樋口新葉 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 25

中国杯。樋口新葉が会心の演技でGPファイナルぐいっ!70・53点で僅差2位発進

フィギュアスケート・中国杯第1日(3日、北京)グランプリ(GP)シリーズ第3戦が開幕。女子ショートプログラム(SP)で、樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=が70・53点で2位発進した。本田真凜(16)=大阪・関大高=は66・90点で6位、三原舞依(18)=シスメックス=は本田と同点も技術点で下回り7位。70・65点で首位のガブリエル・デールマン(19)=カナダ=とはいずれも僅差の大激戦で、4日のフリーで日本勢3人とも逆転優勝が可能な位置につけた。
持ち前のスピードは健在だ。舞台鑑賞にバレエ映像を見て洗練した「ドン・キホーテ」の「ジプシーの踊り」。樋口は日本ファンが詰めかけた北京のリンクで滑らかに演じきった。SPで日本勢ただ一人の70点超え。2位発進に頬を紅潮させた。
「70点を超えたのがうれしいです。自分の演技だけに集中できました」
演技後半のルッツ-トーループの連続3回転を流れるように決める。最後の3回転フリップこそ踏み切り方が不明瞭と判断されたが、大きなミスはない。平昌五輪代表2枠をかけた同世代の本田、三原との直接対決で一歩リードした。
今大会で2位に入れば、昨季のGPファイナルの進出ライン(24ポイント)に到達する。ロシア杯3位の成長株は、6人しか進めない頂上決戦出場へも前進した。
技術も心も磨きがかかっている。かねて、進化を求めて世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(17)=ロシア=と交流。ともに出場したロシア杯でも必死に英単語を並べて対話の機会を得た。「緊張すると聞いて、やっぱり人間なんだって思った。それでも彼女はいつも失敗しない。今の自分にはあり得ない」。世界トップの滑りを学ぼうと貪欲な姿勢が実を結んでいる。
GPシリーズ初制覇と五輪代表選考に重要なファイナル進出が懸かるフリーは、4日に行われる。「気が抜けない。ファイナルに行くためにも全力を出し切りたい」。限られた席をめぐる熾烈(しれつ)な争いが、16歳を成長させる。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hspo

 

CoC女子FS滑走時間 (日本時間)
三原舞依 17:53~
本田真凜 18:24~
リーザ 18:32~
ザギトワ 18:39~
樋口新葉 18:47~
ギャビー 18:55~
レーナ 17:03~

 

中国杯。樋口新葉が会心の演技でGPファイナルぐいっ!70・53点で僅差2位発進 の続きを読む

中国杯2017。樋口新葉がSP70・53点で2位発進!本田真凜は6位・三原舞依は7位

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯(3日、北京)女子ショートプログラム(SP)で、樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=が70・53点で2位につけた。本田真凜(16)=大阪・関大高、GP初戦の三原舞依(18)=シスメックス=はともに66・90点だったが、本田が技術点で上回り6位、三原は7位だった。ガブリエル・デールマン(19)=カナダ=が70・65点で首位に立った。
樋口は第1戦のロシア杯で3位に入った。今季シニア転向の本田は、GPデビュー戦だったスケートカナダでは、SPのミスが響いて5位に終わった。昨季の四大陸選手権女王の三原は10月7日のチーム対抗戦、ジャパン・オープンで演じたフリーではISU非公認ながらも日本歴代トップの自己ベストを1・66点上回る147・83点をマークしていた。
日本女子の平昌五輪代表枠は2。12月の全日本選手権優勝者が最優先で決まるが、2人目はGPシリーズ上位6人で争われる同月のファイナル(名古屋)の成績や国際スケート連盟(ISU)公認の今季最高得点などが選考基準となるため、今大会は五輪切符争いに影響する重要な一戦だった。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hlspo-spo

 

中国杯2017:ガブリエル・デールマン:SP

 

中国杯2017:樋口新葉:SP

 

中国杯2017:エレーナ・ラジオノワ:SP

 

 

 

 

