樋口新葉 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 29

全日本選手権2017。女子SP坂本花織が予想をはるかに超える演技で首位発進。2位は宮原知子、3位は本郷理華

フィギュアスケートの全日本選手権は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、坂本花織(シスメックス)がシーズンベストの73.59点で首位。大会3連覇中の宮原知子(関大)は73.23点で2位、本郷理華(邦和スポーツランド)が70.48点で3位。樋口新葉(日本橋女学館高)は68.93点で4位、最終滑走の本田真凜(関大高)は66.65点で6位だった。先のジュニアグランプリ(GP)ファイナルで国際スケート連盟(ISU)公認大会で女子史上初のトリプルアクセル(3回転半)-3回転トーループの連続ジャンプを成功させた紀平梨花(関大KFSC)は66.74点で5位に入っている。
14番滑走で登場した全日本ジュニア選手権女王の紀平は、冒頭のトリプルアクセルを完璧に成功。3回転ジャンプ1本が回転不足になってしまったものの、「カンフーピアノ」に合わせて華麗なパフォーマンスを演じ、66.74点の高得点をマーク。12月のジュニアGPファイナルでISU公認大会で女子史上初のトリプルアクセル-3回転トーループの連続ジャンプを成功させた15歳のニューヒロインが、シニア初の全日本選手権で存在感を示した。
紫の衣装をまとった四大陸選手権覇者の三原は、最初の3回転-3回転の連続ジャンプに成功するも、中盤のダブルアクセルでミス。演技後には厳しい表情で肩を落とす場面も見受けられ、得点も64.27点だった。
全日本女王・宮原はノーミス演技で73.23点…本田はジャンプミスで得点伸びず
 
24番手の坂本は、後半にジャンプを固めた難易度の高い構成に挑戦。鮮やかなスピンとステップに加え、3回転-3回転を含めた3本のジャンプをすべて成功させると、演技を終えた瞬間にガッツポーズが飛び出した。シーズンベストの73.59点で、この日初の70点超えを果たしている。
GPファイナルに出場した樋口は、冒頭のジャンプが抜けてしまうミス。その後、3回転-3回転の連続ジャンプを成功させるなど立て直し、スピンや表情でも魅了したが、得点は70点台に届かず68.93点だった。
大会3連覇中の宮原は冒頭の3回転-3回転の連続ジャンプに成功。スピンやステップでも安定した演技を見せてミスなく演技をまとめ、坂本に続く73.23点をマークした。続く本郷は、冒頭の3回転-3回転の連続ジャンプから迫真のパフォーマンスを披露。華麗にステップを決めて演技を終えると、会場からは大きな拍手が起こり、思わず目元を拭う場面も。得点も70点の大台を超えて3位につけた。大トリを飾った本田は、冒頭の3回転-3回転に成功するも、後半のジャンプで転倒。66.65点で6位だった。
日本女子勢は平昌五輪の出場枠は「2」。五輪最終選考会となる全日本選手権は優勝者が五輪出場内定となるだけに、頂点を巡る“銀盤の妖精”たちの争いは、23日のフリーでいっそう熱を帯びそうだ。
ソース

 

全日本選手権2017:坂本花織:SP

全日本選手権2017。女子SP坂本花織が予想をはるかに超える演技で首位発進。2位は宮原知子、3位は本郷理華 の続きを読む

平昌切符へ宮原知子「出し切りたい」樋口新葉「一番大切にしている大会」

フィギュアスケートの全日本選手権(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)の開幕を21日に控え、宮原知子(19=関大)や樋口新葉(16=日本橋女学館高)らが20日、会場での公式練習で汗を流した。
2週前のGPファイナルに出場した2人(宮原5位、樋口6位)は、平昌五輪代表争いでややリードしている。宮原は左股関節疲労骨折を乗り越えて今季復帰し、着実にステップアップしてきた。「五輪にはもちろん行きたいけど、ケガを乗り越えてここまで来られた喜びを存分に発揮したい。やってきたことを出し切りたい」。全日本4連覇なら文句なしで代表に決定。2位でも有力視される。
「いつもより少し緊張感がある」と明かした樋口は、「全日本は一番大切にしている試合。ここで結果を出せるように意識してきた」と意気込んでいた。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hlpnannex-spo

 

 

 

平昌切符へ宮原知子「出し切りたい」樋口新葉「一番大切にしている大会」 の続きを読む

全日本まであと3日。飛躍を続ける樋口新葉選手の活躍に期待が集まる

929: 氷上の名無しさん 2017/12/17(日) 12:17:56.22

新葉ちゃん元気そう

 

 

 ✨全日本まであと3日✨女子FILE㉙⛸樋口新葉(ヒグチ•ワカバ)16歳•日本橋女学館
昨季の悔しい思いを経て自己改革👊🏻ケガしない体作り、プログラムは自分らしく☺️🍀今季は好調をキープし続け初めてGPFに出場👀💡飛躍を続けるワカバボンド🔫最大のミッションに挑みます

