まとめニュース 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 39

ハンヤン選手が世界選手権を棄権へ。肩の脱臼・骨折の為

551: 氷上の名無しさん 2017/03/22(水) 21:57:13.13
ハンヤンはワールド棄権

 

ハンヤン選手が世界選手権を棄権へ。肩の脱臼・骨折の為 の続きを読む

中国のジジュンが世界選手権を棄権。体調不良が原因か?

852: 氷上の名無しさん 2017/03/22(水) 04:03:44.05

ジジュン世界選手権サブ落ちしてる…

 

ソース
http://www.isuresults.com/events/cat00028813.htm

 

中国のジジュンが世界選手権を棄権。体調不良が原因か? の続きを読む

ヴィンセント・ゾウ選手が羽生くんと宇野くんの結婚式ポーズを真似してチャレンジを試みるも失敗

682: 氷上の名無しさん 2017/03/19(日) 21:24:38.08
メダルセレモニーで1位のヴィンスのあとにアリエフが呼ばれて、
おそらくだけどヴィンスは結婚式をやろうとしてたと思うの。(羽生くんと昌磨くんのあれ。)
でも、ヴィンスはずっと腕組もうとしてるのにアリエフは全く気付かず普通に立ってヴィンス1人で笑ってたw

 

 

世界ジュニア選手権2017:ヴィンセント・ゾウ:エキシビション

 

ヴィンセント・ゾウ選手が羽生くんと宇野くんの結婚式ポーズを真似してチャレンジを試みるも失敗 の続きを読む

白岩優奈、堂々5位から一夜明け ファンに感謝

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権女子シングルで5位となった白岩優奈(15=関大KFSC)が19日、支えてくれたファンに感謝を示した。フリーから一夜明け、会場の台北アリーナで「ずっと応援してくれるファンの方が、支えになりました」と1年を振り返った。
16年4月には左すねを骨折。この世界ジュニア選手権は「出られないと思っていた」場所だった。リハビリ期間中は同じ関大で練習をする本田真凜(15=大阪・関大中)やトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳ぶ紀平梨花(14=関大KFSC)を見て「真凜や梨花ちゃんがリンクにいて、早く追いつきたいなと思っていた」。同年12月の全日本選手権前には腰の疲労骨折にも見舞われたが、ジュニア最大の世界大会で堂々の演技を披露した。
来季に向けてはフリー曲の変更を決めており、ショートプログラムに関しても「何種類かで迷っています」という状態。前日18日のフリー後には浜田コーチが「(昨年)6月にジャンプを跳び始めて、ここまできた。課題は見つかった。落ち着いて腰を治して、体を治してからやらないといけない」と話していた。酷使した体を休め、新シーズンへと向かう。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl7-nksports-spo

白岩優奈、堂々5位から一夜明け ファンに感謝 の続きを読む

坂本花織「もうジュニアやだ~」の決意で銅メダル

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得した坂本花織(神戸ク)が19日、大会会場の台北アリーナで取材に応じ、「表彰台に上らなかったらもう1年ジュニアって言われていた。もうジュニアやだ~って思って」と決意を持って臨んだことを明かした。
力強く幅のあるジャンプが一番の武器。「やっぱりジャンプは誰にも負けないように。それを維持しつつ、シニアらしい表現をして上に食い込みたい」と来季への抱負を述べた。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hlo

世界ジュニア選手権2017:坂本花織 :EX

坂本花織「もうジュニアやだ~」の決意で銅メダル の続きを読む

世界ジュニア選手権2017。チャ・ジュンファンがEX演技を披露。サングラス姿が可愛い

498: 氷上の名無しさん 2017/03/19(日) 18:19:31.85

ジュンファンEX

 

 

 

世界ジュニア選手権2017:チャ・ジュンファン:エキシビション

 

世界ジュニア選手権2017。チャ・ジュンファンがEX演技を披露。サングラス姿が可愛い の続きを読む

世界ジュニア選手権2017。アメリカのビンセント・ゾウ選手が世界歴代最高得点で逆転優勝。期待されていたジュンファンはまさかの台落ち

フィギュアスケート 世界ジュニア選手権 第2日(16日、台湾・台北アリーナ)
男子フリーが行われ、シニアでも成功例の少ないルッツを含む3本の4回転を成功させた米国のビンセント・ゾウ(16)が179・24点をマークし、258・11点のジュニア世界歴代最高得点でショートプログラム(SP)5位から逆転優勝を飾った。昨年12月ジュニアGPファイナルでドミトリー・アリエフ(ロシア)が記録した240・07点を上回った。「終わった瞬間は幸せの絶頂だった。来年はシニアに上がって五輪に出たい」と興奮気味にまくしたてた。1月の全米選手権で、四大陸選手権を制したネーサン・チェンに次ぐ2位だった米国のホープは平昌五輪イヤーでの飛躍を誓った。
日本勢はSP14位の友野一希(18)=大阪・浪速高=は143・16点、合計211・28点で9位に入った。SP12位の島田高志郎(15)=岡山・就実中=は125・33点、194・10点で14位。合計順位は「28」以内で来年大会の2枠を確保した。

ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hlh-spo 

 

 

世界ジュニア選手権2017。アメリカのビンセント・ゾウ選手が世界歴代最高得点で逆転優勝。期待されていたジュンファンはまさかの台落ち の続きを読む

1 2 3 4 39