宮原知子 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 46

帰ってきた「ミス・パーフェクト」。宮原知子は全日本にピタリと照準

グランプリ(GP)シリーズ最終戦のスケートアメリカで、宮原知子がショートプログラム(SP)、フリーともに1位となり、合計214.03点の完全優勝を成し遂げた。2015年のNHK杯以来、2季ぶりのGP2勝目となった。この結果により、GPファイナル進出の上位6人目に樋口新葉が滑り込み、宮原自身も補欠の1番手に躍り出た。もし、ファイナル進出者の中で欠場者が出れば、宮原が繰り上げ出場となる。
今回のスケートアメリカは、GPファイナル進出を目指していたスケートカナダ3位のアシュリー・ワグナー(アメリカ)とNHK杯3位のポリーナ・スルツカヤ(ロシア)の2人に加え、シニアデビューでこれがGP2戦目となる坂本花織との優勝争いだった。
昨季までGPファイナルで2年連続2位となるなど実績のある宮原にとっては、本来、それほどの強敵揃いとは言えないだろう。だが、昨季後半を左足股関節痛で棒に振り、そこからの復活を模索している状態だけに、決して簡単な戦いではなかった。
2週前のNHK杯は、ケガからの復帰初戦であり、今季の初陣だったこともあり、ジャンプで細かいミスを重ね、スピンやステップでもレベルの取りこぼしがあった。順位も5位といまひとつだったが、演技自体は満足のいく内容で、自身は手応えを掴んでいた。
復帰2戦目となるスケートアメリカでは、ノーミスの演技が必須だった。勝負の行方はいかにミスなく演技できるかどうかにかかっていたし、どこまでジャッジが評価してくれるのかも知る必要があった。
SPの『SAYURI』では冒頭の3回転ルッツ+3回転トーループの連続ジャンプで2本目がステップアウトしたが、回転不足は取られなかった。ジャンプに力強さが戻っていて、メリハリのある演技を披露。目標に掲げていた70点台をただ1人マークする70.72点を叩き出した。
キス&クライでは両手でハートマークを作って笑顔を見せた宮原は「NHK杯と比べてよかった部分と、そうでなかった部分があって、複雑な気持ちですけど、点数は伸ばすことができたので嬉しかったです。NHK杯よりは調子が上がってきていたので、絶対にいい演技をするという気持ちで臨みました。今回は順位よりも、とにかくここまで段階的に上げてきたことをしっかり出すことが目標です」と語った。失いかけていた自信が少しずつ心に満ちてきているようだ。
SP首位で迎えたフリー『蝶々夫人』は、さらに復活ぶりが際立つ演技だった。

 

ソース(全文)

https://headlines.yahoo.co.jp/articlertiva-spo

帰ってきた「ミス・パーフェクト」。宮原知子は全日本にピタリと照準 の続きを読む

復活Vの宮原知子。体重増が吉 40キロ台で平昌目指す

(26日、フィギュアスケート・スケートアメリカ女子フリー)
痩せればジャンプが跳びやすいと考えられがちなフィギュアスケートで、身長152センチの宮原は痩せないように食べることに努めている。
疲労骨折で2月以降の試合を欠場した昨季、痛みに苦しんでいた昨年12月の体重は37キロだった。それを今年の夏は42キロまで増やした。シーズン中に徐々に減るが、今大会は40キロを切らないようにしてきた。
26日の女子フリーでは回転不足もなく、全てのジャンプに成功した。「跳びにくさは感じない。動けるし元気。こっち(の体重)のほうがいい」と話した。

 

ソース

復活Vの宮原知子。体重増が吉 40キロ台で平昌目指す の続きを読む

完全復活の宮原知子。休養乗り越え…「思いもよらない結果ですごくうれしい」

◇フィギュアスケート グランプリシリーズ最終戦 スケートアメリカ最終日(2017年11月26日 米国・レークプラシッド)
首位で発進した宮原がフリーでも完璧な演技を見せ、合計214・03点で2015年のNHK杯以来のGP2勝目を挙げた。
今年1月に左股関節の疲労骨折が判明。約11カ月ぶりの復帰を果たした第4戦のNHK杯では5位に終わったものの「違和感も痛みもない。あとはもっと上げていくだけで、点数はついてくると思う」と手応えをつかみ、今大会に臨んでいた。
流れるようにジャンプを決め、華麗なステップに観客も手拍子。納得の滑りにキスアンドクライでは得点が出ると右手でガッツポーズを作ってみせた。
「まさか優勝できるとは思ってなかった。思いもよらない結果ですごくうれしい」と宮原。休養を乗り越えての完全復活に「つらい時期を乗り越えて良かった」としみじみ語った。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/h-spnannex-spo

 

 

 

GPアメリカ復帰2戦目で210点超え‼️そして…優勝という素晴らしい結果を残した宮原知子選手🙌🎊アメリカの観客も待っていました!と言わんばかりの大歓声☺️想像以上の成績に「大きな収穫になりました」👍✨今後についてはとにかく自分のことをやるだけです‼️と笑顔

フジテレビスケート

https://twitter.com/online_on_ice/st

 

