エフゲニア・メドベージェワ 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 7 25

 女王メドベージェワ、米記者がNHK杯優勝を予想。「視線はすでに平昌を向いている」

メドベージェワは「疑いなく最有力候補」 米記者がGPシリーズ第4戦を独自展望
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯は10日に開幕する。GPファイナル出場権を懸けた戦いも後半戦に突入。今大会、女子では世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)やカロリーナ・コストナー(イタリア)のほか、左股関節疲労骨折から復活を期す宮原知子(関大)も登場するが、米国の記者は「メドベージェワが間違いなく最有力候補」と後半戦初戦の優勝を予想している。
「サトコ・ミヤハラが戻ってくる」とのタイトルで、NHK杯のプレビューを行ったのは、20年以上フィギュア界に携わってきたジャッキー・ウォン記者だ。
同記者は、自身のブログで独自に結果を予想。金メダルには第1戦のロシア大会で優勝を飾ったメドベージェワを挙げた。2017年の世界選手権を制した女王を「疑いなく最有力候補」とし、「彼女は大阪にいるかもしれないが、視線はすでに平昌を向いているだろう」と参戦するGPシリーズ以上に、来年2月に行われる平昌五輪にフォーカスしていると見ている。
“対抗馬”には、ロシア大会でメドベージェワに続く2位でフィニッシュしたカロリーナ・コストナー(イタリア)を選び、「今大会唯一メドベージェワに挑戦できる材料を持ったスケーター」と評価。無理に難易度の高いルッツや3回転の連続ジャンプにはチャレンジせず、「手堅く滑るなら、銀メダルは堅いだろう」と分析した。
復帰初戦の宮原は「全快あるいはそれに近いかどうかにかかっている」
そして銅メダル候補として「前回来日時の10月のジャパンオープンでは素晴らしかった」と長洲未来(米国)を挙げたのに続き、ウォン記者が触れたのが宮原だ。左股関節疲労骨折から復活を期して挑む今季初戦。「今週の彼女のパフォーマンスは、回転がどのくらい確かか、そして、全快あるいはそれに近いかどうかにかかっている」とコンディションをどこまで取り戻しているかが鍵を握るとしている。
NHK杯には他に本郷理華(邦和スポーツランド)や白岩優奈(京都両洋高)、2015年ジュニアGPファイナル優勝者のポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)などが出場予定。女王メドベージェワに、宮原やコストナーら周囲の選手がどこまで渡り合えるか、という構図になりそうだ。

 

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/articlenswer-spo

 

GPS🇯🇵2017NHK杯
女子SP
11/10(金)
16:10~17:43
16:10~第1G
16:43~白岩優奈
16:56~第2G
17:17~長洲未来
17:23~本郷理華
17:30~宮原知子

 

ソース

https://twitter.com/oro1_/status/

 

 女王メドベージェワ、米記者がNHK杯優勝を予想。「視線はすでに平昌を向いている」 の続きを読む

ロシアのP&G「ママの公式スポンサー」キャンペーンにメドベージェワ選手を起用。母親とのツーショットポスターを公開

803: 氷上の名無しさん 2017/11/03(金) 09:05:31.93

日本では羽生さんが、ロシアではメドちゃんがP&G「ママの公式スポンサー」キャンペーンに登場!(海外では「Thank You, Mom」)
メドちゃんとメドママほんとに素敵✨

 

P&G

https://www.facebook.com/PG.rus/phot

 

ロシアのP&G「ママの公式スポンサー」キャンペーンにメドベージェワ選手を起用。母親とのツーショットポスターを公開 の続きを読む

ミーシャジーがインスタグラムで羽生結弦&メドベージェワとの激カワスリーショットを公開

356: 氷上の名無しさん 2017/10/27(金) 18:22:38.10
ゆづメド😳

 

ミーシャジーインスタグラム

https://www.instagram.com/p/Bavv2n

 

 

ミーシャジーがインスタグラムで羽生結弦&メドベージェワとの激カワスリーショットを公開 の続きを読む

メドベージェワ陣営がロシアの五輪参加禁止問題に反発「本当にアンフェア」

441: 氷上の名無しさん 2017/10/23(月) 16:54:42.65
国家ぐるみの不正が波及…各国の選手、指導者が声「ロシアなき五輪は塩コショウのない肉」
 
