三原舞依 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 18

三原舞依「わくわくした気持ちで滑る」 GP中国大会に出発

フィギュアスケート女子で平昌(ピョンチャン)冬季五輪を狙う三原舞依(シスメックス=県芦屋高3年)が1日、グランプリ(GP)シリーズ第3戦の中国杯(3日開幕)へ出発した。関西国際空港で取材に応じた三原は自身の今季GP初戦に向け「次は自分の番。いつも通り楽しく、わくわくした気持ちで滑りたい」と抱負を語った。
各選手が2試合に出場して上位6人のファイナルを目指すGPシリーズ。今回は代表を争う樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、本田真凜(大阪・関大高)との直接対決で注目される。「日本人が3人いて心強い。ほかの人はあまり意識せず『自分は自分』としっかり集中したい」と話す。
シニア1年目の昨季、中国杯では4位に終わりGPファイナルを惜しくも逃した。「因縁の地だと思うが、悔しさは向上していく上でとても大切」と成長の糧にしてきた。五輪開幕まで100日の節目に、「オリンピックまで短いので、一つ一つを大事にしたい。この間にどれだけレベルアップできるか」と力を込めた。
男子の田中刑事(倉敷芸術科学大)も拠点を置く「ひょうご西宮アイスアリーナ」での練習後に同空港を出発した。10月のGP第1戦のロシア杯はけがで欠場しており、「ジャンプはできなかったが、氷には毎日立ってきた。見る人に心配させないよう元気良く滑っている姿を見せたい」と話した。(山本哲志)

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hpo

 

三原舞依「わくわくした気持ちで滑る」 GP中国大会に出発 の続きを読む

三原舞依・樋口新葉・本田真凜の3人が五輪代表を争う対決。3日から中国杯いよいよ開幕

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯は11月3日に北京で開幕する。日本勢の女子は平昌五輪代表を狙う三原舞依(シスメックス)、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、本田真凜(大阪・関大高)の3人が出場。2枠しかない代表争いを占う一戦にもなる。
三原は自身の今季GP初戦。10月のジャパン・オープンでは非公認ながらフリーの自己ベストを上回り、ステップや表現の要素で高いスコアを得た。3回転フリップの踏み切り違反など課題もあるが、GPで結果を残して評価を固めたい。
樋口は第1戦ロシア杯で世界女王メドベージェワ(ロシア)、実力者のコストナー(イタリア)に次ぐ3位に入った。合計207点台とまずまず。ルッツ―トーループの連続3回転などジャンプで出来栄え点(GOE)を上積みし、細かいミスをなくせば得点はまだ伸ばせる。
本田はシニアGPデビューとなった第2戦、スケートカナダで5位に終わり足踏みした。連続3回転などジャンプの難度を上げた構成の滑り込みに不安はある。2週連続の試合でどこまで立て直せるか。 
 
ソース

三原舞依・樋口新葉・本田真凜の3人が五輪代表を争う対決。3日から中国杯いよいよ開幕 の続きを読む

グランプリシリーズ開幕まで各選手がカウントダウン。今日は宇野昌磨選手。

35: 氷上の名無しさん 2017/10/14(土) 14:43:36.18
今日のカウントダウンは宇野っち

こんにちは。
#グランプリシリーズ 開幕まで あと6日!本日 カウントダウンしてくれるのは #宇野昌磨 選手です!宇野選手は第2戦カナダ大会と第5戦フランス大会に出場します!
【グランプリシリーズ 開幕戦 ロシア大会】
来週20日(金)よる8時から2夜連続で放送!!

テレビ朝日

https://www.facebook.com/tvasahifigure/

 

 

グランプリシリーズ開幕まで各選手がカウントダウン。今日は宇野昌磨選手。 の続きを読む

卓球の平野美宇選手と三原舞依選手のツーショット写真を公開。二人とも可愛い

693: 氷上の名無しさん 2017/10/10(火) 18:27:12.16

試合の前にはまいちゃんと少しの時間だったけどご飯行けた✨💕
おそろいのiPhoneケースはまいちゃんとでした😂
まいちゃんかわいい〜

平野美宇インスタグラム

https://www.instagram.com/p/BaESSOphts3/

 

卓球の平野美宇選手と三原舞依選手のツーショット写真を公開。二人とも可愛い の続きを読む

織田信成さんが司会のフィギュアベマ3放送記念。宇野昌磨・樋口新葉・三原舞依いずれかのサイン入りぬいぐるみを3名様にプレゼント

818: 氷上の名無しさん 2017/10/10(火) 18:40:55.12

フィギュア日本代表❄宇野昌磨、樋口新葉、三原舞依いずれかのサイン入りぬいぐるみをフォロー&RTした方3名に🎁

GPシリーズ直前特番『織田信成の #フィギュアベマ !!!3』は15日夜6時〜生放送
#RT通知予約
今のうちに通知予約▷https://abe.ma/2fOZ3wv

 

 

 

