2017年10月 一覧

スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 45

祝!GPSカナダ大会優勝。家庭画報のインスタグラムに豪華な特性肉弁当を前にした宇野昌磨選手の写真を掲載

374: 氷上の名無しさん 2017/10/30(月) 12:13:04.15
家庭画報編集長のインスタにお肉を前にご機嫌な昌磨がw
ちょっとした記事かと思ったら特集のようで楽しみ

祝!GPSカナダ大会優勝。新年号は宇野昌磨特集。撮影時の昼食は特製肉弁当!
#家庭画報 #KATEIGAHO #家庭画報新年号 #宇野昌磨 #肉好き
豪華な特性肉弁当を前にした昌磨の写真付き

家庭画報

https://www.instagram.com/p/Ba2qnkhgp22/

祝!GPSカナダ大会優勝。家庭画報のインスタグラムに豪華な特性肉弁当を前にした宇野昌磨選手の写真を掲載 の続きを読む

悪い演技の回数券「使っちゃった」 本田真凜次戦へ自信

フィギュアスケート女子の本田真凜(大阪・関大高)が29日、、グランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダのエキシビションに出演、女性ボーカルのジャズ調の音楽に乗り、観客を魅了した。
今大会はショートプログラム(SP)で失敗し、総合では5位だった。
本田は悪い演技をしたかと思えば、いい演技を披露する。そんな波がある自分の演技は、回数券のように1シーズン中のいい演技と悪い演技の回数が決まっていると考えていて、よく「ノーミス券がある」などと表現する。「1年に1回くらいしか集中できない」といい、その数は多くない。今大会ではショートプログラム(SP)でジャンプ、スピンでミスを重ねた悪い演技が出た。そんなこともあって、「もう(1回だけある)悪い演技を使っちゃったから、あとはいい演技が残っているので。ふふふ。大丈夫だと思います」と次戦となる中国杯(11月3、4日、北京)への自信を見せた。
本田は「SPはここまでミスのある演技になると思っていなくて、悔しいというよりも悲しくて。フリーは最初から自信があった」。ミスを重ねたSPから一転、大きなミスをしなかったフリーで順位を上げて総合5位となったシニアGPデビュー戦を振り返った。今大会、浜田美栄コーチに練習を充実させる必要性を指摘された。「質のいい練習すればいいのか、量を増やせばいいのかはわからないですけど、全日本までに自分の答えがみつかると思う」と話した。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

https://youtu.be/vgKNx8TFOO4

 

悪い演技の回数券「使っちゃった」 本田真凜次戦へ自信 の続きを読む

宇野昌磨が異次元の羽生超え。5戦連続で大台の300点越え

◇フィギュアスケートGPシリーズ第2戦 スケートカナダ第2日(2017年10月29日 カナダ・レジャイナ)
男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(19=トヨタ自動車)がフリーで197・48点をマークし、合計301・10点でGPシリーズ3勝目を挙げた。昨季から5戦連続の300点超えは、同じく5度大台を突破している羽生結弦(22=ANA)を超える“偉業”となった。女子はシニアのGPシリーズデビュー戦の本田真凜(16=関大高)がフリー3位の125・64点を出し、合計178・24点でSP10位から5位まで巻き返し、底力を見せた。
宇野はガス欠に陥っていた。「体が動きすぎた」というSPから一変し、「試合前の練習では、前日の半分ぐらいしか体が動かなかった」と変調を感じていた。疲れによる重い体を、心で動かした。
「翌日にフリーを控えるショートと違い、今日は翌日に試合がない。全力で、ここで死ぬつもりで頑張って耐えようという気でいました」
ジャンプでは3度、バランスを崩した。4回転トーループは転倒しそうになった。しかし、基礎点が1・1倍になる後半の3本の連続ジャンプはきっちり決め、今大会最大のテーマをクリアした。
フリーだけで争った今月7日のジャパン・オープンは連続ジャンプを一つも成功できなかった。その反省から「きつい中で失敗しても絶対に付ける、どんな状態でもという思いだった」と断固たる決意で挑んだ今大会。ラストは「全然、足が動かなかった。ジャンプはもうないんだから走れと、自分に言っていた」と乗り切って、2位に約40点差を付ける圧勝を飾った。
3月のプランタン杯から続く合計300点超えが5試合連続に伸びた。大台突破は世界でわずか5人しかおらず、5試合も続けた選手は宇野しかいない。安定感は、羽生をしのぐ。
「点数は、自分がどれだけできたかが分かるもの。300点をコンスタントに出せるようになったのは、去年からの成長の表れだと思う」
その羽生も300点超えの回数は5度。平昌がピョンチャン「五輪の優勝争いのレベルは、日本男子の誇る二枚看板にかかっていると言っても過言ではない。
▽フィギュアスケート男子の300点超え 達成をしているのは、宇野を含めて5人。羽生、フェルナンデス(スペイン)が3度、チェン(米国)と金がキン「博がハク「洋がヨウ「(中国)がそれぞれ1度ずつ。2試合連続以上は羽生と宇野しかおらず、回数も羽生と宇野の5度が最高。ただし、羽生は2試合連続が最高で、5試合連続の宇野は群を抜いている。ちなみに、世界最高得点は羽生の330・43点で、宇野の自己ベストは319・84点。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hlannex-spo

