まとめニュース 一覧

スポンサードリンク
【みんなで楽しもう!】平昌五輪フィギュアスケート実況掲示板!【全スケジュール記載】
1 2 3 4 5 6 7 83

坂本花織が夢の五輪出場決定!女子2枠目で選出の理由を小林フィギュア強化部長が「全日本の成績とパフォーマンス」と説明

日本スケート連盟の小林フィギュア強化部長は、平昌五輪女子日本代表の2枠目に坂本花織を選んだことについて、「あえて言えば、全日本の成績とパフォーマンス」と説明した。
坂本は全日本のSPとフリーでほぼ完璧な演技を披露して2位に入った。樋口新葉は国際大会の今季自己ベストが日本勢トップで2週前のGPファイナルにも出場していたが、全日本で4位に終わって五輪代表入りならず。樋口は「すみません」とだけ言い残し、会場を後にした。
▽樋口を指導する岡島功治コーチの話 (樋口は)泣いていた。代表を決める大切な試合でミスしちゃいけない。勝ち取った選手はしていない。(五輪に)行かせてあげたかった。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hex-spo

 

【平昌五輪 代表選手】
男子:羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事
女子:宮原知子、坂本花織
ペア:須崎海羽、木原龍一組
アイスダンス:村元哉中、クリス・リード組

 

坂本花織が夢の五輪出場決定!女子2枠目で選出の理由を小林フィギュア強化部長が「全日本の成績とパフォーマンス」と説明 の続きを読む

樋口新葉か坂本花織か。女子フィギュア残り1枠は選考へ。決め手は「五輪でいい成績取れる」こと、委員長語る

「フィギュアスケート・全日本選手権」(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)
平昌五輪代表女子2枠がかかる中で、女子フリーが行われ、SP2位の宮原知子(19)=関大=がSPとの合計220・39点(フリー147・16点)をマークし、4連覇で平昌五輪代表に内定した。残る1枠は2位の坂本花織(17)=シスメックス=か、4位でグランプリファイナル出場者の樋口新葉(16)=日本橋女学館=の2人による争いになると見られる。3位には年齢の規定を満たさない紀平梨花(15)=関大KFSC=が入った。この争いに、日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長が取材に応じた。
五輪出場2枠のうち1枠は全日本選手権優勝者が内定。残る1枠は(1)全日本選手権2位・3位、(2)過去3年の成績による世界ランク上位3人、(3)今季の世界ランク上位3人、(4)今季のISUベストスコア上位3人、(5)GPファイナル出場の5つを満たす各選手のうち、総合的に判断して選考される。
グランプリファイナルにも出場している樋口は全日本選手権の順位以外の条件(2)から(5)までの4項目を満たしている。坂本は(1)、(3)、(4)の3項目を満たしている。
日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長は、ハイレベルな戦いとなった女子フリー後「みんなすばらしかった。五輪代表を決めるにふさわしい試合だった」と笑顔。「(選考)基準の多い方が勝ちという問題ではない。五輪に出していい成績が取れるというところをふまえて判断すると思う」と語った。代表選考は24日に行われる。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hll-spo

 

【全日本選手権女子シングルの上位順位】

(1)宮原知子220・39点

(2)坂本花織213・51点

(3)紀平梨花208・03点

(4)樋口新葉206・96点

(5)三原舞依204・67点

(6)本郷理華197・62点

(7)本田真凜193・37点

(8)横井ゆは菜192・99点

 

 

樋口新葉か坂本花織か。女子フィギュア残り1枠は選考へ。決め手は「五輪でいい成績取れる」こと、委員長語る の続きを読む

全日本選手権2017。SP首位の坂本花織が五輪切符を掛け勝負服の赤い衣装に。フリー最終滑走「めっちゃ緊張」

フィギュアスケート全日本選手権第2日兼平昌冬季五輪代表最終選考会(2017年12月22日 東京都調布市・蔵野の森総合スポーツプラザ)
平昌五輪代表へのキーワードは「赤」と「無心」だ。女子ショートプログラム首位の坂本花織(17=シスメックス)は22日の公式練習に赤の新衣装で登場。23日のフリーで試合で初めて着る。「赤の方が衣装という感じがします」。関係者の助言で緑から変更。映画「アメリ」の曲を演じるプログラムを、鮮やかな衣装でよりアピールする狙いがある。
首位発進から一夜明けたこの日の練習では曲をかけてジャンプに2度失敗。演技後は両膝に手をついて悔しがった。枠は2。Vなら五輪、2位なら24日の選考次第。2位宮原との差はわずか0・36点。「めちゃくちゃ緊張しています」。運命の最終滑走では得意のジャンプの出来栄え点でどれだけ伸ばせるかがカギになる。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl-00000052-spnannex-spo

 

 

 

全日本選手権2017。SP首位の坂本花織が五輪切符を掛け勝負服の赤い衣装に。フリー最終滑走「めっちゃ緊張」 の続きを読む

全日本フィギュアスケート選手権2017「開会式&滑走順抽選」の動画をライブ配信

  
365: 氷上の名無しさん 2017/12/18(月) 21:28:25.01
2017全日本滑走順抽選会 ライブ

全日本フィギュアスケート選手権2017「開会式&滑走順抽選」の動画をライブ配信 の続きを読む

全日本フィギュアスケート選手権2017。フジテレビのホームページ壁紙が変更される

  
56: 氷上の名無しさん 2017/12/19(火) 10:27:52.30

完成しました

 

