本田真凜 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 59

全日本選手権2017。女子SP坂本花織が予想をはるかに超える演技で首位発進。2位は宮原知子、3位は本郷理華

フィギュアスケートの全日本選手権は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、坂本花織(シスメックス)がシーズンベストの73.59点で首位。大会3連覇中の宮原知子(関大)は73.23点で2位、本郷理華(邦和スポーツランド)が70.48点で3位。樋口新葉(日本橋女学館高)は68.93点で4位、最終滑走の本田真凜(関大高)は66.65点で6位だった。先のジュニアグランプリ(GP)ファイナルで国際スケート連盟(ISU)公認大会で女子史上初のトリプルアクセル(3回転半)-3回転トーループの連続ジャンプを成功させた紀平梨花(関大KFSC)は66.74点で5位に入っている。
14番滑走で登場した全日本ジュニア選手権女王の紀平は、冒頭のトリプルアクセルを完璧に成功。3回転ジャンプ1本が回転不足になってしまったものの、「カンフーピアノ」に合わせて華麗なパフォーマンスを演じ、66.74点の高得点をマーク。12月のジュニアGPファイナルでISU公認大会で女子史上初のトリプルアクセル-3回転トーループの連続ジャンプを成功させた15歳のニューヒロインが、シニア初の全日本選手権で存在感を示した。
紫の衣装をまとった四大陸選手権覇者の三原は、最初の3回転-3回転の連続ジャンプに成功するも、中盤のダブルアクセルでミス。演技後には厳しい表情で肩を落とす場面も見受けられ、得点も64.27点だった。
全日本女王・宮原はノーミス演技で73.23点…本田はジャンプミスで得点伸びず
 
24番手の坂本は、後半にジャンプを固めた難易度の高い構成に挑戦。鮮やかなスピンとステップに加え、3回転-3回転を含めた3本のジャンプをすべて成功させると、演技を終えた瞬間にガッツポーズが飛び出した。シーズンベストの73.59点で、この日初の70点超えを果たしている。
GPファイナルに出場した樋口は、冒頭のジャンプが抜けてしまうミス。その後、3回転-3回転の連続ジャンプを成功させるなど立て直し、スピンや表情でも魅了したが、得点は70点台に届かず68.93点だった。
大会3連覇中の宮原は冒頭の3回転-3回転の連続ジャンプに成功。スピンやステップでも安定した演技を見せてミスなく演技をまとめ、坂本に続く73.23点をマークした。続く本郷は、冒頭の3回転-3回転の連続ジャンプから迫真のパフォーマンスを披露。華麗にステップを決めて演技を終えると、会場からは大きな拍手が起こり、思わず目元を拭う場面も。得点も70点の大台を超えて3位につけた。大トリを飾った本田は、冒頭の3回転-3回転に成功するも、後半のジャンプで転倒。66.65点で6位だった。
日本女子勢は平昌五輪の出場枠は「2」。五輪最終選考会となる全日本選手権は優勝者が五輪出場内定となるだけに、頂点を巡る“銀盤の妖精”たちの争いは、23日のフリーでいっそう熱を帯びそうだ。
ソース

 

全日本選手権2017:坂本花織:SP

全日本選手権2017。女子SP坂本花織が予想をはるかに超える演技で首位発進。2位は宮原知子、3位は本郷理華 の続きを読む

全日本選手権2017。本田真凜の変化・・・逆転五輪へ甘さ捨て「金の羽」衣装で挑む

18年平昌(ピョンチャン)五輪代表最終選考会となるフィギュアスケートの全日本選手権が今日21日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。20日は本番会場で公式練習が行われ、女子の本田真凜(16=大阪・関大高)がショートプログラム(SP)用に自らがデザインした紫の衣装を初披露した。五輪代表争いでは1歩リードする宮原らを追う展開で、優勝すれば初めての五輪が決定。最低でも表彰台が求められる。21日は女子とペアのSPが行われる。
11月25日にオープンした会場に負けぬ、キラキラとした装飾が本田の上半身を彩った。氷上で体を温め、黒のジャージーを脱ぐと、とっておきの紫の衣装が披露された。そこから苦労していた3回転フリップの成功率を上げ、実りの多い最終準備を完了。「出るからには、自分の目標にしている五輪を目指したい」と柔らかい笑顔で言い切った。
実戦は約1カ月半ぶりだ。11月初旬のグランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯を終えて日本に戻ると、SP「ザ・ギビング」の新しい衣装をデザイン。「ピンクを卒業して、今までにない感じを」と紫をチョイスし、生地にもこだわった。見どころは背中にさりげなく描いた金色の鳥。ちゃめっ気たっぷりに「(鳥のように)羽ばたけるように頑張ります」と笑わせた。
見た目だけでなく、スケートも仕上げてきた。「嫌い」と公言するスピンの練習量を増やし、辛口の浜田コーチも「真凜にしてはよくやってくれた」と変化を認めた。理由は1つ。「自分の人生の中ですごく大きな課題が今、待っていると思う。後悔がないように練習できればと思って頑張りました」。五輪を本気で目指すため、甘さを捨てた。
五輪代表争いにおいては、GPファイナルに出場した宮原らを追う立場だ。それでも諦めない。4年前、さいたまスーパーアリーナでの全日本選手権をスタンドで観戦し「4年後はあそこに加わりたい」と目を輝かせた。滑走順抽選で引いた最終30番も「この番号を大切にして滑りたい」と迷うそぶりすら見せずに歓迎。とっておきの勝負服と共に、上位のライバルたちをまくり上げる。【松本航】

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl9-nksports-spo

 

 

全日本選手権2017⛸
今年は新たな試みとして☝🏻
シングル出場全選手のインタビューを生配信します😊✨
こちらから👇ご覧ください

 

