本田真凜 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 24

3姉妹揃って仲良し。本田真凜が練習拠点の関大でエキシビションを披露し地元ファンを魅了

 

フィギュアスケート世界ジュニア選手権で2連覇を目指す本田真凜が12日、地元のファンを魅了した。
練習拠点の関大たかつきアイスアリーナで「高槻市民ウインタースポーツデイ」に参加。同アリーナを練習で使用する選手が集うもので、兄太一(18)、妹で女優の望結(みゆ、12)、紗来(さら、9)らとエキシビションを披露した。
イベントの募集人数は200組400人。同市によると約2倍となる390組780人からの応募があったという。この日集った当選者を前に、真凜は今季のショートプログラム曲「スマイル」に乗って演技。ジャンプを全て成功させた滑りに、スタンドから大きな拍手が送られた。
フィナーレでは今季限りで現役引退する上野沙耶(22=関大)が「このような素晴らしい環境でできるのは、温かいご支援をいただいている高槻市民のみなさんのおかげです」とあいさつ。閉会後も出演者で集合写真に納まるなど、笑顔が絶えない時間となった。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/ 

 

C4ck2ukVMAUdXiV

C4ciPJ9UEAA6eln
3姉妹揃って仲良し。本田真凜が練習拠点の関大でエキシビションを披露し地元ファンを魅了 の続きを読む

本田真凜効果で史上初の世界ジュニア大会ゴールデンタイム生中継が決定

AS20170208001408_comm

345: 氷上の名無しさん 2017/02/09(木) 15:13:11.74

「真凜効果で史上初のジュニア大会ゴールデンタイム生中継」

世界ジュニアフィギュアスケート選手権
女子フリー
3月18日(土)夜7時から生中継

1f9p3yj

81qMf34

3月の世界ジュニア選手権(台北)

本田真凜効果で史上初の世界ジュニア大会ゴールデンタイム生中継が決定 の続きを読む

田村岳斗コーチが公式ブログで本田真凜選手の全中優勝を報告

283: 氷上の名無しさん 2017/02/08(水) 23:29:18.02

ヤマトって本当にかっこいい

うちのチームからは本田真凜、白岩優奈の2人がフリーまで進みました。
(全中はフリーまで進むのが本当に大変なんです。)
真凜は今シーズンは2位、3位という結果が多く、
今回の優勝が、次への意欲、自信につながってほしいと思っています。

ジャンプでは他の選手に跳び負けていましたが、
コンポーネンツスコアに救われる結果になりました。
ただ、この部分をいつまでもアテにしているわけにはいきません。
ジャンプに自信がつけば、余裕ができた分スピン、
ステップ、演技や振付け、技と技のつなぎなどにもっと意識を向けられ、
コンポーネンツスコアにもいい影響があると思っています。
(まずジャンプの自信の部分が誰にとっても大変ですが。)


4位になった白岩優奈は、国体からの連戦でコンディションが
万全ではない中での出場になりました。
今回の第一優先はこれ以上状態が悪くならないようにする事。
それを守った上で今やれる事はしてくれました。


2人は少し休んでから世界ジュニアに向けた練習が始まります。
真凜は前回チャンピオンですから、目指すところは1つ。

優奈は前回4位で表彰台を逃して、悔しい思いをしています。
表彰台への気持ちは強いでしょうが、今はアツくなりすぎず、状態を上げていく事。
ベストコンディションで戦えればチャンスはあると思っています。

post-thumb-500x670-11816

no1-thumb-500x674-11819

田村岳斗公式ブログ
http://www.jsports.co.jp/skate/yamat

田村岳斗コーチが公式ブログで本田真凜選手の全中優勝を報告 の続きを読む

輝いてる本田真凜。世界ジュニア連覇へ「自信もある」

 

