本田真凜 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 50

能登直さんが撮影した本田真凜選手の素敵ショットを公開。可愛すぎるとファンも大興奮

620: 氷上の名無しさん 2017/10/15(日) 14:44:54.20
羽生結弦の写真集で有名なカメラマンのホームぺージ

能登直さんが撮影した本田真凜選手の素敵ショットを公開。可愛すぎるとファンも大興奮 の続きを読む

グランプリシリーズ開幕まで各選手がカウントダウン。今日は宇野昌磨選手。

35: 氷上の名無しさん 2017/10/14(土) 14:43:36.18
今日のカウントダウンは宇野っち

こんにちは。
#グランプリシリーズ 開幕まで あと6日!本日 カウントダウンしてくれるのは #宇野昌磨 選手です!宇野選手は第2戦カナダ大会と第5戦フランス大会に出場します!
【グランプリシリーズ 開幕戦 ロシア大会】
来週20日(金)よる8時から2夜連続で放送!!

テレビ朝日

https://www.facebook.com/tvasahifigure/

 

 

グランプリシリーズ開幕まで各選手がカウントダウン。今日は宇野昌磨選手。 の続きを読む

グッと!スポーツ完全版に本田真凜が登場。本田家の教育法や食生活などを紹介

9: 氷上の名無しさん 2017/10/10(火) 23:02:13.75
完全版面白かった。

グッと!スポーツ完全版に本田真凜が登場。本田家の教育法や食生活などを紹介 の続きを読む

伊紙選出の五輪の新女王候補7人に本田真凜がノミネート&グッと!スポーツ完全版を今夜22時25分から放送

イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」がソトニコワに代わる新女王候補を選出
 
フィギュアスケートは平昌五輪イヤーが本格始動。女子はソチ五輪金メダリストのアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が足首の故障で欠場を発表し、新女王の誕生に大きな注目が集まっている。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」では平昌五輪の金メダル候補7人を選出。“神セブン”には世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)とともに、日本からも本田真凜(関大高)ら3人が堂々のノミネートを果たした。
イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、グランプリシリーズ第1戦のロシア大会(20日開幕・モスクワ)に出場予定のカロリーナ・コストナー(イタリア)をフィーチャー。銅メダルに輝いたソチ五輪に続く表彰台を目指す30歳は、先のフィンランディア杯(フィンランド・エスポー)ではマリア・ソツコワ(ロシア)に次ぐ銀メダルだったが、「正しい道を進んでいる」と分析している。
「ジャンプは持続性がもっと必要だけど、できると信じている」
こう語ったというコストナーに対し、記事では「芸術的な評価は宝石のように高いが、技術的には成長しなければならない」とも指摘。技術面ではまだ向上の余地があるとしている。
世界女王メドベージェワ、ザギトワら4選手に加え、本田、三原、樋口と日本勢3人また紙面では、ソトニコワに代わって平昌五輪で新女王に輝く可能性がある選手7人を特集している。
筆頭候補は世界女王のメドベージェワ。それに15歳のアリーナ・ザギトワ、17歳のソツコワというロシア勢が登場し、日本の若き精鋭も続いた。樋口新葉(日本橋女学館高)、三原舞依(シスメックス)とともに、シニア初参戦となる本田真凜の名前が挙げられている。7人目には、21歳のケイトリン・オズモンド(カナダ)が入った。
「グランプリシリーズ・ファイナル2017」の記者会見では、「不撓不屈」と抱負を記した本田。気合い十分の16歳をはじめ、樋口、三原と日本勢は欧州メディアからもメダル候補とその実力を評価されている。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/aspo

伊紙選出の五輪の新女王候補7人に本田真凜がノミネート&グッと!スポーツ完全版を今夜22時25分から放送 の続きを読む

カーニバルオンアイス2017。本田真凜選手の新SP『The Giving』を初披露

934: 氷上の名無しさん 2017/10/09(月) 07:53:46.41

本田真凜ちゃんの新SP『The Giving』

 

 

カーニバルオンアイス2017。本田真凜選手の新SP『The Giving』を初披露 の続きを読む

本田真凜、今季のテーマは 「不撓不屈」の精神でGP初挑戦。平昌五輪も「近い目標」

フィギュアスケートのGPファイナルの会見が8日、都内で行われ、シニア初参戦となる本田真凜(16=関大高)らが抱負を語った。
GPシリーズは第1戦のロシア・モスクワ大会(20~21日)を皮切りに計6大会が行われ、ファイナルは愛知・名古屋の日本ガイシホール(12月7~10日)で開催される。
各選手がフリップに今季のテーマを書き、本田は「不撓不屈」と決意表明。第2戦のカナダ・レジャイナ大会(28~30日)、第3戦の中国・北京大会(11月3~5日)に出場するが「強い志を持って諦めない」と意気込んだ。
7日のジャパン・オープン(埼玉・さいたまスーパーアリーナ)では自己ベストを記録したものの、女子フリーで6人中5位に終わり「久しぶりに悔しさがあった」と反省。それでも「必要なものや足りないものを教わった」と気持ちを切り替えた。
来年の平昌五輪については「夢じゃなくて近い目標。勢いを出したい」と話した。
ソース

本田真凜、今季のテーマは 「不撓不屈」の精神でGP初挑戦。平昌五輪も「近い目標」 の続きを読む

本田真凜「このままではシニアだと通用しない。見つめ直したい」自己ベストも女子5位世界の壁痛感

「フィギュアスケート・ジャパンオープン」(7日、さいたまスーパーアリーナ)
フリーだけで競われるフィギュアスケートの日本、欧州、北米チーム対抗戦が行われ、本田真凜(16)=関大高=は、133・41点をマーク。SPのないオープン大会のため、参考記録ながら、今季2戦目にして今年3月の世界ジュニア選手権の133・26点を上回る“自己ベスト”の得点だった。しかし女子の中では6人中5位に終わり「シニアでは通用しないと感じた。見つめ直したい」と厳しい表情で振り返った。
冒頭の3回転ルッツ、続く3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプを鮮やかに決めると、フリー「トゥーランドット」の重厚な音楽にのって演技。ステップの取りこぼしや後半の3回転フリップの着氷が乱れるなどのミスもあったが、その中でも演技をまとめた。
試合を振り返った真凜は「ジュニアならこの演技で満足してたかもしれないけど、シニアでは通用しないと感じた。見つめ直したい」と世界の壁を痛感した様子。この大会で得たものを問われると「悔しさです」ときっぱりと話した。
「練習から(周りの選手が)すごいなぁと思って気持ちで引いてしまったのを直したい。もう少し自分に自信を持って練習から頑張りたい」。目標である平昌五輪出場へ、決意を新たにした。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/h-spo

 

 

本田真凜「このままではシニアだと通用しない。見つめ直したい」自己ベストも女子5位世界の壁痛感 の続きを読む

1 2 3 4 50