樋口新葉 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 7 29

ファンも祝福。自身初のGPファイナル出場決定に樋口新葉が驚きのツイート「Omg」。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・スケートアメリカは26日(日本時間27日)、女子フリーで宮原知子(関大)が合計214.03点で優勝。GPファイナル最後の出場枠を争っていたポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)は195.56点で4位、アシュリー・ワグナー(米国)は途中棄権したため、樋口新葉(日本橋女学館高)のシニアとして初となる出場が決まった。
前日のSPで首位に立った宮原は、冒頭の3回転ジャンプに成功。後半のジャンプ4本も全て決め、ステップなど技術面などでも高い評価を得て、フリー143.31点、合計214.03点で優勝を果たした。GPシリーズでの優勝は15年のNHK杯以来、自身2勝目となった。
今大会では、ツルスカヤとワグナーがGPファイナル出場を懸けて臨んでいた。しかし、16歳のツルスカヤはフリーでも得点が伸びず、最低条件の2位以上をクリアできずに4位。ワグナーも医療的な理由で演技途中に棄権し、GPシリーズ上位6人が出場できるファイナル最後の枠に樋口が滑り込んだ。日本女子勢のファイナル出場は17年連続となった。
樋口は27日午前に自身のツイッターを更新。一言「Omg」(Oh My God!! の略。原文ママ)とつづり、驚きの想いを表現した。シニア2年目で自身初のGPファイナル出場。大舞台での華麗な演技に期待が集まる。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/articlswer-spo

 

 

@:Omg

樋口新葉

https://twitter.com/wakawakaskate/status

ファンも祝福。自身初のGPファイナル出場決定に樋口新葉が驚きのツイート「Omg」。 の続きを読む

樋口新葉がGPファイナル進出決定!日本女子17年連続

「フィギュアスケート・スケートアメリカ」(26日、レークプラシッド)
女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(19)=関大=はフリー143・31点をマークし合計214・03点で優勝した。SP2位発進の坂本花織(17)=シスメックス=は自己ベストを大きく更新するフリー141・19点をマークし、合計210・59点で2位だった。
これにより、GPシリーズ全6戦の獲得ポイント上位6選手のみが出場するGPファイナル(12月7日開幕、名古屋)へ、樋口新葉(16)=日本橋女学館高=の進出が決定した。日本女子は01年の恩田美栄以来17季連続出場。
樋口はロシア杯3位、中国杯2位で24ポイントを獲得。(1位15点、2位13点、3位11点、4位9点、5位7点、6位5点、7位4点、8位3点)。NHK杯3位のツルスカヤ(ロシア)、スケートカナダ3位のワグナー(米国)と争っていたが、今大会でワグナーが棄権し、ツルスカヤ4位に終わったため、樋口が6番手となった。
GPファイナルへは、既に世界女王のメドベージェワ、ザギトワ、ソツコワのロシア勢3選手に、オズモンド(カナダ)、コストナー(イタリア)を加えた5人が進出を決めていた。ただし、メドベージェワは右中足骨骨折のため欠場の可能性が浮上しており、仮に欠場となれば宮原にも出場の可能性がある。
◆日本女子のGPファイナル
 01年 恩田美栄=5位
 02年 荒川静香=4位、村主章枝=6位
 03年 村主章枝=優勝、荒川静香=3位、恩田美栄=5位
 04年 荒川静香=2位、安藤美姫=4位、恩田美栄=5位
 05年 浅田真央=優勝、中野友加里=3位、安藤美姫=4位
 06年 浅田真央=2位、村主章枝=4位、安藤美姫=5位
 07年 浅田真央=2位、中野友加里=5位
 08年 浅田真央=優勝、中野友加里=5位、安藤美姫=6位
 09年 安藤美姫=2位、鈴木明子=3位
 10年 村上佳菜子=3位、鈴木明子=4位、安藤美姫=5位
 11年 鈴木明子=2位、浅田真央=棄権
 12年 浅田真央=優勝、鈴木明子=3位
 13年 浅田真央=優勝
 14年 本郷理華=6位
 15年 宮原知子=2位、浅田真央=6位
 16年 宮原知子=2位
 17年 樋口新葉=?

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hal-spo

樋口新葉がGPファイナル進出決定!日本女子17年連続 の続きを読む

GPファイナルの看板が完成。宇野昌磨選手を中心に爽やかなイメージ

823: 氷上の名無しさん 2017/11/26(日) 15:06:29.41

たまたま新宿(京王線)のホームに並んでたら、気配を感じたので振り向いたら後ろに昌磨さんいらした😱💖笑 (わかばちゃんもいるよ😍💖真っ正面から撮りたかった😢)

 

GPファイナルの看板が完成。宇野昌磨選手を中心に爽やかなイメージ の続きを読む

スケートアメリカ大会2017。女子FS宮原知子が優勝。坂本花織は2位。樋口新葉のGPファイナル進出が決定

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、スケートアメリカ最終日は26日(日本時間27日)、レークプラシッドで行われ、女子ショートプログラム(SP)で首位に立った宮原知子(19=関大)はフリーで143・31点、トータル214・03点で優勝した。
SP2位の坂本花織(17=シスメックス)は合計210・59点で2位。
来月7日に開幕するGPファイナル(名古屋)に進出できるのはシリーズの上位6人。スケートアメリカを前にすでに5人が確定。24点で暫定6番手だった樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)は、GP初戦の3位で11点を獲得していたポリーナ・ツルスカヤ(16=ロシア)が4位、アシュリー・ワグナー(26=米国)は演技途中で棄権したため、GPファイナル進出が決まった。これで日本女子17年連続ファイナル進出が守られた。
ソース

