宇野昌磨 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 71

国別対抗戦2017。エキシビジョンに羽生結弦らチームジャパンが登場しPPAPを披露

「フィギュアスケート・国別対抗戦、エキシビション」(23日、代々木第一体育館)
チームジャパンとしてエキシビションに登場し、昨年大ヒットしたピコ太郎の「PPAP」をロックバージョンで披露した。
羽生結弦(ANA)ら日本代表全員が氷上に登場すると、“本家”さながらに黄色のヒョウ柄のスカーフを首元に巻き、ノリノリで会場を沸かせた。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/00055-dal-spo

 

国別対抗戦:チームジャパン:エキシビション

 

国別対抗戦:フィナーレ:エキシビション

 

国別対抗戦2017。エキシビジョンに羽生結弦らチームジャパンが登場しPPAPを披露 の続きを読む

今季急成長の宇野昌磨。来季も攻める!羽生へ「もっと近づきたい」

◇フィギュアスケート 世界国別対抗戦最終日(2017年4月22日 東京・国立代々木競技場)
今大会でSPとフリーの合計点で初めて羽生を上回るなど今季急成長した宇野は「少しは近づいたと思うけれど、まだ実力差を感じている。もっと近づきたい」と貪欲だった。
4回転フリップに続いて、シーズン途中に4回転ループも習得し、高難度な構成に挑み続けた19歳は「(男子の急激な進歩に)自分も何とか食らいついていけている。来季も攻め続けたい」と誓った。

ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/h-0spnannex-spo 

 


今季急成長の宇野昌磨。来季も攻める!羽生へ「もっと近づきたい」 の続きを読む

世界国別対抗戦2017の総合得点が発表され宇野昌磨選手が唯一300点越え

297: 氷上の名無しさん 2017/04/22(土) 23:14:55.77
総合点も一応出てるのか
Men – Final Results
1. Shoma UNO JPN 1 2 302.02
2. Nathan CHEN USA 2 4 284.52
3. Yuzuru HANYU JPN 7 1 284.00
4. Mikhail KOLYADA RUS 4 5 279.41
5. Patrick CHAN CAN 6 3 276.47
6. Jason BROWN USA 5 6 273.67
7. Boyang JIN CHN 3 7 272.61
8. Chafik BESSEGHIER FRA 8 8 239.39
9. Maxim KOVTUN RUS 11 10 212.91
10. Kevin REYNOLDS CAN 12 9 212.29
11. Kevin AYMOZ FRA 9 11 194.66
12. Tangxu LI CHN 10 12 190.56

ソース

http://www.jsfresults.com/intl/

 

 

世界国別対抗戦2017の総合得点が発表され宇野昌磨選手が唯一300点越え の続きを読む

バンケットに羽生結弦ら各選手が参加。会場の様子をボーヤンが公開してくれてる

170: 氷上の名無しさん 2017/04/22(土) 21:27:25.41
ボーヤンバンケ慣れしてるね

 

 

 

 

 

動画サイト

http://weibo.com/tv/v/EFJqXl3kh?fid

 

 

 


バンケットに羽生結弦ら各選手が参加。会場の様子をボーヤンが公開してくれてる の続きを読む

応援席で赤ハッピを着る羽生結弦が宇野昌磨にリボンを付ける和やかな展開にファンも歓喜

443: 氷上の名無しさん 2017/04/22(土) 15:21:00.20
宇野にリボン付けた

 

 

 

応援席で赤ハッピを着る羽生結弦が宇野昌磨にリボンを付ける和やかな展開にファンも歓喜 の続きを読む

男の友情はカッコいい。宇野昌磨の演技中に必死の形相で応援する羽生結弦

383: 氷上の名無しさん 2017/04/22(土) 01:47:20.66
昌磨の演技をみる羽生

 


男の友情はカッコいい。宇野昌磨の演技中に必死の形相で応援する羽生結弦 の続きを読む

世界国別対抗戦2017。宇野昌磨はフリー2位。総得点は初めて羽生超えも謙虚「特に何も思わない」

「フィギュアスケート・国別対抗戦」(21日、代々木競技場)
男子フリーが行われ、SP1位の宇野昌磨(19)=中京大=はフリーで初めて4回転フリップを後半に組み込む演技に挑戦し、後半のフリップは転倒したが、堂々たる演技で2位となった。
世界王者で、SPは7位に終わった羽生結弦(22)=ANA=は、史上初めて基礎点が1・1倍となる後半に3本の4回転ジャンプに成功。3月の世界選手権でマークした223・20点の世界記録更新はならなかったが、今季3度目の200点超えとなる200・49点をマークし、1位。日本は2日目終わって、首位をキープした。
フィニッシュポーズを解いた宇野は、表情も崩さず、ただ鼻をさすった。1位だったSPに続き、フリーも力強い演技で羽生に次ぐ2位に入り、首位のチームをけん引。今大会は総得点での順位はつかないが、計11度目の“対決”で、初めて羽生を上回った。
「(総得点での羽生超えは)特に何も思わない。チームを引っ張ってるのはユヅくん。僕は迷惑を掛けないように、やるべきことをやっただけ」と、事も無げに言ってのけた。

ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/h-dal-spo


世界国別対抗戦2017。宇野昌磨はフリー2位。総得点は初めて羽生超えも謙虚「特に何も思わない」 の続きを読む

1 2 3 4 71