GPS🇨🇳2017中国杯
女子SPジャッジスコア

http://www.isuresults.com/results/season

中国杯2017。樋口新葉がSP70・53点で2位発進!本田真凜は6位・三原舞依は7位 の続きを読む

GP中国杯3日開幕。女子は実力者ぞろいで混戦。日本人3人の戦いに注目が集まる 

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯は3日、北京で開幕する。女子は日本勢、海外勢とも有力選手がそろい激戦。わずか2枠の五輪切符を争う日本勢にとっては、今後を占う一戦になる。
日本勢は昨季4大陸選手権優勝の三原舞依(シスメックス)、昨季全日本選手権2位の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、2季前の世界ジュニア女王の本田真凜(大阪・関大高)の代表候補3人がしのぎを削る。昨季世界ジュニア女王のアリーナ・ザギトワ、2015年世界選手権優勝のエリザベータ・トゥクタミシェワ、同3位のエレーナ・ラジオノワのロシア勢や、昨季世界選手権3位のガブリエル・デールマン(カナダ)も出場するなか、好成績を残せれば、世界上位を争える実力をアピールできる。
今季GPシリーズ初戦となる三原は、フリーのみで争う10月のジャパンオープンで147.83点の高得点をマークした。安定感があり、9月の国際大会、オータム・クラシックで評価を得られなかったショートプログラム(SP)の演技と、3回転フリップの踏み切り違反が改善されているかがカギだ。
樋口は9月の国際大会、ロンバルディア杯で合計217.63点の高得点を出すと、10月のGPシリーズ第1戦のロシア杯もミスがありながら合計207.17点で3位。地力は着実に底上げされている。
本田は前週のGPシリーズ第2戦のスケートカナダで5位に終わり、GPファイナル(12月)進出は厳しい。急にジャンプの難度を上げてミスをし、世界のトップがほとんどしないスピンでのレベルの取りこぼしを連発。練習不足が露呈した。2週連続となる今大会で、最終代表選考会の全日本選手権(同)につながる演技ができるかがポイントだ。【福田智沙】

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl2-00000012-mai-spo

GPS🇨🇳2017中国杯/北京
11/3(金)
女子SP 18:10~19:36
日本時間(現地+1時間)
18:10~第1G
18:43~本田真凜
18:50~第2G
19:10~三原舞依
19:17~樋口新葉

ソース

https://twitter.com/oro1_/status/

GP中国杯3日開幕。女子は実力者ぞろいで混戦。日本人3人の戦いに注目が集まる  の続きを読む

中国杯に向け出発。樋口新葉「自己ベストを残せるように。五輪には絶対に行きたい」

フィギュアスケート女子で、平昌五輪代表を狙う樋口新葉(16)=日本橋女学館高=が1日、グランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯に向けて羽田空港を出発した。3位だったロシア杯後は「あっという間だった。確認と、ジャンプのあとの流れとかを練習してきた」と話し「自己ベストを残せるように、1つ1つ、スピンやステップで取りこぼしのないようにしたい」と目標を掲げた。1日で平昌五輪までちょうど100日前で「五輪には絶対に行きたい。でもまだ残っている大会があるので、そこを乗り越えてから考えて行きたい」と五輪出場への決意を新たにした。
最近はプロ野球の日本シリーズに熱中しているという。報道陣に話を振られると「今日(1日)も試合があるんですけど(中国に行くので)見れないのが残念。ツイッターとかで、試合を見たいと思います」と笑顔で話した。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hph-spo

