樋口新葉 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 7 18

三原舞依・樋口新葉がプーさんを持って応援。安定の可愛さはいつも健在

10: 氷上の名無しさん 2017/04/22(土) 00:31:20.65
プーさん持っての応援可愛い

 

三原舞依・樋口新葉がプーさんを持って応援。安定の可愛さはいつも健在 の続きを読む

好感度アップ?国別対抗戦で全力応援する樋口新葉ちゃんが突き抜けていて面白い

405: 氷上の名無しさん 2017/04/21(金) 17:06:00.01
よく見ると花冠ついてた

三原舞依ラストシンデレラへ上々最終調整。樋口新葉はトリプルアクセルに挑戦

「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(21日、代々木第一体育館)
22日の女子フリーを前に公式練習が行われ、SPで日本歴代3位の72・10点で3位に入った三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=は、自身の代名詞となったプログラム「シンデレラ」にのり、切れ味鋭いジャンプを披露。今季の最後の公式戦とあって「今季最高のシンデレラを見せたい」と“ラストシンデレラ”に向けて、万全の準備を整えた。
SP日本歴代4位の71・41点で5位の樋口新葉(16)=日本橋女学館高=も得点源の連続3回転ジャンプを入念に確認し、上々の内容。今大会の19日の練習で成功させたトリプルアクセルにも2度挑み、転倒したが、意欲的な調整だった。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hdal-spo


三原舞依ラストシンデレラへ上々最終調整。樋口新葉はトリプルアクセルに挑戦 の続きを読む

世界国別対抗戦2017。ロシアのメドベージェワがSP世界歴代最高80・85点!女子初の80点超え。三原舞依3位・樋口新葉5位。日本女子は2人とも自己ベスト更新

フィギュアスケート・世界国別対抗戦第1日(20日、東京・国立代々木競技場)日本など6カ国が参加して開幕。女子ショートプログラムで世界女王エフゲニア・メドベージェワ(17)=ロシア=が自身の世界歴代最高を更新する80・85点をマークし、首位に立った。
メドベージェワは連覇を飾った世界選手権(フィンランド)のフリーで驚異の154・40点をたたき出し、合計233・41点でともに自身の持つ世界歴代最高得点を塗り替えていた。今大会は昨年12月のグランプリ・ファイナルでマークした自己記録79・21点を上回り、女子初の80点超えを果たした。
日本勢は世界選手権5位の三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=は72・10点、樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=は71・41点とそれぞれ自己ベストをマークし、三原は3位、樋口は5位につけた。
参加国は2年前の前回大会3位の日本のほか、カナダ、ロシア、米国、中国、フランス。男女各2人とペア、アイスダンス各1組の順位ごとに与えられる得点の合計で争われる。

ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hnspo-spo 

 

国別対抗戦2017:エフゲニア・メドベデワ :SP

 

 

国別対抗戦2017:エレーナ・ラディオノワ :SP

 

国別対抗戦2017:三原舞依 :SP

 

 

順位 選手名 国名 得点
1位 エフゲーニャ・メドベージェワ rusロシア 80.85
(PB)
2位 エレーナ・ラジオノワ rusロシア 72.21
(PB)
3位 三原舞依 jpn日本 72.10
(PB)
4位 ガブリエル・デールマン canカナダ 71.74
5位 樋口新葉 jpn日本 71.41
(PB)
6位 アシュリー・ワグナー usa米国 70.75
7位 李香凝 chn中国 63.81
8位 カレン・チェン usa米国 60.33
9位 李子君 chn中国 59.76
10位 アレイン・チャートランド canカナダ 59.13
11位 ローリン・レカヴェリエ fraフランス 54.15
12位 マエ・ベレニス・メイテ fraフランス 49.11

ソース

https://live-sports.yahoo.co.jp/live/

 

 

世界国別対抗戦2017。ロシアのメドベージェワがSP世界歴代最高80・85点!女子初の80点超え。三原舞依3位・樋口新葉5位。日本女子は2人とも自己ベスト更新 の続きを読む

世界国別対抗戦2017。各国選手が集まりお祭り大会開幕。海外選手は派手な衣装で登場

508: 氷上の名無しさん 2017/04/20(木) 14:50:40.38
入場

 

世界国別対抗戦2017。各国選手が集まりお祭り大会開幕。海外選手は派手な衣装で登場 の続きを読む

三原舞依・樋口新葉が公式練習に参加。連続3回転を入念チェック

「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(20日、代々木第一体育館)
シーズンのラストを締めくくる世界ランク上位6カ国による国別対抗団体戦の開幕を前に女子が最終調整を行った。
女子は今季、四大陸選手権で優勝するなど飛躍的な成長を遂げた三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=がSP「序奏とロンド・カプリチオーソ」にのせ、連続3回転ジャンプを決めるなどキレのある動きを見せた。
前日の公式練習でトリプルアクセルを決めた樋口新葉(16)=日本橋女学館高=は、この日は3回転半ジャンプは跳ばず。得点源の連続3回転ジャンプやダブルアクセルを入念に確認した。
世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がSPの曲掛け練習で後半に組み込んでいるすべてのジャンプを成功させるなど圧巻のデモンストレーションを見せた。
大会は今日開幕し、初日にはアイスダンス、女子、男子のショートプログラムが行われる。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hldal-ent

 

三原舞依・樋口新葉が公式練習に参加。連続3回転を入念チェック の続きを読む

樋口新葉がトリプルアクセル成功に驚きの声!真央代名詞引き継ぎ平昌五輪目指す

1: 氷上の名無しさん 2017/04/20(木) 01:02:49.32 _USER9

樋口新葉3回転半成功 真央代名詞アクセル引き継ぐ

フィギュアスケートの樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)が19日、現役を引退した浅田真央さん(26)への思いを語った。
この日、樋口はフィギュアスケート世界国別対抗戦(20日開幕)の公式練習で、3回転半ジャンプに、5度挑み、2度成功。前から練習していたが、きれいに決まったのはこれが初めてだった。今大会では挑戦しないが、既に作り終えた来季フリーの2番目のジャンプに単発で入れる予定だ。会心のジャンプに「ふわって浮いて回った。考えすぎずに跳べた」と喜んだ。来季試合で成功させれば、女子史上8人目の使い手と認定される。
トリプルアクセルは、10日に現役引退を発表した浅田さんの代名詞だ。
発表を受け、すぐに自身のツイッターでコメントを寄せていたが、この日の会見でも「もう演技を見られないと思うとさみしい気持ちでいっぱい。みんなから憧れられて、自分の目指している選手だったので悲しいです」と引退を惜しんだ。
見本としてきたトリプルアクセルを引き継ぎ、約10カ月後に迫る平昌五輪を目指す。
ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-01810355-

 


樋口新葉がトリプルアクセル成功に驚きの声!真央代名詞引き継ぎ平昌五輪目指す の続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 18