浅田真央 一覧

スポンサードリンク
1 54 55 56 57 58 59 60 106

全日本選手権2016。女子フリー演技で宮原知子が優勝し全日本3連覇達成!15歳の樋口新葉が2位、浅田真央は無念の12位に終わる

 

フィギュアスケートの全日本選手権最終日が25日、大阪・東和薬品ラクタブドームで行われ、女子ショートプログラムで首位の宮原知子がフリーで138・38点をマーク。合計214・87点で大会3連覇を達成した。樋口新葉が130・75点、合計199・49点で2位、三原舞依が132・26点、合計198・17点で3位となった。SP8位の浅田真央はSPに続き代名詞のトリプルアクセルに挑戦も失敗。フリー114・10点、合計174・42点で12位だった。
グランプリ(GP)ファイナルで2年連続の2位に入った日本のエース・宮原は冒頭の3回転ループに成功。ルッツ-トーループの連続3回転ジャンプは崩れたが、3回転フリップなど、その後のジャンプはすべてしっかり着氷。フリーでも抜群の安定感を見せた。
SP8位から巻き返しを狙った浅田は、前日に続き冒頭でトリプルアクセルに挑んだが両足着氷になり転倒。大技成功はならなかった。続く3回転フリップ-3回転ループ、3回転ルッツは着氷。後半、ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)-3回転トーループも成功したが、続く3回転サルコーで転倒するなどジャンプの乱れが得点に響いた。

C0g2GT7UAAAQ1Tl

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hlpo

 

全日本選手権2016:宮原知子:フリー

 

全日本選手権2016:樋口新葉:フリー

 

全日本選手権2016:三原舞依:フリー

 

全日本選手権2016:浅田真央:フリー

 

順位 選手名 所属 得点
1位  宮原知子 関西大 214.87
2位  樋口新葉 日本橋女学館 199.49
3位  三原舞依 神戸ポートアイランドクラブ 198.17
4位 本田真凜 関西大中・高スケート部 196.11
5位 本郷理華 邦和スポーツランド 194.28
6位 白岩優奈 関西大KFSC 185.37
7位 坂本花織 神戸FSC 184.06
8位 村上佳菜子 中京大 182.55
9位 鈴木沙弥 邦和SC 180.41
10位 松田悠良 中京大中京高 180.27
11位 新田谷凜 中京大 176.86
12位 浅田真央 中京大 174.42
13位 大庭雅 中京大 165.45
14位 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 163.27
15位 細田采花 関西大 159.13
16位 磯邉ひな乃 中京大 153.34
17位 木原万莉子 同志社大 151.35
18位 廣谷帆香 八工大一高 148.71
19位 今井遥 新潟県連 147.58
20位 松嶋那奈 早稲田大 147.32
21位 中塩美悠 広島スケートクラブ 145.85
22位 笠掛梨乃 ポラリス中部FSC 135.11
23位 小林聖依 秀明英光高 131.75
24位 永井優香 駒場学園高 131.40


ソース
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/ 

全日本選手権2016。女子フリー演技で宮原知子が優勝し全日本3連覇達成!15歳の樋口新葉が2位、浅田真央は無念の12位に終わる の続きを読む

全日本選手権。浅田真央がフリー当日練習でトリプルアクセル着氷。試合でも全体のバランスを考慮しながら入れる予定

「フィギュアスケート全日本選手権」
女子フリー当日の公式練習が行われた。SP8位からの巻き返しを狙う浅田真央(中京大)は、自身が用いる曲をかけた状態で、演技冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷させた。
楽曲がかかっていない状態を含めると合計で4回試みたが、トリプルアクセルとして着氷できたのは、楽曲がかかっていた間の1回のみ。再現できれば“本番に強い”となるが、高い成功率とはいえない。
前日24日のSPでは冒頭でトリプルアクセル(3回転半)に挑んだが、抜けてしまいシングルアクセル(1回転半)になる失敗が出た。この技の得点が0点となり、大きく出遅れた。
浅田は、SPの演技後はフリーでのトリプルアクセル挑戦について「また入れたいなと思っているんですけど…。それだけではなくほかの部分も大切だと思うので、すべて大切だと思います」と前向きながらも、全体のバランスを考慮する発言をしていた。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