全日本選手権2017。本田真凜の変化・・・逆転五輪へ甘さ捨て「金の羽」衣装で挑む の続きを読む

本田真凜が平昌へ意欲「家族やみんなの期待に応えたい」

平昌五輪代表の最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権(21~24日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)の公式練習が20日に行われ、本田真凜(16=大阪・関大高)が代表入りに意欲を見せた。
2枠を争うライバルとなる宮原知子(19=関西大)や樋口新葉(16=日本橋女学館)とともに公式練習の第1グループに入った本田は「試合のような感じで練習できた。調子は良くも悪くもない」。
5位に終わった中国杯からの1か月半で「納得のいく練習ができた」と手応え十分。優勝しなければ五輪出場は厳しい状況だが「今シーズンで一番の演技をする。応援してくれる家族やみんなの期待に応えたい」と代表入りへの思いは強い。
この日の公式練習ではショートプログラム(SP)で使用する新しい衣装を着用。「生地を選んだり、初めて自分でデザインしました。背中にさりげなく金色の鳥がいる。一緒に羽ばたきたい」
その後行われた抽選で、SPの滑走順は最終30番目に決定。「(何か)やると思ったけど、やったわ~と思いました」と笑顔だった。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/h00000054-tospoweb-spo

 

 

本田真凜が平昌へ意欲「家族やみんなの期待に応えたい」 の続きを読む

全日本選手権の公式練習に参加した本田真凜。自らデザインした紫衣装でいざ勝負!「これを着て頑張る」 

「フィギュアスケート・全日本選手権(21日開幕、武蔵野の森総合スポーツプラザ)
平昌五輪代表選考会を兼ねる大一番の公式練習が20日、行われた。女子の公式練習に参加した本田真凜(16)=関大高=は、SP「ザ・ギビング」の曲をかけ、フリップ-トーループの連続3回転ジャンプなどを確認した。
前日に届いたばかりというスカート部分がパープルのきらびやかな新衣装をお披露目。「自分で全部初めてデザインしました。明日はこれを着て頑張りたい」と意気込んだ

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl-00000071-dal-spo

 

全日本選手権の公式練習に参加した本田真凜。自らデザインした紫衣装でいざ勝負!「これを着て頑張る」  の続きを読む

全日本選手権2017。女子SP滑走順を発表。本田真凜選手が最終滑走を引き当てる

521: 氷上の名無しさん 2017/12/20(水) 18:59:13.29
大トリだw

 


全日本選手権2017。女子SP滑走順を発表。本田真凜選手が最終滑走を引き当てる の続きを読む

「印象に残っている冬のスポーツ選手TOP10」1位羽生結弦 2位浅田真央 3位葛西 4位高梨沙羅…9位本田真凛 10位上村愛子

1: 氷上の名無しさん 2017/12/16(土) 19:15:21.67 _USER9

2017年12月15日(金)午前11時55分~日本テレビ(日テレ)系で放送の「ヒルナンデス!」より

■超限定マーケティング

場所や世代を超限定してランキング、TOP10は何かを当てるコーナー

ヒルナンデス 20171215
20~50代の女性が選んだTOP10
Q、印象に残る冬のスポーツ選手は?

1位 羽生結弦
2位 浅田真央
3位 葛西紀明
4位 高梨沙羅
5位 荒川静香
6位 原田雅彦
7位 高橋大輔
8位 宇野昌磨
9位 本田真凜
10位 上村愛子

「印象に残っている冬のスポーツ選手TOP10」1位羽生結弦 2位浅田真央 3位葛西 4位高梨沙羅…9位本田真凛 10位上村愛子 の続きを読む

平昌五輪について本田真凜「夢じゃなくて近い目標に変わっている」 と心境の変化を語る

来年2月9日に開幕する平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子代表選考を兼ねた全日本選手権が21日に開幕する。代表の座を目指して大舞台に挑む京都出身の選手を紹介する。
 
いつも見せるはじけるような笑顔の奥に、秘めてきた思いがある。悔しさだ。世界ジュニア女王として周囲の高い期待を背負いながら今季シニアデビューした。米国での初戦で優勝したが、フリーのみで競った10月上旬のジャパンオープンは自己ベストの得点を更新したものの、世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)や五輪切符を争う三原舞依(シスメックス)らに大差で敗れた。
 
「久しぶりに悔しかった。今の私の中では大切な気持ち。あと2カ月半、しっかりとためておきたい」。平昌五輪代表を選考する全日本選手権を見据え、再起を誓った。
 
長い手足を生かした伸びやかな滑りと、大人顔負けの豊かな表現力で幼い頃から活躍してきた。優勝した2016年の世界ジュニア選手権など、大舞台になるほど輝きを増す勝負強さも魅力だ。五輪を懸けた今季のSPは初めて聴いて「衝撃を受けた」というピアノ曲「ザ・ギビング」。フリーは、トリノ五輪金メダルの荒川静香さんが演じたオペラ「トゥーランドット」を選んだ。ステップやスピンなど細かな技術も成長中で、どこまで高度な演技を披露できるか注目される。
グランプリシリーズは第2戦のスケートカナダ、第3戦の中国杯ともに5位で表彰台を逃したが、もちろん夢は諦めていない。今季のテーマは「不撓(ふとう)不屈」。強い意志を持ってどんな苦難にもくじけないという意味の言葉を掲げ、自らを鼓舞する。「ジュニアの時と違って、夢じゃなくて近い目標に変わっている」という五輪。スケールの大きな演技を武器に、目標に向かってひた走る。

 

ース

https://headlines.yahoo.co.jp/-00000017-kyt-spo

 

 

平昌五輪について本田真凜「夢じゃなくて近い目標に変わっている」 と心境の変化を語る の続きを読む

1 2 3 4 5 6 59