phc81131 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 926

浅田真央のホノルルマラソン完走。完走後に綾小路翔や姉の浅田舞らと熱く抱擁

7: 氷上の名無しさん 2017/12/11(月) 06:01:33.38 0

真央ちゃんおめ

 

インスタグラム

https://www.instagram.com/p/BciuZPIhXlx/

浅田真央のホノルルマラソン完走。完走後に綾小路翔や姉の浅田舞らと熱く抱擁 の続きを読む

宇野昌磨GPファイナル2017フリーの瞬間最高視聴率20・9%、平均14・4%と高視聴率を獲得

8日にテレビ朝日系で放送された「フィギュアスケート グランプリファイナル2017 女子ショートプログラム(SP) 男子フリー」(後7・00)の平均視聴率は14・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。
瞬間最高視聴率は午後9時51分の20・9%。演技を終えた宇野がキスアンドクライで得点を待ち、その後の得点で2位が確定した場面だった。
男子フリーでは、SPで2位につけていた宇野昌磨(19=トヨタ自動車)がフリーで全体トップの184・50点をマーク、合計286・01点としたが、優勝したネイサン・チェン(18=アメリカ)にわずか0・5点及ばず2位。地元名古屋で初優勝はならなかった。
また、女子SPはGPファイナル2年連続2位の宮原知子(19=関大)がノーミスの74・61点で3位、初出場の樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)が、SP曲「ジプシーダンス」のリズミカルなメロディーに乗って73・26点をマークし5位発進した。
9日の同局系「女子フリー」(後6・56)の平均視聴率は10・3%。瞬間最高は午後8時49分の15・9%、宮原の演技が終わり、VTRで振り返っている場面だった。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hlnex-ent

 

宇野昌磨GPファイナル2017フリーの瞬間最高視聴率20・9%、平均14・4%と高視聴率を獲得 の続きを読む

浅田真央が笑顔で初の42・195キロ。ホノルルマラソン完走。タイムは4時間34分13秒

フィギュアスケート女子で世界選手権3度優勝、10年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央さん(27)が10日(日本時間11日)、米ハワイ州ホノルルで行われたJALホノルルマラソンに出場し、4時間34分13秒で完走した。
4月に現役を引退し、9月に初マラソン挑戦を決断。専属トレーナーとともに練習を重ねてきた。「目標は4時間30分を切ること。元アスリートだし、自分の設定した目標は絶対にクリアしたい」。掲げた目標にはわずかに及ばなかったが、笑顔で風光明媚なシーサイドコースを駆け抜け、初めての42・195キロでゴールにたどり着いた。
「これを機に、またこれからの人生を走っていきたい。ホノルルのゴールが、次に向けてのいいスタートになる」としていた真央さん。詳細は明かしていないが、18年には新たな挑戦が待つ。「来年からは新しいプロジェクトが始まります。何もかも初めてで不安や心配もありますが、新しいことに挑戦できる喜びや楽しさもあります」。現役時代と同様、挑戦を続ける真央さんは、ここからまた走り始める。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hlpnannex-spo

 

 

完走ゴール動画(5分30秒頃~)

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t

 

浅田真央が笑顔で初の42・195キロ。ホノルルマラソン完走。タイムは4時間34分13秒 の続きを読む

宇野昌磨「試合ってやっぱり楽しいんだって気持ちが芽生えました」&バンケットでは大村知事とのツーショットを公開

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで準優勝だった宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=が10日、会場の名古屋市ガイシプラザでエキシビションを披露した。エキシビション前には今大会を振り返り「自分が次やらないといけなきゃいけないことが明確に分かって、それをやっていこうって気持ちと、試合ってやっぱり楽しいんだって気持ちが芽生えました」と語った。
今大会はショートプログラム2位からフリーで逆転Vを狙ったもののジャンプでミスが重なり、わずか0・5点差の2位に終わった。初タイトルを逃したことは「自分の実力が出せれば1位になれたかもしれないって場面で逃してしまった。周りの方にはたくさん期待して頂いて、本当に申し訳ないと思う」。次戦の全日本選手権(21日開幕・東京)で「挽回したい」と切り替えたものの、最後には「今回だけは(タイトルを逃したことを)ちょっと許してほしいです(笑い)」と笑った。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/h00223-sph-spo

 