全日本選手権。浅田真央がフリー当日練習でトリプルアクセル着氷。試合でも全体のバランスを考慮しながら入れる予定 の続きを読む

全日本選手権2016。浅田真央「今まで積み上げてきた自分の演技を出し切りたい」とフリーに向けて覚悟を誓う

「フィギュアスケート全日本選手権」
女子SPが行われ、元世界女王の浅田真央が最後の滑走順で登場し、60・32点で8位だった。注目された、浅田の代名詞とも言えるジャンプ、トリプルアクセルには果敢に挑んだが、抜けてしまい失敗に終わった。演技後は佐藤信夫コーチから「自分の好きなように、思い通りにしてきなさい」と送り出されたことを明かし、自分の強い思いを込めた演技構成だったことをうかがわせた。
22日の公式練習から「飛ぼうと思っている」と語るなど、トリプルアクセルへの強い思いを公言してきた。前日練習では2連続で成功。この日朝の練習では苦しんだものの、最後の1本を片足できっちり着氷させ決心がついた。
「今日朝、トリプルアクセルをようやく片足で跳べるようになって、その状態まで戻って来たことに関しては自分自身うれしく思って、今日、挑みました」。
GPシリーズ・フランス杯では自己ワーストの9位に終わるなど、今季はもがき苦しみ続けている。左膝に不安を抱えている浅田のコンディションについて、佐藤コーチは11月14日に帰国した際、「追い込めていない。(悪化が)怖いからできていない」と語っていた。それが、GPシリーズ終了後は練習を重ね、「飛ぼう」と思える段階までコンディションは戻ってきた。「このSPの結果だったり、演技だったりは自分の精神面に左右していなくて」と結果もすべて受け止め、「アクセルのない状態でのショートを終えた時の気持ちよりは、挑戦しようと思って臨めたことはすごく良かったなと思います」とすっきりした表情をしていた。
SPの演技を「特別ほかの選手とここができるんだよというのはなくて、自分の目指す演技を望んでやりました」と、表現した真央。「明日も今日のことは忘れて、今まで積み上げてきたもの、自分の演技を出し切れたらいいなと思います」とすべてを出し切る覚悟でリンクを舞う。
3連覇を狙う宮原知子がISU非公認大会ながらSP自己ベストの76・49をマークし首位。2位は69・20点の本郷理華。3位は樋口新葉で68・74点。ジュニアGPファイナルをインフルエンザのため棄権した本田真凜は好演技で67・52点を獲得し4位につけた。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/h102-dal-spo

 

全日本選手権2016:浅田真央:SP

 

全日本選手権2016。浅田真央「今まで積み上げてきた自分の演技を出し切りたい」とフリーに向けて覚悟を誓う の続きを読む

全日本選手権2016。女子SP宮原知子が自己ベストで貫録首位発進。浅田真央は3A失敗し8位に

     
フィギュアスケートの全日本選手権第3日が24日、大阪・東和薬品ラクタブドームで行われ、女子ショートプログラムは宮原知子が国際連盟非公認ながら自己ベストを上回る76・49点で首位。大会3連覇へ好発進した。4年ぶりの日本一を狙う浅田真央は60・32点で8位スタートとなった。
グランプリ(GP)ファイナルで2年連続の2位に入った日本のエース・宮原は冒頭のダブルアクセルを華麗に決めると、後半の3-3回転も着氷。貫禄の演技で、GPファイナルでマークした自己最高を更新してみせた。
2大会ぶりの表彰台を目指す本郷理華が69・20で2位。樋口新葉が68・74で3位。2週間前のジュニアGPファイナルをインフルエンザのために棄権し、雪辱を期す本田真凜(15=関大中)は67・52点で4位だった。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/po

 

全日本選手権2016:宮原知子:SP

 

全日本選手権2016:宮原知子:SP

 

全日本選手権2016:樋口新葉:SP

 

