パトリック・チャン 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 10

パトリック・チャン選手がインタビュー記事でネイサン・チェン選手や宇野昌磨選手に対して過度なジャンプ練習での怪我を不安視

890: 氷上の名無しさん 2017/02/18(土) 15:43:11.77

肉「ネイサンと昌磨は体ボロボロになるだろう」

C4672sXUkAEqdxb

 

パトリック・チャン選手がインタビュー記事でネイサン・チェン選手や宇野昌磨選手に対して過度なジャンプ練習での怪我を不安視 の続きを読む

味のあるベテランの演技を魅せられるか?パトリック・チャンが虎視眈々と優勝を狙う

591: 氷上の名無しさん 2017/02/16(木) 19:30:43.73

パトリック・チャン4S

動画
https://twitter.com/i/videos/tweet/831740142025134080

四大陸選手権2017:パトリック・チャン:公式練習

味のあるベテランの演技を魅せられるか?パトリック・チャンが虎視眈々と優勝を狙う の続きを読む

カナダ選手権2017。男子パトリックチャン・女子ケイトリンオズモンドが優勝

      

 

フィギュアスケートのカナダ選手権は21日、オタワで行われ、男子はショートプログラム1位のパトリック・チャンがフリーもトップの205.36点をマークし、合計296.86点で9度目の優勝を果たした。
女子はSP首位のケイトリン・オズモンドがフリーも1位の138.65点を挙げ、合計219.66点で3年ぶり3度目の優勝。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/h0-jij-spo

 

カナダ選手権2017:パトリックチャン:フリー

 

カナダ選手権2017:ケイトリン・オズモンド:フリー

カナダ選手権2017。男子パトリックチャン・女子ケイトリンオズモンドが優勝 の続きを読む

カナダ選手権2017。男子パトリック・チャン、女子オズモンドがSP首位発進

   
フィギュアスケートのカナダ選手権は20日、オタワで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は過去8度優勝のパトリック・チャンが91.50点で首位に立った。ケビン・レイノルズが2位。
女子SPでは、ケイトリン・オズモンドが非公認ながら世界最高得点を超える81.01点でトップとなった。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/h00056-jij-spo

 


Patrick Chan 2017 Canadian National Figure… 投稿者 prismaticgem 

カナダ選手権2017:パトリック・チャン:SP

 

カナダ選手権2017:ケイトリン・オズモンド:SP 

 

カナダ選手権2017:ケヴィン・レイノルズ:SP 

 

カナダ選手権 男子SP
1位パトリック 
2位ケヴィン

3位バルデ

カナダ選手権2017。男子パトリック・チャン、女子オズモンドがSP首位発進 の続きを読む

Amazonプライムビデオにパトリックチャンが出演。有名人が絵本を朗読する番組

 

Amazonプライムビデオ見てたら…パトリック・チャンさんが出てきたー! どうやら有名人ゲストが絵本を紹介するこども向け番組みたい。

C1qIvtLUAAAzvor

C1qIvtKUcAEBG66

C1qIvtKVIAAlttA

 

Amazonプライムビデオにパトリックチャンが出演。有名人が絵本を朗読する番組 の続きを読む

ロシアのコリヤダ選手がビーチで謎の儀式に参加&パトリックちゃんは2017年をネイサンチェン選手らと表現

190: 氷上の名無しさん 2016/12/31(土) 21:13:28.26

コリヤダなにしてんのww

C0_JUlJUoAAfR58

 

ロシアのコリヤダ選手がビーチで謎の儀式に参加&パトリックちゃんは2017年をネイサンチェン選手らと表現 の続きを読む

パトリック・チャン選手に2016-2017シーズンインタビュー。キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ

3度の世界王者に輝き、ソチ五輪では銀メダルを獲得したパトリック・チャン(カナダ)。昨季は1年の休養を経て復帰を果たし、今季はコーチを変更すると新世代の激戦へと打って出た。27歳で平昌五輪を迎えるチャンが目指す、新境地とは。

 

アイスダンスのズエワコーチと再出発 ジャンプ技術の習得にも集中

GPファイナルのショートでは、自己ベストを更新。今季は進化のシーズンになっていますね。

 
素直に嬉しいです。今季はすべての試合で進化していきたいと思っています。若くて才能あるトップ選手のなかで戦えるということは本当に嬉しいですし、試合を楽しんでいます。
 
昨季は、四大陸選手権で優勝、世界選手権は5位となりました。元世界王者としては、少し残念な結果だったのでしょうか?
 
去年復帰して驚いたのは、若手の4回転競争でした。4回転ルッツや、フリーで3~4本も4回転を跳ぶ時代になっていました。最初は「自分なりの演技をすれば良い」と思って復帰したのですが、やはり試合に出る以上は結果を出さなければ認められません。僕のゴールと、男子シングルの時代にズレがありました。
 
今季に向けて、どうやって考え方を変えたのでしょう?
 
まずは環境の変化が必要でした。デトロイトは、本当に素晴らしい練習環境でしたが、刺激がありませんでした。そこでマリナ・ズエワのアイスダンスのチームに加わり、1人でのトレーニングを始めました。
 
1人でトレーニングしてみて、いかがでしたか?
 
とても新鮮な時間でした。これまで沢山の情報を手に入れても、自分で調べて追求する時間はありませんでした。とにかく4年間ずっとキャシーコーチと一緒にいましたから。でも自分で技の理論を理解し、ジャンプが成功するかどうかの理由を追及するようになって、スケートが楽しくなったんです。
 
9月にはアイスダンスの名コーチであるマリナ・ズエワのチームを新コーチとして発表しました。アイスダンス的な要素を取り入れたいと考えたのでしょうか?
 

いいえ、違うんです。マリナのチームに入った理由は、むしろ逆です。今まで習ってきたキャシーはダンスの専門家で、マリナはアイスダンスのコーチです。2人とも芸術に基礎を置き、世界的な視野があるという点が共通しているからです。マリナの元にいる最大の利点は、すべての芸術面での采配、基礎のブラッシュアップなどを任せられるからです。そして僕はジャンプのことだけに集中して、着氷の精度や、細かい技術の追求に取り組めるからなんです。

ソース(全文)インタビュー動画あり
http://web.canon.jp/event/skating/inte 

パトリック・チャン選手に2016-2017シーズンインタビュー。キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ の続きを読む

1 2 3 4 5 6 10