宮原知子 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 7 37

半年ぶりに演技を披露した宮原知子「楽しい気持ち」。五輪シーズンフリーの曲は浅田真央さんの「蝶々夫人」を選択

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪代表の有力候補の宮原知子(19=関大)が2日、大阪・高槻市で行われたアイスショーで、約半年ぶりに公の場での演技を披露した。左股関節の疲労骨折からの復調を示し、浅田真央さんらが使用した「蝶々夫人」をフリー曲に選んだことを明かした。太ももの付け根に炎症が残るため、9月までは回復を最優先。10月から約3カ月で追い込む「超速仕上げ」で、五輪切符を目指す。
全日本選手権3連覇中の日本のエースが「足が震えた」と苦笑した。緊張の宮原は約500人を前に15~16年シーズンのエキシビション曲「翼をください」を演じた。半年のブランクは3回転ループの着氷乱れなどに表れたが、アンコールも快諾。拍手に包まれ「今までで一番楽しい、という気持ち」が湧いてきた。
目標は「五輪に行きたい」とぶれない。2月に左股関節の疲労骨折が判明し、3月の世界選手権などを欠場。初めて約1カ月も氷から離れた。現在は全種類の3回転ジャンプを練習するが、太ももの付け根には1カ所の炎症が残る。浜田コーチは「(練習量が)3分の1ぐらい」。周囲は新プログラムを滑り込む時期だが、今日3日にカナダ入りしてショートプログラムの振り付けと後れを取っている。
それでも炎症の完治を最優先にする。復帰戦は10月のフィンランディア杯。11月から五輪選考に重要なグランプリシリーズを控えるが、浜田コーチは「10月から追い込んでいければ。そこ(炎症)がクリアできれば(五輪が)見えてくる」と言い切った。12月の全日本選手権で優勝すれば、五輪代表に決まる。宮原も「全日本までに調整したい」と焦りを抑える覚悟だ。
フリーに選んだ「蝶々夫人」。浅田さんらが滑った名曲だが「『宮原知子の蝶々夫人』と言われるようにしたい」。女王の意地が支えとなる。【松本航】

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/nksports-spo

 


半年ぶりに演技を披露した宮原知子「楽しい気持ち」。五輪シーズンフリーの曲は浅田真央さんの「蝶々夫人」を選択 の続きを読む

宮原知子が約半年ぶりに公の場で滑りを披露。今季フリー曲は蝶々夫人

フィギュアスケート女子の宮原知子(19=関大)が2日、大阪・高槻市内の関大アイスアリーナでアイスショーに出演し、約半年ぶりに公の場で滑りを披露した。
宮原は昨年末の全日本選手権で3連覇を達成し、1月のアイスショーには出演したが、左股関節疲労骨折のために冬季アジア大会、四大陸選手権、世界選手権を欠場していた。
この日はエキシビション「翼をください」の生演奏で演技。3回転ジャンプは乱れたが、復帰の舞に大きな拍手を浴びていた。
本田真凜(15=関大高)は15~16年シーズンのSP「スプリングソナタ」に乗って可憐に舞った。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hnnex-spo

 

宮原知子が約半年ぶりに公の場で滑りを披露。今季フリー曲は蝶々夫人 の続きを読む

関西大学教育後援会の70周年記念式典に宮原知子・高橋大輔・本田真凜らが出席。宮原選手は怪我の公表後初の演技を披露

662: 氷上の名無しさん 2017/07/02(日) 13:55:12.86
関大生の父母で組織する関西大学教育後援会の70周年記念式典が2日、関西大学たかつきアイスアリーナで始まった。式典には佐藤信夫さん(75=64年経済卒)久美子さん(71=68年商卒)夫妻、高橋大輔さん(31=08年文卒)、濱田美栄さん(57)、長光歌子さん(66)らが出席

 