 

フジテレビスケート

https://twitter.com/online_on_ice/status/

 

全日本まであと3日。飛躍を続ける樋口新葉選手の活躍に期待が集まる の続きを読む

樋口新葉がEX演技を披露。全日本で平昌切符獲得へ「もう休んでいる暇はない」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子で6位だった樋口新葉(16=日本橋女学館高)が競技から一夜明けた10日、取材に応じた。
初の大舞台は、フリーでジャンプのミスがあって今季自己ワーストの202・11点で最下位に終わったが、「失敗しても200点を出せるようになった」と振り返った。
五輪代表2枠を争う全日本選手権は21日に開幕する。「もちろん優勝というのは頭にあるけど、練習してきたことを出せば結果につながる」。大一番まで残り11日。「もう休んでいる暇はない。きのう(9日)に出し切れなかった分、まだパワーが残っている感じ」と闘志を高めていた。
ソース

 

GPファイナル2017:樋口新葉:エキシビション

 

樋口新葉がEX演技を披露。全日本で平昌切符獲得へ「もう休んでいる暇はない」 の続きを読む

平昌代表争いは現時点で宮原知子がややリード・・・全日本で逆転狙う舞依・真凜

◇フィギュアスケート グランプリファイナル最終日(2017年12月9日 名古屋市ガイシプラザ)
平昌五輪の女子の代表枠は2で、全日本選手権(21日開幕、東京)の優勝者がまず決定。2人目は(1)全日本の2、3位(2)GPファイナル出場者上位2人(宮原、樋口)(3)全日本終了時のISU世界ランク上位3人(宮原、本郷理華、樋口)(4)全日本終了時のISU今季世界ランク上位3人(樋口、坂本花織、宮原)(5)全日本終了時のISU今季自己ベスト上位3人(樋口、宮原、坂本)のいずれかを満たす選手の中から総合的に判断して選出する(3、4、5は9日現在)。
今大会で表彰台に上がれなかったがファイナル出場を満たし、日本勢トップとなった宮原がややリードする展開だろう。現在は選考対象ではない昨季の四大陸選手権を制した三原舞依、本田真凜も全日本で逆転を狙う。

 

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl0000071-spnannex-spo

平昌代表争いは現時点で宮原知子がややリード・・・全日本で逆転狙う舞依・真凜 の続きを読む

初出場のGPファイナル6位に終わった樋口新葉「すごく悔しい。緊張して思うように体が動かなかった」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子で樋口新葉(16=日本橋女学館高)は合計202・11点で最下位の6位に終わった。
「007 スカイフォール」のフリーで3回転サルコーや演技後半のルッツ―トーループの連続3回転でミスが出た。「すごく悔しい。緊張して思うように体が動かなかった」と振り返った。
フリーの128・85点、合計202・11点はともに今季自己ワースト。21日開幕の全日本選手権(東京)で初の五輪代表を狙う。「これ以上自信をなくさないように練習したい」と巻き返しを誓っていた。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hlnannex-spo

 

 

 

初出場のGPファイナル6位に終わった樋口新葉「すごく悔しい。緊張して思うように体が動かなかった」 の続きを読む

GPファイナル2017。女子フリー宮原知子は5位に終わる。樋口新葉は悔しい最下位 

◇フィギュアスケートGPファイナル最終日・女子フリー(2017年12月9日 名古屋市ガイシプラザ)
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は9日、名古屋市ガイシプラザで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の宮原知子(19=関大)は合計213.49点で5位。同5位の樋口新葉(16=日本橋女学館高)は合計202.11点で6位だった。優勝は合計223.30点のアリーナ・ザギトワ(15=ロシア)。
首位に2.43点差でフリーを迎えた宮原の逆転はならなかった。合計で自己ベストをマークした上位2人に対し、フリーで138.88点と得点が伸びなかった。左股関節の疲労骨折で出遅れたシーズン。ファイナルもメドベージェワ(ロシア)の負傷欠場で繰り上がりでの出場だったが、2年連続2位からまたしても頂点に届かなかった。
次戦は平昌五輪最終選考会を兼ねて21日に開幕する全日本選手権に出場する。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/nnex-spo

 

GPファイナル2017:アリーナ・ザギトワ:FS

 

 

GPファイナル2017:マリア・ソツコワ:FS

 

 

GPファイナル2017:ケイトリン・オズモンド:FS

 

 

プロトコル

http://www.isuresults.com/results/season

 

 

表彰式

 

GPファイナル2017。女子フリー宮原知子は5位に終わる。樋口新葉は悔しい最下位  の続きを読む

1 2 3 4 5 29