本田真凜 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 28

実力は本物! 可愛すぎるフィギュア女子・本田真凜は平昌五輪の金メダルを狙う

3月15日からフィギュアスケート世界ジュニア選手権が台北で行なわれ、日本からは「可愛すぎるフィギュアスケーター」としてさらに注目が集まっている15歳の本田真凜(ほんだ・まりん)も出場した。
昨年のこの大会で優勝している本田はその後、JALのCMに起用されるなど注目度が一気に上昇。連覇を狙う今年も大舞台での勝負強さを見せ、ショートプログラム(SP)、フリーともにノーミスの演技を披露した。「練習を含めてもノーミスをすることは1年間を通して片手で数えられるくらいだけど、今回は何か『できる』という感覚がありました。その通りにできたのと、点数がついてきたのはよかったと思います」と笑みがこぼれた。
しかし結果は、ジュニア世界歴代最高記録を更新する208・60点で優勝したアリーナ・ザギトワ(ロシア)に次ぐ201・61点で2位。順位が決まってから、悔しそうな表情を見せながらも本田はこう話した。
「この1年間すごく悔しいことも辛いこともたくさんあったけど、それが生きてきたんだなとも感じました。だからもっと強く…技術面でも表現の面でも精神面でも、もっと強い選手になっていかなければいけないと思いました。途中できついところもあったけど、すべての力を振り絞ってできたのはよかったなと思っています。目指した順位でなかったのは悔しかったけど成長した姿を見せられたし、去年の自分に点数的にも精神的にも圧勝できたかなという気持ちでいるので、次につながると思います」
実際、ジュニアグランプリ(GP)ファイナル優勝と世界ジュニア連覇という目標を持っていた彼女にとって、今シーズンは苦しい1年間だった。
ジュニアGP初戦の横浜大会では「いい自分を見せなければ」という気持ちで臨んだSPで自己記録を10点以上下回る55・47点と予想外の5位。GPファイナル進出が危うくなったが、開き直ったフリーで1位の得点を出し、合計では坂本香織に破れたものの2位に食い込んだ。その2週間後のリュブリャナ杯ではまたしてもSPでミスをしながらもフリーで2位に上げて、なんとかファイナル進出を果たした。続く初制覇を狙った全日本ジュニアではフリーでミスを連発して3位。その時点で世界ジュニア出場権を獲得できなかった。さらに、初優勝を狙ったジュニアGPファイナル(マルセイユ)は、現地に入ってからインフルエンザを発症して棄権。悔しさだけが残ったまま帰国した。
さらに、フランスから帰国して体調が快復したものの、最初の練習はリンクを1周しただけで息が切れるような状態。そんなコンディションだったにもかかわらず、GPファイナルから2週間後の全日本選手権になんとか出場できるまでになると、SPでノーミスの演技、フリーでもミスを最小限にとどめて4位。宮原知子らシニア勢に負けない演技で土壇場での強さを発揮し、世界ジュニア代表の座を手にした。
そんな苦しい思いをしてきたからこそ、シーズン最大の目標にしていた世界ジュニアは平常心で臨めたのだろう。本人は「1ヵ月前くらいはもう少し緊張があるかなと思っていましたけど、試合になると全く緊張感もなくて自分をコントロールできていました。ショートの前日に濱田(美栄)先生から『去年優勝したからといって、ひとりだけハンデがあるわけではない。みんな同じ立場からの勝負。だから、自分だけが特別と思わないように』と言われて緊張がなくなった」と話す。
目標にしていた優勝に届かなかった悔しさも「10分で吹っ切れました」と笑顔を見せた本田。それには理由があった。
「なんで今回、優勝をしたいと思っているのかと考えると、自分でもよくわからないし根拠もないけど、去年立てた目標が今年の世界ジュニア優勝というだけで『絶対に!』という気持ちはあまりないんです。ここで悪い順位で終わったとしても、私が目指しているのはここではなくて、もっと大きな試合。もちろん目標を達成してシニアに上がれたら一番いいですけど、そうじゃなくても気持ちをドンドン切り替えていけると思う」
そう話すように、彼女の視線はすでにシニアでの戦いに向かっている。
今回の200点突破で、来季の五輪代表争いに割り込んでいける力があることを示した。この得点は日本勢では宮原知子に次ぐ2番目だが、ジュニアのフリーはコレオシークエンスがないため、その要素を加えれば得点はまだ伸びる。
しかも、今回の世界ジュニアで優勝したザギトワに演技構成点ではSP、フリーとも勝っていた。それほど、スケートの技術や表現などに対する世界のジャッジの評価も高い。現在の世界の勢力図を見れば、強力なのはロシア勢だ。今季のシニアでは世界歴代最高の229・71点を記録したエフゲニア・メドベージェワを筆頭に216・47点のアンナ・ポゴリラヤ、205・90点を出しているエレーナ・ラジオノワがいる。また、来季はザギトワもシニアに上がってくる。
日本には抜群の安定感を誇る宮原がおり、カナダのケイトリン・オズモンドも力をつけてきている。今季は低迷しているが、アシュリー・ワグナーやグレイシー・ゴールドらアメリカ勢もこれから本調子になってくるはずだ。そんな強力なライバルたちがひしめきあう女子フィギュアスケートで、本田はどこまで戦えるか。次のシーズンに向けて、さらに注目度が上がっていきそうだ。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/articleboyz-spo