関西大学教育後援会の70周年記念式典に宮原知子・高橋大輔・本田真凜らが出席。宮原選手は怪我の公表後初の演技を披露 の続きを読む

女子は混戦。男子は残り一枠を争う形に。平昌五輪の代表選手に選ばれるのは誰になるのか熾烈な争いに

1: 氷上の名無しさん 2017/06/23(金) 15:32:43.53 _USER9

フィギュア平昌五輪代表選考方法決定

日本スケート連盟は23日、都内で理事会を開き、18年2月平昌五輪の代表選手選考方法を決定したと発表した。
フィギュアスケートについては、男子3枠は、
1=全日本選手権優勝者、
2=全日本2位・3位の選手とグランプリファイナル出場者上位2名の中から選考、
3=2の漏れた選手と全日本選手権終了時のISUスタンディング上位3名、 全日本選手権終了時のISUシーズンワールドランキング日本人上位3名、全日本選手権終了時ISUシーズンベストスコアの日本人上位3名の中から選考を行うとした。
また、2枠となった女子は、1名は全日本選手権優勝者。
もう1名は全日本2位・3位の選手、グランプリファイナル出場者上位2名、
全日本選手権終了時のISUスタンディング上位3名、
全日本選手権終了時のISUシーズンワールドランキング日本人上位3名、
全日本選手権終了時のISUシーズンベストスコアの日本人上位3名の中から 総合的に選考されることが決まった。
ペアとアイスダンスは、五輪最終予選で出場枠を獲得した場合、
1・全日本選手権最上位組、
2・全日本選手権終了時のISUスタンディング最上位組、
3・全日本選手権終了時のISUシーズンワールドランキング最上位組、全日本選手権終了時のISUシーズンベストスコア最上位組から総合的に判断して選考される。

 

デイリースポーツ on line
https://www.daily.co.jp/general/2017/06/23/00103075

 

 