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズがロシアで開幕し、世界選手権2連覇中の女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が圧勝。平昌五輪へ向け、地元で順調に第一歩を記した一方、ロシアは国家ぐるみのドーピング問題で選手団の五輪参加禁止の可能性が取りざたされている。そんな中、金メダル最有力のメドベージェワ陣営は「本当にアンフェア。4年を奪い去るなんて、それは人生を奪うのと同じ」と反発の声を上げているという。カナダメディアが報じている。
「ロシア抜きでのオリンピックはIOCにとってリスキージャンプだ」と報じたのは、カナダ紙「トロント・スター」だ。
記事では「国家ぐるみのドーピング問題でロシアに対する制裁がどのようなものになるのか、という不安が特にフィギュア界で高まっている」と指摘。理由として「ロシアのスケーターたちが、ここ10年に渡って支配的であるからだ」と記し、フィギュア界を牽引してきたことを挙げている。
実際に、特集ではフィギュア界の関係者たちの声を紹介。トリノ五輪金メダルのプルシェンコ(ロシア)ら多くの名選手を育て上げた名コーチ、アレクセイ・ミーシン氏は「ロシアチーム無しのオリンピックは塩コショウのかかっていない肉のようなものだ」と話している。
そして、選手の立場からもGPシリーズ初戦で羽生結弦(ANA)を抑えて優勝したネイサン・チェン(米国)の意見を紹介している。
チェンは対戦を熱望「ぜひ出場して」、メド陣営は「彼女はドーピングと何の関係もない」「僕が大切にしているのはフェアなスポーツ、クリーンなスポーツだ」と話した上で「今もぜひ出場してほしいと思っているよ、彼らがいないのは変だからね」とロシアのライバルたちと五輪で戦うことを望んでいる。
なかでも、フィギュア界で大きな注目されるのが、メドベージェワだ。記事によると、これまでもドーピング検査はほかの選手同様に行われてきたといい、陣営の話では大会ごとに加え、それ以外に年5、6回、つい先週も実施されたという。
他競技の不正がフィギュア界も含めたロシア全体に議論が及んでいることについて、コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏は「本当にアンフェアだわ。彼女はドーピングと何の関係もない」と力説し、「4年を奪い去るなんて、それは人生を奪うのと同じよ」と声を上げたという。
また、羽生らを指導しているブライアン・オーサー氏は憤っているという。「それについては怒っているんだ。どんな世界イベントも、全国参加じゃなければ、同じとは思えない。ロシアを参加させよう、クリーンである限り。ともに生きなければならないんだ、オリンピックの後もずっとね」と話したことを紹介している。
強国ロシアとともに平昌五輪のリンクでフェアな戦いを――。自国のみならず、他国も含めた多くの関係者が、そう願っている。
ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/articlepo

 

ロシア杯2017:エフゲニア・メドベージェワ:エキシビション

 

 

 

メドベージェワ陣営がロシアの五輪参加禁止問題に反発「本当にアンフェア」 の続きを読む

ロシア杯2017。羽生結弦・樋口新葉らがバンケットに参加。海外の選手とも一緒に楽しんでる様子を公開

 

863: 氷上の名無しさん 2017/10/23(月) 03:24:01.08

羽生の隣ラジ

ロシア杯2017。羽生結弦・樋口新葉らがバンケットに参加。海外の選手とも一緒に楽しんでる様子を公開 の続きを読む

ロシア杯2017。羽生結弦らエキシビションで華麗な舞い。ファン魅了

フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第1戦のエキシビションが22日、モスクワの会場で行われた。
男子2位の羽生結弦(22=ANA)は昨季から使用する「ノッテ・ステラータ」を披露。1回転半ジャンプを、大きな飛距離をつけて跳ぶ「ディレードアクセル」を美しく決めるなど華麗な舞いで、観客を魅了。フィナーレでも、リンクに飛び散った金のリボンを体に巻き付け、ファンから声援を浴びた。
女子3位の樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)は「ハレルヤ」を、同5位の坂本花織(17=シスメックス)は「007」のメドレーで滑った。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hrts-spo

 

 

 

 

ロシア杯2017。羽生結弦らエキシビションで華麗な舞い。ファン魅了 の続きを読む

ロシア杯2017。女子FSはエフゲニア・メドベージェワが優勝。快進撃が止まらない。樋口新葉は3位と表彰台入り 

  
フィギュアスケートのGPシリーズ第1戦、ロシア杯は21日、モスクワで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)はフリーも3位の137・57点、合計207・17で3位に入り表彰台に上がった。4位の坂本花織(17=シスメックス)はフリー125・12点の5位と順位を下げ、合計194・00で5位だった。
SP首位のエフゲニア・メドベージェワ(17=ロシア)がフリーも1位の150・46点、合計231・21で優勝。世界女王の貫禄を見せた。2014年ソチ五輪銅メダリストのカロリーナ・コストナー(30=イタリア)がフリー2位の141・36点、合計215・98で2位となった。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hsahi-spo

 

 

ロシア杯2017:エフゲニア・メドベージェワ:FS

 

ロシア杯2017:エフゲニア・メドベージェワ:FS

 

ロシア杯2017: 樋口新葉:FS

 

 

ロシア杯2017。女子FSはエフゲニア・メドベージェワが優勝。快進撃が止まらない。樋口新葉は3位と表彰台入り  の続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 25