「フィギュアスケート・全国中学校スケート大会」
フィギュアスケートの女子フリーが行われ、3月の世界ジュニア選手権(台北)で連覇を狙うSP首位の本田真凜がフリーも1位の124・07点をマークし、合計188・93点で初優勝した。男子は木科雄登が合計182・35点で初優勝を飾った。
これが昨季世界ジュニア女王の貫禄だ。本田は3回転フリップが2回転になるなど2つの連続ジャンプで回転が抜けたが、大きく崩れることなく演技をまとめて優勝。表現力を示す5項目の演技点ではただ一人7点台後半をズラリと並べ、格の違いを見せつけた。
「納得いく演技ではなかったけど、落ち着いて滑れた」。ほぼミスのなかった昨年のフリー演技は123・17点だっただけに、今年はミスがありながらそれを上回り「成長が見えてよかった」とにっこり笑った。
ただ、必要以上の感慨はない。「自分の中での本番は世界ジュニア。そこで結果を残さないと」と切り替え。「去年は優勝なんて無理って気持ちだったけど、今年は絶対優勝と思っている。楽しみで、自信もある」とあらためて連覇を誓った。
大舞台前の最後の試合を終え、「いまは練習したいって思う。1年ぶりかな(笑い)」。課題も見つかり気分は上々。練習嫌いの本田が“本気真凜”にギアチェンジする。

C4GCjsJWYAAGclz

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/h00022-dal-spo

 

 

輝いてる本田真凜。世界ジュニア連覇へ「自信もある」 の続きを読む

全国中学校スケート大会で本田真凜が初優勝。フリーでもトップに 

       
全国中学校スケート大会最終日は7日、長野市ビッグハットなどで行われ、フィギュア女子は本田真凜(15)が合計188・93点で初優勝を飾った。
前日(6日)のショートプログラムで64・86点をマークして首位発進した本田は、この日のフリーではジャンプで細かなミスが出たものの、トップの124・07点だった。
3月の世界ジュニア選手権(台湾)では13、14年大会を制したエレーナ・ラジオノワ以来、史上2人目となる連覇を狙う。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hlannex-spo

C4CosLEUoAAkIu5

全国中学校スケート大会で本田真凜が初優勝。フリーでもトップに  の続きを読む

全国中学校大会で本田真凜がツインテールにイメチェン「ジャンプ跳びやすい」SP首位発進

フィギュアスケート 全国中学校大会 第2日
女子ショートプログラム(SP)B組が行われ、昨季世界ジュニア女王の本田真凜(15)64・86点をマークし、首位に立った。
得意とする3回転ループで手をつくミスがあったが、ノーミスが続いていたSPでの小さなミスを歓迎した。「今日のループの失敗は自分の中ではちょっとうれしいです。今回失敗したから次は大丈夫という気持ちになっているので」。連覇がかかる3月の世界ジュニアへの好材料とした。
髪形をポニーテールからツインテールに変更し、イメチェン。「一つだと気のせいかもしれないけど、ジャンプの時にちょっと振り回される感じがあって。この前のアイスショーで、2つだとバランスが取れて跳びやすいことがわかった(笑い)」と、最後まで真凜節は全開だった。
SP上位18人が7日のフリーへ進んだ。

C39eMHFVUAQlfVI

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl00097-sph-spo

 

https://twitter.com/marin_channel/status/828421359785037825

全国中学校大会で本田真凜がツインテールにイメチェン「ジャンプ跳びやすい」SP首位発進 の続きを読む

全国中学校スケート大会に向け本田真凜が異例の失敗宣言?「ノーミス続くと不安」

フィギュアスケート世界ジュニア女王の本田真凜(15=大阪・関大中)が4日、超異例の「失敗宣言」だ。今日5日に始まる全国中学校スケート大会同競技の会場、長野・ビッグハットで公開練習に参加。明日6日のショートプログラム(SP)に向け「ノーミスだと不安になる。あんまり“ノーミス券”は使いたくない」と独特の表現でケロリと言った。
【写真】本田真凜「豆もまけてない」節分忘れ本番モード
初の中学日本一にこだわりはなかった。最大の目標は3月の世界ジュニア選手権(台北)2連覇。大舞台までの仕上がりを逆算する中で、演技の「ノーミス」を限定チケットに例えた。「今季のSPはノーミスが続いている。だから、ちょっと(ミスして)落ちて、上がりたい」。3位だった昨年の本大会もミスがあったSPは4位。「どうしよう…と思ったけれど、世界ジュニアで優勝できた」と経験が心にゆとりを持たせる。
世界ジュニアの後には、横綱稀勢の里のお披露目となる春場所で大相撲を初観戦する予定だ。心から楽しむためにも、結果は残したい。そんな真凜が常に意識しているのは「みんなが勝つと思っていない試合で勝てる選手」になること。その目標に向かって、18年平昌冬季五輪への道のりをぶれずに進む。【松本航】

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hrts-spo

  全国中学校スケート大会に向け本田真凜が異例の失敗宣言?「ノーミス続くと不安」 の続きを読む

1 2 3 4 24