完全復活の宮原知子。休養乗り越え…「思いもよらない結果ですごくうれしい」 の続きを読む

もしもメドベージェワ選手が欠場なら宮原知子選手がGPファイナル出場の可能性

<フィギュアスケート:GP第6戦スケートアメリカ>◇26日(日本時間27日)◇米レークプラシッド◇女子フリー
ショートプログラム(SP)首位発進の宮原知子(19=関大)がフリー143・31点の合計214・03点で優勝した。GPシリーズでの優勝は15年のNHK杯以来で、2勝目となった。
前戦のGP第4戦NHK杯で体力不足を課題としたフリーでも、宮原の安定感は健在だった。ジャンプを次々と決め、ステップでは観客が手拍子する出来。得点の表示を見ると、隣の浜田コーチと満面の笑みで喜び、照れくさそうにしながらも右手でガッツポーズした。
今年1月には左股関節の疲労骨折が判明。他の部位も含めて体が万全な状態に戻ることを最優先し、NHK杯が約11カ月ぶりの実戦復帰だった。今季2戦目で大きな自信を得て、12月21日開幕の全日本選手権(東京)に向かう。
なお、宮原は12月7日開幕のGPファイナル(名古屋)進出争いにおいて、7番手が確定した。樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)ら上位6人がファイナル進出を決めたが、トップのメドベージェワ(ロシア)は右足中足骨にひびが入っている状態で、出場が不透明。仮に欠場の場合は、繰り上がり進出の可能性がある。

 

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hrts-spo

 

 

スケートアメリカ2017:宮原知子:EX

 

 

 

もしもメドベージェワ選手が欠場なら宮原知子選手がGPファイナル出場の可能性 の続きを読む

スケートアメリカ大会2017。女子FS宮原知子が優勝。坂本花織は2位。樋口新葉のGPファイナル進出が決定

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、スケートアメリカ最終日は26日(日本時間27日)、レークプラシッドで行われ、女子ショートプログラム(SP)で首位に立った宮原知子(19=関大)はフリーで143・31点、トータル214・03点で優勝した。
SP2位の坂本花織(17=シスメックス)は合計210・59点で2位。
来月7日に開幕するGPファイナル(名古屋)に進出できるのはシリーズの上位6人。スケートアメリカを前にすでに5人が確定。24点で暫定6番手だった樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)は、GP初戦の3位で11点を獲得していたポリーナ・ツルスカヤ(16=ロシア)が4位、アシュリー・ワグナー(26=米国)は演技途中で棄権したため、GPファイナル進出が決まった。これで日本女子17年連続ファイナル進出が守られた。
ソース

 

スケートアメリカ2017:宮原知子:FS

 

スケートアメリカ2017:坂本花織:FS

 

スケートアメリカ2017:ブラディー・テネル:FS

 

プロトコル

スケートアメリカ大会2017。女子FS宮原知子が優勝。坂本花織は2位。樋口新葉のGPファイナル進出が決定 の続きを読む

宮原完全復活へ!首位発進に驚き隠さず

「フィギュアスケート・スケートアメリカ」(25日=日本時間26日、レークプラシッド)
女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨季GPファイナル銀メダリストの宮原知子(19)=関大=が70・72点で首位発進した。2位は69・40点の坂本花織(17)=シスメックス。そろって最高の滑り出しを見せた。
左股関節疲労骨折の影響で長期休養し、2週間前のNHK杯(大阪)で約11カ月ぶりに実戦復帰を果たした宮原が、完全復活への歩みを進めている。演技冒頭の連続3回転ジャンプこそ着氷が乱れたが、その後は安定した演技を披露。日本女性を演じるプログラムをしっかりと滑りきった。
演技後は納得の表情を浮かべていた宮原。得点を見ると、想像以上の高得点だったのだろう。指導する浜田美栄コーチと目を合わせ、小さく首をかしげるなど、驚きを隠さなかった。

 

ソース


宮原完全復活へ!首位発進に驚き隠さず の続きを読む

スケートアメリカ大会2017。女子SP宮原知子が復活の1位発進。2位は坂本花織と日本勢が躍進

<フィギュアスケート:GP第6戦スケートアメリカ>◇25日(日本時間26日)◇米レークプラシッド◇女子ショートプログラム
左股関節の疲労骨折から復帰2戦目の宮原知子(19=関大)が70・72点をマークし、首位に立った。冒頭の連続3回転ジャンプの後半で、着氷時にバランスを崩しながらもこらえ、3回転ループ、ダブルアクセル(2回転半)でまとめた。演技後は柔らかい表情を見せ、得点発表の瞬間には少し口を開けて驚いた様子だった。
宮原はGP第4戦のNHK杯で約11カ月ぶりの実戦復帰。同戦はSP65・05点、フリー126・75点の合計191・80点で5位となっていた。23日(日本時間24日)の公式練習時に「SP、フリーともNHK杯よりいい演技をしたい」と意気込んだ通り、前戦からの成長を披露した。
ソース

 

スケートアメリカ2017:宮原知子:SP

 

スケートアメリカ2017:坂本花織:SP

 

スケートアメリカ2017:ガブリエル・デールマン:SP

 

プロトコル

スケートアメリカ大会2017。女子SP宮原知子が復活の1位発進。2位は坂本花織と日本勢が躍進 の続きを読む

1 2 3 4 5 6 46