 

https://youtu.be/KXnBjY8KB64

 

 

https://youtu.be/WJJ9W6n2ZNs

 

宇野昌磨が異次元の羽生超え。5戦連続で大台の300点越え の続きを読む

引き出しはいくつあるの?東京西川の新しい羽生結弦ポスターが爽やかでカッコいい。

70: 氷上の名無しさん 2017/10/29(日) 00:28:09.43
ちょいと西川さんのぞいたら ゆづが仕事してました^^*
(しかし西川さん…また…うーん…)

 

ソース

https://twitter.com/yzroen/status/

 

引き出しはいくつあるの?東京西川の新しい羽生結弦ポスターが爽やかでカッコいい。 の続きを読む

ラトデニ君と高志郎君がスイスで仲良くメンチカツ作りに挑戦。楽しそう。

820: 氷上の名無しさん 2017/10/27(金) 01:17:37.22

ラトデニと高志郎がメンチカツ作ってる

ラトデニ君と高志郎君がスイスで仲良くメンチカツ作りに挑戦。楽しそう。 の続きを読む

DVD発売記念イベントに浅田真央が登場。競技生活を振り返りタラソワコーチのハグは「ポニョポニョ」と明かす

フィギュアスケートの元世界女王で、今年4月に現役を引退した浅田真央さん(27)が29日、都内で自身のスケート人生の軌跡を収録した「Smile Forever~美しき氷上の妖精」のブルーレイ&DVD発売記念イベントを行い、500人のファンの前で競技生活を振り返った。
トークパートでは、ソチ五輪のフリー「ピアノ協奏曲第2番」などを振り付けたタチアナ・タラソワコーチの話も。大柄で威圧感のあるタチアナコーチだが「やさしいですよ。すごく温かい先生。時々、ドカーンっていうのはありますけど」と人柄を紹介。よく真央さんがハグされる場面もあったが「すごくふくよかで、本当に気持ちいいんですよ。布団だったらいいのにって(笑)。ポニョポニョです」と、至高の心地であることを明かした。
ソース

DVD発売記念イベントに浅田真央が登場。競技生活を振り返りタラソワコーチのハグは「ポニョポニョ」と明かす の続きを読む

本郷理華6位変わらず「大きなミスなく滑り切れた」

<フィギュアスケート:GP第2戦スケートカナダ>◇28日(日本時間29日)◇レジャイナ◇女子フリー
ショートプログラム(SP)6位スタートの本郷理華(21=邦和スポーツランド)が114・74点の合計176・34点で順位は変わらなかった。最初のフリップ-トーループの連続3回転ジャンプを決めるなど、大きなミス無く演じたが、思ったよりも得点を伸ばせず「細かいところで取りこぼした。そこを直さないといけない。それでも大きなミスなく滑り切れたことはうれしかった」と振り返った。
次戦はNHK杯(11月10~12日、大阪)が待つ。ジャンプの詰めの甘さを反省し「試合になると回転不足が増える。自分の弱いところを直したい」と意気込んだ。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hts-spo

 

 

本郷理華6位変わらず「大きなミスなく滑り切れた」 の続きを読む

1 2 3 4 5 6 45