実力は本物! 可愛すぎるフィギュア女子・本田真凜は平昌五輪の金メダルを狙う の続きを読む

本田真凜が相撲初観戦。琴バウアー、宇良バウアー「見られてよかったです」

「大相撲春場所12日目」(23日、エディオンアリーナ大阪)
フィギュアスケートの本田真凜(15)=関大中=が向正面のマス席で大相撲を初観戦し「稀勢の里さんを見られてうれしかったですし、今日も勝つところを見られてうれしかった」と感想を述べた。
先輩荒川静香の得意技「イナバウアー」から取った琴奨菊の「琴バウアー」や宇良の「宇良バウアー」は知っていたそうで「見られてよかったです」。フィギュアスケートと相撲の違いについては「ずっと稽古をしてきたことをあれだけ短い時間で出すっていうのはスケート以上に緊張するし、一瞬にかける思いが強いと思う」と話した。
子供の頃からスケート一筋できただけに、この日の相撲観戦は有意義だった様子で「野球くらいしか他競技は知らないので新鮮な気持ちで見られた。(力士に)なりたいなとは思わなかったですけど、また見られる機会があれば見に来たい」と結んだ。

ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl-spo

 

本田真凜が相撲初観戦。琴バウアー、宇良バウアー「見られてよかったです」 の続きを読む

本田真凜が来季チャレンジャーシリーズでシニアデビュー羽生&真央の道!

1: 氷上の名無しさん 2017/03/22(水) 14:02:56.14 _USER9
フィギュアスケート世界ジュニア選手権の女子で16年金メダル、17年銀メダルの本田真凜(15=関大中)が来季、国際連盟(ISU)公認の国際試合「チャレンジャーシリーズ」でシニアデビューすることが21日、分かった。グランプリ(GP)シリーズよりはやや格が落ちるものの、得点はISU公認スコアとなり、世界ランクのポイントも得られる。最大目標の18年平昌(ピョンチャン)五輪へ、着実にステップを刻んでいく。
15歳の平昌への青写真が明らかになった。来季シニアに転向する本田。連盟関係者によると世界ジュニアで銀メダルを獲得したことで、GPシリーズに2戦エントリーが確実な状況だ。世界トップクラスが出場するGPシリーズの前に、チャレンジャーシリーズでシニアデビューし、経験を積むことが判明した。関係者は「シニアという舞台に慣れるためにも、(チャレンジャーシリーズに)出ることになるでしょう」と話した。

ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/nex-spo

本田真凜が来季チャレンジャーシリーズでシニアデビュー羽生&真央の道! の続きを読む

本田真凜が台湾から帰国。これからの練習内容に格闘技も取り入れる!まずは大相撲春場所をお兄さんと観戦予定

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で女子銀メダルの本田真凜が20日、大会があった台湾から帰国した。来季はシニアに戦いの場を移して18年平昌五輪(韓国)を目指す。トップスケーターとの戦いに向け“格闘技漬け”になって自分を磨くプランを明かした。
「他のスポーツに興味がある。オフの間にキックボクシング、テニス、空手をしてみたい」。キックにパンチに突きに蹴り。かれんなイメージとは真逆のことに挑戦する。個人トレーナーが空手選手も手掛けていることから、そのつながりで「(空手を)一回はやってみたい」と前のめり。
競技の枠を超えることで「いろんなことを取り入れたい」と体の動きなどをスケートに生かす考えだ。手始めに、大相撲春場所を兄・太一さんと観戦予定。「ここぞという試合で爆発できる選手になりたい」と目を輝かせた。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp000057-spnan