 

https://twitter.com/AbemaTV/status/917584266778746882

織田信成さんが司会のフィギュアベマ3放送記念。宇野昌磨・樋口新葉・三原舞依いずれかのサイン入りぬいぐるみを3名様にプレゼント の続きを読む

ジャパンオープン2017。 三原舞依がフリー歴代最高得点。チームの成績で日本はヨーロッパに続く2位

団体戦で争うフィギュアスケートの国際大会、「ジャパンオープン」がさいたま市で開かれ、18歳の三原舞依選手が、参考記録ながら日本の女子シングルのフリーの歴代最高得点を上回る高得点をマークしました。
「ジャパンオープン」は日本、ヨーロッパ、北米の3チームで争う団体戦で、男女シングルの選手4人でチームをつくり、フリーの演技の合計点を競います。
三原選手は、先月の国際大会で踏切の違反や転倒があって得点が伸びませんでしたが、7日は、基礎点が高くなる後半のジャンプを含むすべてのジャンプを決めました。
さらに、磨いてきた表現力でも高い評価を受ける完璧な演技で参考記録ながら、自身が持つ日本の女子シングルのフリーの歴代最高得点を1.66上回る147.83の高得点をマークし、女子の出場選手6人のうち2位でした。
今シーズンからシニアに参戦している16歳の本田真凜選手は、ジャンプにミスが出るなどして得点が伸びず、133.41で5位の成績でした。
一方、男子では、ピョンチャンオリンピックでメダルが期待される宇野昌磨選手が、冒頭の4回転ループをきれいに決めたものの、新たに取り入れている続く4回転サルコーで着氷が乱れ演技後半の2種類の4回転ジャンプも転倒したり、連続ジャンプに出来なかったりと、本来の動きが見られず、自己ベストよりおよそ40点低く6人中3位の175.45でした。
チームの成績で日本は、ヨーロッパに続く2位でした。
三原「表現さらに向上を」
参考記録ながら、自身が持つ日本の女子シングルのフリーの歴代最高得点を上回る高得点をマークした三原舞依選手は「楽しむことをいちばんに考えたのがよかったと思う。ワクワクした気持ちで最後まで滑ることができた。心を込めた表現が見ている方々に伝わればいいなと思って演技できたのはよかったと思うが、きょうの演技がすべてではないので、表現の面でもさらに向上させられるように頑張りたい」と話し、グランプリシリーズに向けて気持ちを引き締めていました。
本田「久しぶりに悔しい」
ジャンプにミスが出るなどして得点が伸びなかった本田真凜選手は「ジュニアの時だったら、この演技でも満足していたと思うが、シニアでは通用しないので、見つめ直していきたい。シニアのすごい選手たちと同じ大会に出場して、気持ちが引けている部分があったし、足りないところがたくさんあるなと思った。久しぶりに悔しいのでこの気持ちを大切にしたい」と話していました。
宇野「転倒して気持ちの崩れに」
宇野昌磨選手は「練習でもここまで失敗しないと思うのですごく悔しい。後半の4回転フリップは、着氷したと思ったが、転倒して気持ちの崩れにつながった。自分でコントロールできなかった。ジャンプは演技の前半に挑戦して、後半は安定して絶対に跳ばないといけないが緊張もあって、跳べるジャンプを失敗してしまった。練習が悪かったと思うのでこの悪い試合を生かして取り組んでいきたい」と話して雪辱を誓っていました。
ソース

 

ジャパンオープン2017。 三原舞依がフリー歴代最高得点。チームの成績で日本はヨーロッパに続く2位 の続きを読む

ジャパンオープン2017。チームジャパン三原舞依&本田真凜が自己新で奮闘も2位と3連覇逃す

「フィギュアスケート・ジャパンオープン」(7日、さいたまスーパーアリーナ)
フリーだけで競われるフィギュアスケートの日本、欧州、北米チーム対抗戦が行われ、日本が4人の合計点614・93点で2位に終わり、3連覇を逃した。
日本は女子で三原舞依(18)=シスメックス=が147・83点をマークし、世界女王のメドベージェワに次ぐ2位。SPのないオープン大会のため、参考記録ながら、今年4月の世界国別対抗戦でマークした自身の持つ日本歴代最高得点となる146・17点を超える“自己ベスト”を叩き出した。本田真凜(16)=関大高=は5位だったが、“自己ベスト”の133・41点を出す好演技だった。
男子ではプロスケーターの織田信成氏(30)が158・24点で昨年に続く“自己ベスト”はならず4位。最終滑走者で登場した17年世界選手権銀メダリストの宇野昌磨(19)=中京大=はジャンプでのミスが目立ち、175・45点でフェルナンデス(スペイン)、チェン(米国)に次ぐ3位に終わり、逆転を許した。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hdal-spo

ジャパンオープン2017。チームジャパン三原舞依&本田真凜が自己新で奮闘も2位と3連覇逃す の続きを読む

1 2 3 4 5 6 18