女子は混戦。男子は残り一枠を争う形に。平昌五輪の代表選手に選ばれるのは誰になるのか熾烈な争いに の続きを読む

宮原知子選手の努力をアスリートの魂で漫画化。想像以上に可愛く仕上がってる

 
260: 氷上の名無しさん 2017/06/22(木) 23:18:51.26 0

知子ちゃん漫画になる

宮原知子選手の努力をアスリートの魂で漫画化。想像以上に可愛く仕上がってる の続きを読む

関西大学カイザーズフィギュアスケートクラブで宮原知子選手ら濱田組が集まって記念撮影。

93: 氷上の名無しさん 2017/06/20(火) 20:07:21.62
ハマコー組
マリンもいる

関西大学カイザーズフィギュアスケートクラブで宮原知子選手ら濱田組が集まって記念撮影。 の続きを読む

ポスト浅田真央は京都が次世代席巻か。宮原知子・本田真凛ら期待の選手輩出

高さのあるジャンプや躍動感あふれるステップ、情感豊かな表現力は、まるで氷上の華-。近年、日本人選手の活躍がめざましいフィギュアスケート。女子では、4月に浅田真央選手(26)が現役引退を表明し、「ポスト真央」の台頭が取り沙汰される中、注目されるのが京都出身の選手たちだ。全日本選手権女子3連覇中のエース、宮原知子(さとこ)選手(19)=関大=や、3月の世界ジュニア選手権銀メダリストの本田真凛選手(15)=関大高=、同5位の白岩優奈選手(15)=関大KFSC=はいずれも京都市出身。近年は浅田選手をはじめ、安藤美姫さん(29)、1992年アルベールビル五輪銀メダリストの伊藤みどりさん(47)ら愛知県出身者が活躍していたが、次世代は「京都」が席巻するかもしれない。(小川恵理子)
「若い世代が台頭しているが、中でも京都出身の選手は技術も高く、頑張っている」。こう評価するのは、スポーツライターの玉木正之さん(65)。「浅田選手が引退して、日本のフィギュア女子は谷間の時期を迎えた」とする中、京都の選手に期待を寄せている。
まずは宮原選手。4歳から競技を始め、平成23、24年の全日本ジュニア選手権で優勝すると、26~28年の全日本選手権でも優勝。2016(平成28)年の四大陸選手権でも優勝し、日本女子のエースに躍り出た。宮原選手に続くのが本田選手。昨季の世界ジュニア選手権女王に輝いて一躍注目を集めると、今年3月に台北で開催された世界ジュニア選手権でも銀メダルを獲得した。妹に子役として活躍する望結さんがいることでも知られる。さらに、本田選手と同学年の白岩選手がいる。
いずれも京都市出身の3人は、世界を見据える強化指定選手に名を連ねる。宮原、本田両選手は、日本スケート連盟による3段階の強化指定のうち、「特別強化選手」に指定され、白岩選手も2番手に位置する「強化選手A」ランクの若手の有望株に成長した。
玉木さんによると、日本の女子フィギュア界には2つの流れがある。1つは、女子選手として初めてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた伊藤みどりさんのようなジャンプを得意とする「技術」の選手。もう1つは、2006年トリノ五輪金メダリスト、荒川静香さん(35)のように、滑らかなスケーティングと豊かな「表現力」が持ち味の選手だ。
その上で玉木さんは「浅田選手はその2つを持ち合わせている」と指摘する。代名詞となったトリプルアクセル。五輪や世界選手権といった大舞台で何度も挑戦するなど浅田選手は現役時代を通してこだわり続けた。一方、浅田選手の「純真さ」や「無垢(むく)さ」がそのまま表現されたようなスケーティングは、観客を魅了してきた。
そんな浅田選手のポストを占めるのは誰か。玉木さんは宮原選手について「技術があり、難しいジャンプも簡単にこなしてしまう。これから期待できる選手。フィギュア界を引っ張っていってほしい」と評価。本田選手については「ジャンプに偏らず、表現力もある。浅田選手という良いお手本もあるし、伸びしろがある」と述べ、今後の成長に期待する。
「ポスト真央」をうかがう彼女らを輩出した京都。実は京都のフィギュアスケートの歴史は古い。昭和28年、京都市左京区にアイススケート場「キョートアリーナ」が誕生。約10年後、同アリーナでは、京都から世界に通じる選手を輩出しようと「京都スケート学校」が開校した。府内から選手を目指す小中学生が通い、互いに切磋琢磨(せっさたくま)したという。その後も、「桃山アリーナ」(伏見区)や「高野アリーナ」(左京区)などのアイススケート場の開業が相次いだ。
だが、そんな京都も逆境に追い込まれる。リンクの維持に多額の費用がかかることやレジャーの多様化などの理由で、昭和50年以降、多くのアイススケート場が閉鎖された。「世界を目指す選手やよい指導者が多くいたが、練習拠点がなくなり、優秀な選手らが府外に流出していった」(府内のフィギュア関係者)。結局、京都府内に現在残っているのは、冬季営業だけの京都アクアリーナ(京都市右京区)のみ。実は、宮原選手や本田選手らは、所属する関大の「たかつきアイスアリーナ」(大阪府高槻市)を練習拠点としている。
全国レベルの選手を輩出する中、通年型の練習場がない-。この状況を打破しようと、京都では昨年9月、府スケート連盟と府アイスホッケー連盟が、季節に関係なく使えるスケート場の整備を府に要望。現場には白岩選手も駆けつけた。これを受けて府は今年、府立山城総合運動公園(宇治市)内に、通年型アイススケート場「京都アイスアリーナ」(仮称)の整備を決定。国際競技規格(縦60メートル、横30メートル)のメーンリンクと、一般利用者用のサブリンクを備えたもので、平成30年度内の完成を目指すという。
府スケート連盟の松山孝司副会長(71)は「新アリーナはフィギュアスケートの京都での拠点となり、選手も良い環境で練習できるようになるはず」と話す。京都のスケート界に追い風が吹く中、選手らも虎視眈々と世界を狙っている。今年4月に京都府スポーツ賞を贈られた本田選手は「スケートを始めたころからの目標のオリンピック出場を目指して頑張りたい」と抱負を述べた。左股関節の疲労骨折のため3月の世界選手権を欠場した宮原選手も「思い切って演技できるようにエネルギーをためたい」と意気込む。
五輪で活躍し、京都から「ポスト真央」が生まれるか。玉木さんは「現時点では誰と言うのは難しいが、京都勢はその一角を占めており、期待できる」としている。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/4-san-spo

ポスト浅田真央は京都が次世代席巻か。宮原知子・本田真凛ら期待の選手輩出 の続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 37