい。
 それでも文政権は南北共催に向け、北朝鮮に秋波を送っている。
聯合ニュースによると、文大統領は24日、「初めて南北単一(合同)チームを結成し、最高の成績を上げた1991年の世界卓球選手権大会と世界青少年サッカー大会の栄光を平昌冬季五輪でもう一度見たい」と述べ、南北合同チーム結成に意欲を示した。
これに対し、北朝鮮の張雄(チャン・ウン)国際オリンピック委員会(IOC)委員は、文氏が提案した直後に「スポーツの上に政治がある」とし、提案実現には「政治的環境が解決されねばならない」と述べ、韓国による経済制裁解除を求める姿勢を示した。
北朝鮮による核やミサイルの開発に日米など国際社会が懸念を強めるなか、南北対話にこだわる文氏だが、北朝鮮からは制裁解除が「条件」として突き返された形だ。
馬息嶺スキー場についても張氏は、今から準備を始めても「少し遅い」と否定的な考えを示した。
文氏はハシゴを外された形だが、今後の韓国と北朝鮮の駆け引きの末に両国の思惑が一致すれば、南北共催が実現しないとも限らない。
前出の加藤氏は「このまま馬息嶺スキー場で実施されたら、選手や観客らがスキー場に向かう途中で事故に遭って亡くなる可能性が高い。北朝鮮に外貨が渡り、核・ミサイル開発の資金になる恐れもある。許されないことだ」と話し、文政権を次のように批判した。
「人命や国連の制裁を全く考えないで、政治的な思惑だけで南北共催について発言している。文政権の正恩氏への追従のために人命が失われてはならない」
加藤氏はメールとファクスなどで、IOCのバッハ会長と国際スキー連盟(FIS)のカスパー会長に対し、南北による五輪共催の問題点をまとめた書簡を送った。
国際社会を挙げて、無謀な五輪共催を阻止しなければならない。

 

ソース

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170628/soc170628

 

平昌五輪南北共催問題に北朝鮮「少し遅い」「スポーツの上に政治がある」と拒否 の続きを読む

シニアデビュー控える17歳の坂本花織「トリプルアクセルを絶対に跳びたい」

とにかく明るい。インタビュー中もよく笑う姿が実に印象的だった。坂本花織、17歳。昨年の全日本ジュニア選手権で本田真凜らを破って優勝を飾った女子フィギュアの有望株だ。今年3月の世界ジュニア選手権でも3位に入り、来季からは満を持してシニアの舞台に参戦する。
2016−17シーズン、同じリンクで練習を共にする1学年上の三原舞依が四大陸選手権優勝、世界選手権5位と国際舞台で結果を残した。親友でもあり、ライバルでもある三原の活躍は、坂本に多くの刺激を与えたことだろう。「正直怖いのが8割くらい」。シニアでの戦いに、そう不安も吐露していたが、その目は来年に迫った平昌五輪をしっかりと見据えていた。
――世界ジュニアが終わって3カ月ほどたちますが、16−17シーズンはどのような1年でしたか?
最初のジュニアグランプリ(JGP)シリーズからすごく成績が良くて(編注:サン・ジェルヴェ大会で2位)、そんなシーズンは今まであまりなかったので、「今季はいけるな」と勇気が湧いてきました、そのままJGPファイナルにも、世界ジュニアにも行けましたし、とても充実した1年だったなと思います。
――良かった点と反省点はどこでしょうか?
反省点はファイナルですね。ロシアの選手たちがすごすぎて、今までの自分が唯一出せなかった試合だったので……。良かった点は、世界ジュニアのときに、男子やペア、アイスダンスの応援を真凜や(白岩)優奈と3人でしていたんですけど、自分の出番になったらきちんと集中して、切り替えられたところが良かったかなと思います。
――世界の舞台で結果を残したわけですが、今季とこれまでのシーズンで変わった部分はありましたか?
気の持ち方ですかね。今まではどの試合でもすごい選手が出てきて、「この人には絶対に勝てない」と思い込みながらやっていたので、それなりの演技しかできなかったんです。ただ、今季は「もしかしたらこの選手にも勝てるんじゃないか」と、ちょっとでも超えようと思う気持ちがあったので、それが前とは違ったかなと思います。
――「メンタルが課題」と以前からおっしゃっていましたが、「この選手にも勝てるんじゃないか」と思えるようになったきっかけは何かあったのでしょうか?
夏の合宿で走り込んだり、体幹トレーニングをたくさんやったので、練習でもジャンプが安定してきました。自信につながる練習をいっぱいしてきたので、それが気持ちを強くしてくれた部分かなと思います。
ソース(全文)

シニアデビュー控える17歳の坂本花織「トリプルアクセルを絶対に跳びたい」 の続きを読む

宇野昌磨選手が7月4日放送のグッと!スポーツでダーツに挑戦。投げるポーズも決まってる

865: 氷上の名無しさん 2017/06/28(水) 19:32:45.69

ダーツ来た

宇野昌磨選手が7月4日放送のグッと!スポーツでダーツに挑戦。投げるポーズも決まってる の続きを読む

ラトデニ君と幸四郎君が一緒に朝の散歩にお出かけ。大自然の中でさわやかハイキング。

790: 氷上の名無しさん 2017/06/29(木) 16:04:46.37
denissvasiljevs
Early morning walk with Koshiro!

 

ラトデニ君と幸四郎君が一緒に朝の散歩にお出かけ。大自然の中でさわやかハイキング。 の続きを読む

1 2 3 4 5 52