 

スケートアメリカ2017:宮原知子:FS

 

スケートアメリカ2017:坂本花織:FS

 

スケートアメリカ2017:ブラディー・テネル:FS

 

プロトコル

スケートアメリカ大会2017。女子FS宮原知子が優勝。坂本花織は2位。樋口新葉のGPファイナル進出が決定 の続きを読む

GPファイナル出場切符は誰の手に・・・もし樋口新葉が逃すと17季ぶり日本女子ゼロに

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦スケートアメリカは24日、米レークプラシッドで開幕し、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月7~10日、名古屋市)出場権を巡る最後の争いが繰り広げられる。
■樋口が逃せば17季ぶり日本女子ゼロに
女子はすでに2戦を戦い終えた5人が、順位に基づく順位点により出場が確定。1戦を終えて3位になっているアシュリー・ワグナー(米)かポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)が、今大会で優勝すればファイナル出場最後の1人に決まる。2位だった場合は、既に2戦を終えた日本の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)と順位点で並ぶため、大会で出した総得点などでの争いとなる。2戦優勝しているエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は右足を骨折しており、ファイナル出場が危ぶまれている。日本女子がファイナル出場を逃せば、2000~01年シーズン以来17季ぶりとなる。
■男子は宇野が出場確定
男子は、1戦を終えて1位になっているネーサン・チェン(米)とセルゲイ・ボロノフ(ロシア)、2位になった金博洋(中)とアダム・リッポン(米)がファイナル出場をかけて今大会に臨む。日本の宇野昌磨(トヨタ自動車)は出場が確定している。チェンは23日の公式練習後、「トップ6選手と試合ができるいい経験。ファイナルを狙いたい」。4回転トーループからの3連続ジャンプを決めるなど、好調だった。
日本勢は今大会、女子はけがからの復活を目指す宮原知子(関大)と坂本花織(シスメックス)が出場。宮原は、公式練習で3回転ルッツを何度も確認し「(第4戦の)NHK杯前よりもいい練習ができた」と自信を口にした。男子は無良崇人(洋菓子のヒロタ)、アイスダンスは村元哉中、クリス・リード組(木下ク)がエントリーしている。(後藤太輔)
【女子のファイナル出場争い】
(1)メドベージェワ ロ(1)15、N(1)15 計30
(2)ザギトワ 中(1)15、フ(1)15 計30
(3)オズモンド カ(1)15、フ(3)11 計26
(4)コストナー ロ(2)13、N(2)13 計26
(5)ソツコワ カ(2)13、フ(2)13 計26
(6)樋口新葉 ロ(3)11、中(2)13 計24
(10)ツルスカヤ N(3)11、ア―― 計11
(11)ワグナー カ(3)11、ア―― 計11
【男子のファイナル出場争い】
(1)宇野昌磨 カ(1)15、フ(2)13 計28
(2)コリャダ ロ(3)11、中(1)15 計26
(3)ブラウン カ(2)13、N(4)9 計22
(4)フェルナンデス 中(6)5、フ(1)15 計20
(5)ジー ロ(4)9、フ(3)11 計20
(6)サマリン カ(3)11、フ(4)9 計20
(8)チェン ロ(1)15、ア―― 計15
(9)ボロノフ N(1)15、ア―― 計15
(12)金博洋 中(2)13、ア―― 計13
(13)リッポン N(2)13、ア―― 計13
※ロはロシア杯、カはスケートカナダ、中は中国杯、NはNHK杯、フはフランス杯、アはスケートアメリカ、丸数字は順位、数字は順位点、太字はファイナル出場確定

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hli-spo

GPファイナル出場切符は誰の手に・・・もし樋口新葉が逃すと17季ぶり日本女子ゼロに の続きを読む

プライベートの樋口新葉選手のビジュアルが凄く可愛いと評判

952: 氷上の名無しさん 2017/11/23(木) 01:57:32.73

樋口って試合終わるとなんで可愛くなるんだろ?

プライベートの樋口新葉選手のビジュアルが凄く可愛いと評判 の続きを読む

GPファイナル出場5選手が確定。「残り1枠」に樋口新葉出場の可能性も・・・

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦フランス杯は18日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で4位につけた三原舞依(18=シスメックス)が合計202・12点で4位となった。SP3位の白岩優奈(15=関大KFSC)は193・18点で6位だった。
今大会を制したアリーナ・ザギトワ(15=ロシア)、2位のマリア・ソツコワ(17=ロシア)、3位のケイトリン・オズモンド(21=カナダ)がシリーズ上位6人で争うファイナル(12月7~9日、名古屋)進出を決めた。既に世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(17=ロシア)が出場を決めており、ロシア代表は3選手が確定した。
2014年ソチ五輪銅メダルのカロリーナ・コストナー(30=イタリア)も4年ぶりのGPファイナル進出が決まっており、樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)は残り1枠で出場に可能性を残すことになった。25日開幕のGPシリーズ最終戦スケートアメリカでアシュリー・ワグナー(26=米国)かポリーナ・ツルスカヤ(16=ロシア)が優勝すると、樋口は脱落する。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/o

GPファイナル出場5選手が確定。「残り1枠」に樋口新葉出場の可能性も・・・ の続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 29