宇野昌磨「試合ってやっぱり楽しいんだって気持ちが芽生えました」&バンケットでは大村知事とのツーショットを公開 の続きを読む

五輪連覇懸かる羽生結弦の現状は?小林芳子強化部長が説明「辛い」【一問一答】

1: 氷上の名無しさん 2017/12/10(日) 19:59:45.14 _USER9
フィギュアスケートのソチ五輪金メダリストで、11月のNHK杯の公式練習中に右足関節外側じん帯を損傷した羽生結弦(23)=ANA=について、日本スケート連盟が10日、現状を発表した。小林芳子フィギュア強化部長が、羽生のコメントを代読し、まだ氷上練習を再開できていないことを明かした。平昌五輪代表最終選考会となる全日本選手権(21日開幕・東京)出場は微妙な状況となった。
 小林強化部長との羽生関連の一問一答は次のとおり。
 -羽生選手の状況は
「2日前に本人サイドと連絡を取り合い、今から発表させてもらいます。本人の言葉です。『だいぶん、よくなりましたが、まだ痛みがあるため、氷上練習は できていません。治療とリハビリを頑張っています』と、いうことです。本人からこのようにコメントしてほしいということで、読ませていただきました」。
 -状況を聞いて
「辛いです。特に、たぶんファイナルを見ていなくても、情報は入ると思う。彼にとってファイナルは成績よりも、ここが一番大切な場所だと思う。
そこにきて優勝しなかったとかではなく、この場に入れないというのは苦しいだろうなと思う。これは私の感想です」
 -全日本に向けては
「彼も全日本に向けて、リハビリと治療に励んでいるんだと思いますが、私はもちろん、全日本に出てくれると嬉しいですが、それがその後にどう影響するかというのは、もっともっと今から連絡を密にとってやりとりしていきたいと思います。まだ2週間ある。今、出て欲しいとか、どうして欲しいというのは、私の口からはいえない」
 -今の段階で氷に乗っていないというのをどうとらえる?
「私もNHKの転んだところを見ていますから、大変な痛みがあるのはよく分かる。全日本はもちろん日本の最高峰の大会ですし、大切な選考のための大会です。しかし、今季はオリンピックという大きな目標がありますので、それを踏まえて全日本を考えていきたい」
羽生は11月9日のNHK杯の公式練習中に4回転ルッツを跳んだ際に転倒し、右足関節外側じん帯を損傷。「10日間の絶対安静と、その後(氷上にのり)、3~4週間で元に戻る」と、完全復帰まで4~5週間の見通しを示し、全日本出場に意欲を見せていた。負傷からこの日で、約1カ月が経過。当初の見通しより、回復が遅れていることになる。
現在は拠点のカナダ、トロントに戻り、治療とリハビリに専念している状況。全日本まで、あと約10日。選考要項には負傷し、全日本に
出場できなかった場合の“救済条項”もあり、羽生は出場しない場合でも、代表入りは濃厚。ただ、その場合、約4カ月実戦から離れ、“ぶっつけ”での 五輪出場となる可能性もある。

 

五輪連覇懸かる羽生結弦の現状は?小林芳子強化部長が説明「辛い」【一問一答】 の続きを読む

GPファイナル女王のザギトワ妖艶な舞。トラ柄タイツのセクシー衣装で観客を魅了

605: 氷上の名無しさん 2017/12/10(日) 22:13:34.11
「フィギュアスケート・GPファイナル」(10日、日本ガイシホール)
出場選手によるエキシビションが行われ、女子シングルの金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(15)=ロシア=がトラ柄のタイツという衣装で、妖艶な舞を披露した。
アフリカの夜をイメージしたムーディーなジャズナンバー。キャンドルをアイテムに使いつつ、15歳とは思えない艶やかな演技で観衆を魅了した。
高難度構成をこなすジャンプだけでなく、表現力の引き出しも十分。今季3戦3勝でGPファイナルを制し、同門の世界女王、メドベージェワと並んで平昌五輪の金メダル候補となった新星から目が離せない。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl-spo

 

GPファイナル女王のザギトワ妖艶な舞。トラ柄タイツのセクシー衣装で観客を魅了 の続きを読む

樋口新葉がEX演技を披露。全日本で平昌切符獲得へ「もう休んでいる暇はない」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子で6位だった樋口新葉(16=日本橋女学館高)が競技から一夜明けた10日、取材に応じた。
初の大舞台は、フリーでジャンプのミスがあって今季自己ワーストの202・11点で最下位に終わったが、「失敗しても200点を出せるようになった」と振り返った。
五輪代表2枠を争う全日本選手権は21日に開幕する。「もちろん優勝というのは頭にあるけど、練習してきたことを出せば結果につながる」。大一番まで残り11日。「もう休んでいる暇はない。きのう(9日)に出し切れなかった分、まだパワーが残っている感じ」と闘志を高めていた。
ソース

 

GPファイナル2017:樋口新葉:エキシビション

 

樋口新葉がEX演技を披露。全日本で平昌切符獲得へ「もう休んでいる暇はない」 の続きを読む

1 2 3 4 926