全日本フィギュアスケート選手権2017

http://www.fujitv.co.jp/sports/skate/index.html

 

全日本フィギュアスケート選手権2017。フジテレビのホームページ壁紙が変更される の続きを読む

白岩優奈。表現磨き憧れの舞台へ。全日本選手権21日に開幕

来年2月9日に開幕する平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子代表選考を兼ねた全日本選手権が21日に開幕する。代表の座を目指して大舞台に挑む京都出身の選手を紹介する。
 
フィギュアスケートを始めたきっかけは五輪だった。2006年トリノ大会で金メダルを獲得した荒川静香さんの演技を見て憧れを抱いた。当時4歳。昨季のけがを乗り越えて今季シニア昇格を果たし、夢の舞台への挑戦権を得た。
 
シーズン開幕前の7月。平昌五輪への思いを尋ねると、意外な答えが返ってきた。「正直、今から平昌は厳しいと思います」。それでも、地に足を付けて努力を重ねてきた。
 最大の武器は連続3回転を含む精度の高いジャンプだ。今季は表現力の向上にも力を入れる。身長150センチと小柄ながら手の動かし方や目線を工夫し、より美しく見える姿勢を研究している。
 今季のプログラムもシニアらしい曲を選んだ。ショートプログラム(SP)の「亜麻色の髪の乙女」は静かな曲調で、フリーの「展覧会の絵」は物語の場面が次々と切り替わる。曲調は異なるが、どちらも高い表現力が求められる。
 
11月上旬のNHK杯で、世界のトップ選手が参加するグランプリ(GP)シリーズのデビューを飾った。大舞台の緊張からSP、フリーともにミスが相次いだが、翌週のGP第5戦フランス杯はノーミスの演技でSP3位と世界で戦える力を示した。フリーは6位だったものの自己ベストの高得点をマークし、着実な成長ぶりに将来への期待が膨らむ。
 
シーズン本格化を前にした今夏、「いま取り組んでいること、努力していることを全日本選手権で完成できたとき、自分がどう進化しているか。すごく楽しみ」と語っていた。その成果を披露する絶好の機会が、いよいよ巡ってきた。   
 
■しらいわ・ゆうな 2001年11月生まれ、16歳。関大KFSC、京都両洋高1年。16年世界ジュニア選手権4位。今季シニアデビューし、GPシリーズNHK杯8位、フランス杯6位。自己ベストはSP66・05点、フリー127・13点、合計193・18点。身長150センチ。京都市西京区。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl00000013-kyt-spo

 

全日本まであと5日✨女子FILE㉔⛸白岩優奈(シライワ•ユウナ)16歳•関西大学KFSC
キュッと音がしそうなキレ抜群のジャンプ🙌滑らかなスケーティングを武器にシニアデビュー🏃‍♀️カメラに興味津々📷🎶でも「撮られる」より「撮る」方が好きな😆お茶目な高校1年生です

フジテレビスケート

https://twitter.com/online_on_ice/status/

白岩優奈。表現磨き憧れの舞台へ。全日本選手権21日に開幕 の続きを読む

チャン・グンソクを平昌オリンピック広報大使に任命。自らチケットを2018枚購買しファンと観覧予定

   
韓国内外で人気がなかなか高まらない平昌冬季五輪に、韓国政府が頭を痛めている。政府は聖火リレーや記念行事に文在寅(ムンジェイン)大統領や韓流スター、軍艦、ロボットまで動員。来年2月9日の開幕が迫る大会の雰囲気盛り上げに必死になっている。 
大会組織委員会によれば、入場券販売はようやく半数を上回った程度。競技が開かれる江原道江陵(カンウォンドカンヌン)市(スケート競技)、平昌郡(スキー競技)の宿泊予約率は3割に満たない。 
もっと注目を集めるため、力を入れているのが11月1日から始まった聖火リレー。12月11日、国立韓国科学技術院(KAIST)が開発したロボット「FX―2」が登場。キャンパスがある中部・大田市でリレーに参加した。 
11月14日にはソマリア沖の海賊対策に投入した韓国海軍駆逐艦「文武大王(ムンムテワン)」が聖火を載せ、南部の統営(トンヨン)港から鎮海(チネ)軍港まで運んだ。今後も芸能人や韓国駐在大使らが参加し、内外に大会をアピールする。 
江原道庁は8日、韓流スターのチャン・グンソクが自腹で2018枚の入場券を購入し、海外のファン2018人を招待すると発表した。チャン・グンソクは五輪と観光の広報大使も務め、聖火リレーにも参加する。日本などに数多くのファンを持つチャンの知名度にあやかりたい計算だ。 
また韓国政府は、大会を盛り上げるコンテンツの提案などにかかわった市民約1万3千人を対象に、文大統領との食事会を企画。15日に招待客20人を発表する。招待客には大統領の記念時計もプレゼントするという。支持率7割の大統領人気にも頼った。 
ソース

http://www.asahi.com/articles/ASKD

チャン・グンソクを平昌オリンピック広報大使に任命。自らチケットを2018枚購買しファンと観覧予定 の続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 83