全日本選手権2016:浅田真央:SP
順位 選手名 所属 得点
1位 宮原知子 関西大 76.49
2位 本郷理華 邦和スポーツランド 69.20
3位 樋口新葉 日本橋女学館 68.74
4位 本田真凜 関西大中・高スケート部 67.52
5位 三原舞依 神戸ポートアイランドクラブ 65.91
6位 坂本花織 神戸FSC 63.36
7位 松田悠良 中京大中京高 61.63
8位 浅田真央 中京大 60.32
9位 鈴木沙弥 邦和SC 60.06
10位 大庭雅 中京大 59.19
11位 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 59.13
12位 村上佳菜子 中京大 58.52
13位 細田采花 関西大 56.88
14位 磯邉ひな乃 中京大 55.10
15位 中塩美悠 広島スケートクラブ 54.99
16位 新田谷凜 中京大 54.31
17位 白岩優奈 関西大KFSC 54.30
18位 廣谷帆香 八工大一高 53.50
19位 永井優香 駒場学園高 53.23
20位 松嶋那奈 早稲田大 51.97
21位 今井遥 新潟県連 51.29
22位 笠掛梨乃 ポラリス中部FSC 51.22
23位 木原万莉子 同志社大 50.44
24位 小林聖依 秀明英光高 49.14
25位 竹野比奈 福岡大 47.39
26位 上野沙耶 関西大 47.38
27位 森下実咲 アクアピアスケーティングC 47.13
28位 大澤陽 三沢GOLD F・S・C 46.41
29位 森千夏 愛知みずほ大瑞穂高 45.10
30位 船迫麗愛 千葉経済大付属高 41.12

ソース
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live

 
全日本選手権2016。女子SP宮原知子が自己ベストで貫録首位発進。浅田真央は3A失敗し8位に の続きを読む

浅田真央決意のトリプルアクセル。上がり調子で本番でも決めてくるか?

163: 氷上の名無しさん 2016/12/24(土) 00:51:56.54

真央とセンパイいい雰囲気

2PVV5qK

50C1xsP

RpLuCEb

浅田真央決意のトリプルアクセル。上がり調子で本番でも決めてくるか? の続きを読む

浅田真央、公式練習でトリプルアクセル成功「全日本では跳ぼうかなと思って練習してきている」

     
◆フィギュアスケート全日本選手権 第2日
女子ショートプログラム前日の23日、浅田真央は公式練習に参加。3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を成功させた。
4度挑戦し、2本連続で着氷した。今季3試合で回避してきた大技の投入について、22日の練習後には「全日本では跳ぼうかなと思って練習してきている。練習で1回でも跳べたら入れていきたい」と話していた。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/0088-sph-spo

浅田真央、公式練習でトリプルアクセル成功「全日本では跳ぼうかなと思って練習してきている」 の続きを読む

全日本選手権2016。浅田真央3回転ジャンプを何度も着氷。最終滑走で今季最高の演技を誓う

フィギュアスケートの全日本選手権は22日、男子、女子の選手が公式練習に臨んだ。今季は左膝痛などもあってジャンプが決まらず、もがき苦しんできた浅田真央(中京大)。公式練習では3回転ジャンプを何度も着氷し、復調の兆しを見せた。「グランプリシリーズが終わって1週間くらい休んでしっかり治した。今シーズンで一番調子のいい状態なので大丈夫」。不安を拭い去って今大会を迎えた。
今季はこれまで封印していたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にも4度挑んだ。きれいに成功はさせられなかったが「全日本では跳ぼうかなと思って練習してきている。明日、明後日と練習して1回でも跳べたら入れていきたい」と意欲的だ。
11月のフランス杯でGPシリーズの自己ワーストとなる9位に終わった後、「去年も今年も悩むところがあって、一度心が折れたりもした」とも明かしたが、今は全日本だけに全ての力を注ぐ。「SP、フリーとノーミス(の演技を)することが目標」。今季最高の演技を誓った。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hspo

 

 

全日本選手権2016。浅田真央3回転ジャンプを何度も着氷。最終滑走で今季最高の演技を誓う の続きを読む

1 54 55 56 57 58 59 60 106