本田真凜が台湾から帰国。これからの練習内容に格闘技も取り入れる!まずは大相撲春場所をお兄さんと観戦予定 の続きを読む

本田真凜“自分へのご褒美は韓国旅行「ファッションが好きなので、楽しみ」

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権女子銀メダルの本田真凜(15=関大中)が20日、大会があった台湾から帰国した。関西空港で取材に応じ、“自分へのご褒美”として韓国旅行に出かける計画を明かした。
「ずっと行きたいと思っていた。2日間だけ、スケート靴を持たずに行きたい。スケート靴を持たずに旅行に行くことはあまりない。ファッションが好きなので、楽しみ」
中学を卒業し、4月から高校生。ジュニアも今年で卒業となり、来季はシニアデビューをする。目指すのは18年平昌五輪。「昨年の全日本選手権で(五輪に)出たいという気持ちが強くなった。変わらず出たいと思っている」。韓国旅行は都市部を満喫すると見られるが、国の雰囲気を肌で感じられるのはスケートリンク上でもプラスに働くはず。五輪1年前のいい“現地視察”になるかもしれない。
ソース


本田真凜“自分へのご褒美は韓国旅行「ファッションが好きなので、楽しみ」 の続きを読む

本田真凜の次のピークは「平昌」そして5年後には引退!?「妹とは戦いたくない」&バンケット写真を公開

【台北(台湾)19日=高木恵】フィギュアスケート世界ジュニア選手権2位の本田真凜(15)=関大中=が大会から一夜明けた19日、会場で取材に応じた。ノーミスをそろえた極限の集中力について「年に1回しか使えない。1年間お預けです」とニッコリ。来季、1年に1度のゾーンウィークを代表選考を兼ねる年末の全日本選手権ではなく、あえて平昌五輪に合わせる考えを明かした。
五輪代表入りへ、まずは全日本選手権へ1度ピークを合わせる選手がほとんど。しかし、真凜は首を振った。「平昌?」の問いに大きくうなずいた。来季のショートプログラムは「今までとは違う曲。あえてこの大切なシーズンに冒険したい」と型にはまらない真凜流で戦う。
22年北京五輪引退プランも飛びだした。「平昌か北京で金メダルを取って妹たちに譲りたい」。妹の紗来(9)が最短で北京の翌シーズンにシニアに上がるため、姉妹で争いたくないという思いがある。「去年はスタート位置で用意、今年はドン!て感じ。ここから全力で駆け抜けたい」。5年後、妹にバトンを渡す。


ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hlsph-spo 

本田真凜の次のピークは「平昌」そして5年後には引退!?「妹とは戦いたくない」&バンケット写真を公開 の続きを読む

本田真凜「10分くらい悔しかったけど、今はもう大丈夫です」世界ジュニア一夜明け

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権2位の本田真凜(15)=関大中=が大会から一夜明けた19日、会場で取材に応じた。「試合の前は負けたらもっと悔しいと思っていたけど、意外にすぐに切り替えられた。10分くらい悔しかったけど、今はもう大丈夫です」と笑顔を見せた。
ノーミスの演技で201・61点をマークした直後、ロシアのアリーナ・ザギトワ(14)が自身のジュニア歴代記録を更新する208・60点をたたき出し敗れた。「元々から互いに完璧な演技をした時に負ける構成。それを自分が完璧にやって、一瞬でも勝てると思った自分が情けない」と振り返った。
妹の望結(12)と紗来(9)に「いいお姉ちゃんを見せてあげて」と浜田美栄コーチに送り出されて臨んだフリーで見せたパーフェクトな演技。普段から辛口の紗来からはSPの後に「スピンはなんでレベル3なの?」と突っ込まれたというが、フリーの後は「『すごい良かった』って言われてうれしかった」と話した。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/

 

本田真凜「10分くらい悔しかったけど、今はもう大丈夫です」世界ジュニア一夜明け の続きを読む

1 2 3 4 28