本田望結 一覧

スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 13

本田望結が全日本ジュニア選手権に初出場「ずっと目標にしてきたのでうれしい」

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権は25日、前橋市・ALSOKぐんまアイスアリーナで行われ、女優でフィギュアスケート選手の本田望結(13)が出場。1番滑走で52・57点をマークした。
初めて出場し「ずっと目標にしてきたのでうれしい。SPは自分なりに楽しむことができた」と話した。演技では3本全てのジャンプを着氷するなど、プログラムをしっかりまとめあげ「できる限りの演技で、自分だけに集中することができた。大会前は0対100で不安の方が大きかったけど、その中で頑張ることができた」とほっとした笑顔を見せた。
試合前には、フィギュアスケート選手の姉・真凜から「初の全日本頑張れ」とエールをもらい、妹の紗来からは「自分のできることを振り絞りなさい」と激励を受けたという。家族の声援が好演技につながった。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl2-sph-spo

 

全日本ジュニア 女子SP最終結果

ソース

https://twitter.com/marin_channel/status

本田望結が全日本ジュニア選手権に初出場「ずっと目標にしてきたのでうれしい」 の続きを読む

本田3姉妹集合。美男美女。みんな可愛すぎてヤバい。

165: 氷上の名無しさん 2017/11/23(木) 23:39:26.04
絵になる姉妹だわぁ

 

本田真凜インスタグラム

https://www.instagram.com/p/Bb1qrtMhv4N/

 

 

本田3姉妹集合。美男美女。みんな可愛すぎてヤバい。 の続きを読む

最初から決めている!本田望結 「どちらかを嫌いになった場合にはどちらかではなく両方やめるって」

フィギュアスケート選手で女優の本田望結(13)と妹の紗来(10)が16日、都内で行われた「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」(18日~、森美術館)のプレス説明会に出席した。
望結はフィギュアと女優の両立について「大変じゃないですか?」と聞かれると「大好きなことしかやってないので、毎日楽しいです」とニッコリ。「フィギュアもお芝居も大好きですし、始めた時から決めているのはどちらかを嫌いになった場合には、どちらかではなく、両方やめるって決めてます」と告白。「中途半端になっているかもしれないけど(両方)諦めずにがんばりたい。片方やめることはないです」と決意を語った。
また姉のフィギュアスケート女子・本田真凜(16=関大高)の活躍について聞かれると「本当にうれしい」と喜び。平昌五輪については「私たちができるのは応援しかないですが、(出場は)2枠しかないので、その1人にお姉ちゃんが入ってくれたらうれしい」とエール。「お姉ちゃんが楽しそうにスケートをやっている姿が大好き。“本田真凜選手”がお姉ちゃんじゃなくても応援していると思います」と語っていた。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hex-ent

最初から決めている!本田望結 「どちらかを嫌いになった場合にはどちらかではなく両方やめるって」 の続きを読む

本田望結が梅田のリンクで華麗に初滑り。目標は「オリンピックが夢ですと言える選手になること」

フィギュアスケート選手としても活躍する女優の本田望結(13)が17日、大阪・北区のグランフロント大阪うめきた広場に特設されたアイススケートリンク「つるんつるん」のリンク開きに出席した。
鮮やかなロイヤルブルーの衣装で登場し、華麗なスケーティングを披露した。今年で4年連続の「皆勤出演」となる本田は、この4年間で身長が約30センチも伸びたそうで、「大阪駅の目の前に私の大好きなスケートリンクができて、気軽に滑れる。夜になるとまた雰囲気が変わってステキです」と笑顔を見せた。
女優業とフィギュアスケートを両立し、多忙な毎日を送っているが「自分ではお芝居もスケートもどっちも大好き。中途半端になっていることも分かっているけど、それでもあきらめずに自分のできる精いっぱいで続けていきたい」と意欲を見せた。
来年の韓国・平昌五輪出場を目指す姉・本田真凜(16)=大阪・関大高=に「お姉ちゃんじゃなくても、本田真凜選手の滑りや表現が大好き。オリンピックに出られるように、お姉ちゃんとしても一ファンとしても応援していきたい」とエールを送った。また、自身については「私はまだまだそういうことを言えるレベルではまったくないので、『オリンピックが夢です』と言える選手になるのが目標です」と話した。
同リンクは大阪・梅田にできた新たな冬の風物詩となっている。開業当初は特殊な樹脂製プレートだったが、昨年からアイスリンクに代わって、より本格的なスケートが楽しめる。18日から来年3月4日まで、期間限定の開業となっている。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/ht

 

 

 

