2017年09月 一覧

スポンサードリンク
1 40 41 42 43

羽生結弦選手のトロント公開練習2017リポート! SPで使う曲はLet’s Go Crazyを検討していたと衝撃の告白

482: 氷上の名無しさん 2017/08/31(木) 23:00:27.86
【KISS&CRY 羽生結弦選手・トロント直送便2017本日発売】羽生選手の本誌独占ロングインタビュー、そして練習風景を取材した密着ドキュメントなど、40ページ超の総力特集は見どころたっぷりです!さらに羽生選手のWポスター付き!
発売前増刷となった本誌、ぜひ書店でご確認ください!
2017年8月8日~9日。カナダのトロントにある名門クラブ「トロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブ」で行われた、羽生結弦選手の公開練習を取材してきました。 2012年の4月末に、羽生選手がカナダに練習拠点を移してから、何度か公開されているのでご存じの方も多いかと思いますが、羽生選手はここでブライアン・オーサーコーチをチームリーダーとする“チーム・ブライアン”に日々、指導を受けています。
そして、「2017/18 シーズンのFS は『SEIMEI』」と発表されたときの報道陣の静かなどよめき。「やっぱりそう来たか!」「ほんとに?」。会場のざわめきから、今回は報道陣の間でもさまざまな読みが飛び交っていたことが分かりました。
初日の公開練習後、羽生選手自ら説明してくれたのですが、「2015/16 シーズンで滑っていい演技ができていたときから、FS では『SEIMEI』をオリンピックシーズンに使いたいと決めていました。SP に関してはちょっと迷いはあったかもしれないんですけど、FS に関しては先シーズンに入る前から決めていて、あっためていたという感じです」。
同じ曲とはいっても、前半に4回転ループ、4回転サルコウ、3回転フリップ、スピン、ステップ、後半に4回転サルコウ-3回転トウループ、4回転トウループ-1回転ループ-3回転サルコウ、さらに4回転トウループ、トリプルアクセル-2回転トウループ、3回転ルッツが並ぶ鬼構成! 2年前もそうでしたが、驚異的に難易度が増しています。トロントの公開練習では、通しでのお披露目はまだありませんでしたが、高く安定した美しいジャンプ、キレキレのステップに、羽生選手の『SEIMEI』にかける覚悟と気合いを感じました。もし新構成をノーミスで滑ることができたら、一体何点出ることになるのでしょう……。
そして、私が個人的に気になったのは、ちょっと迷ったと語っていたSPの選択についてでした。『SEIMEI』についての選択理由などは、すでにいろいろ語られていると思うので、SPについて質問してみた個別インタビューをお届けします!

 

Q:オリンピックシーズンのプログラムについてお聞きします。FS として「『SEIMEI』』の選択は迷わなかったということでしたが、SP は正直これももしかしたらいいかな・・と考えたものはあったのでしょうか?
Y(羽生結弦選手):言っちゃっていいのかな(笑)。 実は、SP は『Let’s Go Crazy』を持ち越ししようと思っていたんですよ、もともとは。4 月の国別対抗戦のときも滑りましたけど、そのまま今シーズンに使おうと。 SP に関しては僕が決めた曲ではなかったのですが、ジェフ(チーム・ブライアンの一員として、 『バラード第1番』、『Let’s Go Crazy』の振付も担当しているジェフリー・バトルさん)に最初にもらったときに、これだったらある意味『パリの散歩道』とかぶるような点もあり、演技としてはこのままオリンピックにも使ってもいいのかも?と考えていました。
ただ、自分にとっては表現の幅の振り切ったところにあるプログラムですし、2016/17 シーズンのFS『HOPE & LEGACY』や、2015/16 シーズンのSP『バラード第1番』とはすごく対照的じゃないですか。そういった自分のなめらかさ、綺麗さを出すようなプログラムではなくて、本当に内なる自分の激しさというか、楽しさ、荒さを思いきって出せる面もあったし、競技用としては珍しく観客と一体化できる作品でもあったので、盛り上がりはすごくいいなあと。なので、最初は『Let’s Go Crazy』を持ち越そうと思っていました。