中国杯に向け出発。樋口新葉「自己ベストを残せるように。五輪には絶対に行きたい」 の続きを読む

三原舞依・樋口新葉・本田真凜の3人が五輪代表を争う対決。3日から中国杯いよいよ開幕

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯は11月3日に北京で開幕する。日本勢の女子は平昌五輪代表を狙う三原舞依(シスメックス)、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、本田真凜(大阪・関大高)の3人が出場。2枠しかない代表争いを占う一戦にもなる。
三原は自身の今季GP初戦。10月のジャパン・オープンでは非公認ながらフリーの自己ベストを上回り、ステップや表現の要素で高いスコアを得た。3回転フリップの踏み切り違反など課題もあるが、GPで結果を残して評価を固めたい。
樋口は第1戦ロシア杯で世界女王メドベージェワ(ロシア)、実力者のコストナー(イタリア)に次ぐ3位に入った。合計207点台とまずまず。ルッツ―トーループの連続3回転などジャンプで出来栄え点(GOE)を上積みし、細かいミスをなくせば得点はまだ伸ばせる。
本田はシニアGPデビューとなった第2戦、スケートカナダで5位に終わり足踏みした。連続3回転などジャンプの難度を上げた構成の滑り込みに不安はある。2週連続の試合でどこまで立て直せるか。 
 
ソース

三原舞依・樋口新葉・本田真凜の3人が五輪代表を争う対決。3日から中国杯いよいよ開幕 の続きを読む

スーツ姿の羽生結弦も・・・樋口新葉がインスタにアップした「JAPAN」5人衆に反響「美しきチーム写真」

GPロシア大会で奮闘した“正装姿”5人衆を掲載…海外からも反響「素晴らしいチームワーク」
 
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦、ロシア大会の女子シングル3位に入った樋口新葉(日本橋女学館高)がインスタグラムを更新。男子シングル2位に入った羽生結弦(ANA)ら大会に出場した日本勢の5ショット写真を「Team Japan」と題して掲載し、反響を呼んでいる。
樋口は24日に更新し、一枚の写真を投稿。「Team Japan」とハート付きでコメントを添え、掲載したのは今大会で奮闘した5人の写真だ。
いずれも正装姿で腰に手を回し、左から黒のスーツ姿でストライプのネクタイを決めてカメラに向かってほほ笑む羽生、黒のドレス姿で中央に並んだのが女子シングルの坂本花織、樋口、ペアは須藤澄玲、フランシス・ブドローオデが並んだ。種目は違えど、リラックスした表情の中に日本チームの雰囲気の良さが伝わってくる。
羽生は今大会優勝こそ逃したが、4回転ルッツに成功し、2位に入った。樋口は3位で表彰台に上がり、シニアのGPデビューとなった坂本は5位と善戦。須藤、ブドローオデ組は8位と奮闘した。平昌五輪の団体戦に向けても、日本のチームの団結は強く求められる。
「お疲れさま」「今シーズンも頑張って」という激励とともに、英語でも「美しきチーム写真」「ベストチーム」「素晴らしいチームワーク」と海外のファンからも反響を呼んでいた。GPシリーズは開幕したばかりで今週末は第2戦カナダ大会が開催。日本勢のさらなる躍進に期待したい。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/articl-spo

 

樋口新葉インスタグラム

https://www.instagram.com/p/Banoul_n

スーツ姿の羽生結弦も・・・樋口新葉がインスタにアップした「JAPAN」5人衆に反響「美しきチーム写真」 の続きを読む

樋口新葉が帰国。次戦中国杯で三原・本田と直接対決「自分のことだけに集中」

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪を目指す樋口新葉(16=日本橋女学館高)が24日、グランプリ(GP)シリーズ第1戦のロシア杯から成田空港に帰国した。
ロシア杯は9月のロンバルディア杯でマークした自己ベスト217・63点に及ばない207・17点で、メドベージェワ(ロシア)、コストナーに続く3位。昨季のフランス杯でも3位だったが、「点数も内容も昨季と全然違う。自分の中でも成長できたと思えた試合」と手応えを口にする。
次戦の11月3、4日のGPシリーズ第3戦・中国杯では、三原舞依(18=シスメックス)、本田真凜(16=関大高)と激突。五輪代表を争うライバルとの直接対決となるが、「表彰台に上がれるように調整して、いい結果を出さないといけない。自分のことだけに集中したい」と気合を入れていた。
ソース

樋口新葉が帰国。次戦中国杯で三原・本田と直接対決「自分のことだけに集中」 の続きを読む

1 2 3 4 5 25