本田望結が梅田のリンクで華麗に初滑り。目標は「オリンピックが夢ですと言える選手になること」 の続きを読む

本田望結が五輪目指す姉・真凜選手にエール「代表に入ってくれたらうれしい」

フィギュアスケーターで女優の本田望結さんが16日、森美術館(東京都港区)で行われた「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」の開幕プレスイベントに、妹の紗来(さら)ちゃんと一緒に出席した。来年の平昌五輪出場を目指している姉の真凜選手について、望結さんは「(代表に)入ってくれたらうれしい」と語った。
望結さんは、真凜選手の活躍に「本当にうれしいです。私たちが何かを言ったら、お姉ちゃんが(五輪に)出られるわけではないですけれど、できるのは応援しかない」と話し、「力になるか分からないですけれど、たくさんできる限りのことをやりたい」と語った。また、自身については「(女優業とフィギュアスケートの)どっちかを嫌いになったら、両方辞めます。片方を辞めることは絶対にない」と両立する覚悟を明かした。
この日は、日本では金沢21世紀美術館(石川県金沢市)の「スイミング・プール」の作家として知られているアルゼンチン出身の現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒさんの作品が体感できる展覧会「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」のPRイベント。同展は18日から2018年4月1日まで。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/h00028-mantan-ent

 

 

本田望結が五輪目指す姉・真凜選手にエール「代表に入ってくれたらうれしい」 の続きを読む

本田3姉妹の純白スケート衣装に釘付け!華麗なスケーティングで初共演

読売新聞社は、読売新聞を初めて定期購読する人に向けたキャンペーン「はじめてプラン」を10月21日(土)から開始。それに伴い、フィギュアスケートの本田真凜、同じくフィギュアスケートの他、女優やタレントとしても活躍する本田望結と本田紗来の3姉妹が出演する新CM「3姉妹、アンバサダーにはじめてプラン」篇(30秒・15秒)を同日より全国オンエアする。
3人そろってCMでスケートを披露するのは、今回が初めて。高1年生の真凜、中学1年生の望結、小学4年生の紗来が、それぞれ新聞を読んだ感想を得意のスケートで表現。年齢や興味・関心に合わせた新聞を読めば、世の中で起きているさまざまな出来事に対する知識や好奇心が深まり、お茶の間での会話も活発になり、家族の絆も深まる…そんな可能性を秘めた「新聞」の魅力を伝える。
新CMの舞台はアイススケートリンク。インタビュースペースで、純白の衣装に「読売新聞アンバサダー」のたすきをかけ、アンバサダー起用の感想を求められる真凜、望結、紗来。だが、3人は新聞を読んだ感想をたった一言に凝縮させ、インタビュアー泣かせの展開に…。そんな中、3人は言葉にしにくい感想を、華麗なスケーティングで表現する。
撮影はインタビューのシーンから行われた。それぞれ上着を脱ぎ、3人はは白く輝くフィギュアスケートの衣装でカメラの前に登場。本番前から「私は、読売新聞を」というせりふを何度も練習していた真凜の少し緊張した様子とは対照的に、普段からドラマなどでも活躍する望結と紗来はリラックスした様子。監督の「OKです!」の声がかかると、すかさず真凜は「うまいな! うまい」と、堂々とした紗来の演技に感心していた。
その後、いよいよ氷上での撮影シーンを撮影。早くリンクに出たい気持ちを抑えきれずにいた真凜を追いかけるように、望結と紗来も氷上に。仲良く手を取り合ったり、肩を組んで笑顔ではしゃいだりする3人の姿が、リンクの寒さを吹き飛ばすような温かい雰囲気をつくっていた。
撮影を終えた3人は、「3人でお仕事をするのが初めてだったので、すごくうれしくて、楽しく撮影を終えられました」(真凜)、「読売新聞のCMに出演できることもうれしいですし、3人で共演できたことも楽しかったです。撮影もとても楽しかったので出来上がりが楽しみです」(望結)、「お姉ちゃんたちとCMに出られたことは楽しい経験で、これからも3人でお仕事したいなと思いました」(紗来)と笑顔で語った。
ソース

本田3姉妹の純白スケート衣装に釘付け!華麗なスケーティングで初共演 の続きを読む

本田紗来がフィギュア全日本ノービスで初優勝。姉の本田望結が演技を解説

「フィギュアスケート全日本ノービス選手権・第2日」(21日、滋賀県立アイスアリーナ)
ノービス女子Bなどが行われ、同クラスで昨年4位の本田紗来(10)=京都醍醐ク=が初優勝した。76・47点と自己最高には及ばなかったが、高度なジャンプと豊かな表現力を見せ、上級生もいる中で初めて全国大会を制した。「去年は表彰台に乗れずに悔しかった。この大会のために頑張って練習してきたからうれしい」と笑顔を咲かせた。
3回転ルッツ、2回転半-3回転トーループの連続ジャンプなどを成功させ「すごくうれしい」と満足げ。姉の真凜、望結、兄の太一のフィギュア4きょうだいの末っ子は「きょうだいにアドバイスをもらえるからジャンプを跳べるようになった」と感謝した。それだけに、ミスがあった3回転フリップについては「2試合連続失敗したので悔しい」と反省しきりだ。
この日は早朝3時に起床した真凜から、メークと髪のセットをしてもらった。その姉は、GPシリーズ初戦に向けて同日に渡米。「楽しんでね」と助言を受け「笑顔で滑ることができた。お姉ちゃんも優勝してねとメールで送りたい」と話していた。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hspo

 

 

本田紗来がフィギュア全日本ノービスで初優勝。姉の本田望結が演技を解説 の続きを読む

1 2 3 4 5 6 13