 

家庭画報(全文)
http://www.kateigaho.com/sp/information/figure/2017

羽生結弦選手のトロント公開練習2017リポート! SPで使う曲はLet’s Go Crazyを検討していたと衝撃の告白 の続きを読む

news everyでFOI2017に出演した宇野昌磨特集。平昌でメダルへ・・・先輩メダリストと共演

148: 氷上の名無しさん 2017/08/31(木) 17:44:16.76
はやく4チャン!
宇野先輩きた


170831 FOI 特集 投稿者 MM_VV925 news everyでFOI2017に出演した宇野昌磨特集。平昌でメダルへ・・・先輩メダリストと共演 の続きを読む

男性写真集の累計売上ランキングで羽生結弦のアイスジュエルズ特別編集SEASON PHOTOBOOK 2016-2017が3位に

俳優の竹内涼真の2nd写真集『竹内涼真写真集「1mm」』(7月22日発売)が、週間0.8万部を売り上げ、9/4付オリコン週間“本”ランキングの「写真集部門」で先週の2位から順位を上げ、発売6週目で初の1位を獲得した。
NHK連続テレビ小説『ひよっこ』、日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』(毎週水曜 後10:00)で人気急上昇中の竹内。発売前から重版が決定したという同作は、「1mmでも君の近くに。」をテーマに台湾で撮影され、絶景や絶品を満喫する笑顔やプールでの肉体美などが収められている。
ここまでの累積売り上げは3.7万部に達し、現時点で今年度の男性写真集のトップに。2位は岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)の『AZZURRO 特別限定版』(昨年11月発売・累計2.0万部)、3位は『アイスジュエルズ特別編集 羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2016-2017』(7月発売・累計1.5万部)
また、総合部門にあたる「BOOK部門」では、2017ミス・インターナショナル世界大会公式トレーナーの佐久間健一氏によるダイエット本『モデルが秘密にしたがる体感リセットダイエット』(5月10日発売)が2.5万部を売り上げ、7/3、7/10付けに続いて通算3度目の1位を獲得。累積売り上げが31.3万部に達した。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hc-ent

男性写真集の累計売上ランキングで羽生結弦のアイスジュエルズ特別編集SEASON PHOTOBOOK 2016-2017が3位に の続きを読む

今季シニアデビューの白岩優奈選手が五輪出場へ意欲「12月の私はどう進化しているのか…」

フィギュアスケートで昨季の世界ジュニア選手権5位の白岩優奈(15)=関大KFSC、本田真凜(16)=大阪・関大高=ら関大たかつきアイスアリーナを拠点とする選手が30日、練習を公開した。
今季ジュニアからシニアに昇格した白岩は「いまはジャンプも調子がよくて、スケートへの気持ちもいい方向に向いている。ワクワクした気持ちが強い」と強気で話した。
練習では難度の高い3回転ルッツ-3回転ループの連続ジャンプを何度も成功させるなど、状態はバッチリ。「今1番の課題は表現だけど、ジャンプが安定しているので安心して表現の練習をできる」と練習にも手応えを感じているようだ。
目指すは来年2月の平昌五輪出場。「今の状態だと行けないと思うけど、今取り組んでいることや努力していることを12月の全日本で完成させることができたら、12月の私はどう進化しているのか、すごく自分が楽しみです」と前向きに話した。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hal-spo

今季シニアデビューの白岩優奈選手が五輪出場へ意欲「12月の私はどう進化しているのか…」 の続きを読む

町田樹さんのそっくりさんに驚き。本当に似てる

603: 氷上の名無しさん 2017/08/29(火) 21:12:56.62

@歳をとるにつれてフィギュアスケートの町田樹っぽくなってきた

 

町田樹さんのそっくりさんに驚き。本当に似てる の続きを読む

1 40 41 42 43