浅田舞 一覧

スポンサードリンク
1 10 11 12 13 14 15 16 22

浅田真央が巨人になって浅田舞と鬼ごっこ?47都道府県縦断!「カゼVSストナ2016」限定ムービーを公開

4fb59e8b-s

629: 氷上の名無しさん 2016/11/30(水) 13:20:51.71 0

ストナまおまおきたああああああああああああ

ビルよりも巨大化した浅田真央選手と姉の舞。都心のオフィス街を疾走し、パンチをふるいキックで応戦。まるでウルトラマンかゴジラのようにダイナミックに戦う2人の姿に「おおっ!」と驚いた人も多いはず。そう、10月1日からオンエアされている、佐藤製薬のカゼ薬「ストナ」のTVCM『カゼVSストナ2016』篇だ。

ストナをイメージした白い衣裳の真央選手と、カゼのウイルスを吹き散らす黒い衣裳の真央選手が戦うCMは、昨シーズンも話題になったが、今シーズンはさらにスケールアップ。浅田姉妹の華麗でスピーディーなバトル展開と迫力ある演技で、新しいストナの効き目感を表現したという。確かに何度見ても目を奪われるインパクトのあるCMだ。

だが、驚きはそれだけではなかった。実はそのバトルシーンに至るまでの壮大な追跡劇が製作されていたのだ。この話題のCMの長尺版ともいえるWEB限定ムービーが11月30日から公開されたが、これがまたスゴイ! あちこちでカゼのウイルスをまき散らす舞を、巨大化した真央選手が沖縄県の万座ビーチから北海道の大通り公園まで全国47都道府県のランドマークを高速スピードで疾走して追跡。阿蘇山の横を駆け抜け、四国の本四架橋を背面跳びで越え、琵琶湖の水上や雪の蔵王などを走り抜けジャンプしていく。

あまりに壮大な映像にただただ見入ってしまい、約120秒という時間はあっという間。そして、この動画の最後の場面は東京。そう、あのTVCMの映像は壮大な物語のクライマックスだったのだ。舞(カゼのウイルス)がすごすごと退散し、真央選手(ストナ)がどや顔をするコミカルなシーンも説得力を増しているように感じられる。    

これからの季節、日本全国どこであろうと出没しそうなカゼのウイルス。浅田真央演じる(?)カゼ薬「ストナ」のような“スピード勝負で、風邪に一撃!”が肝心かもしれない。「新型ストナシリーズ」は、喉の痛みや発熱に効く『ストナアイビージェルS』、つらいせき、たん、発熱に効く『ストナプラスジェルS』、鼻水、鼻づまり、発熱に効く『ストナジェルサイナスS』の3種類(全て指定第2類医薬品)が発売中。自分の症状に応じて使い分けられるから、カゼだと思ったら素早い対応を!

★CMの制作・撮影秘話やメイキングムービーをカゼ薬「ストナ」ホームページ に掲載中。

 

ソース
http://www.kyodo.co.jp/entame/showbiz/

浅田真央が巨人になって浅田舞と鬼ごっこ?47都道府県縦断!「カゼVSストナ2016」限定ムービーを公開 の続きを読む

浅田舞、不調の真央を気遣う「苦しい。悔しいシーズン」

プロフィギュアスケーターでタレント、浅田舞(28)が27日、NHK BS1で放送されたフィギュアスケート、グランプリシリーズ第6戦NHK杯の中継に出演。不調に陥っている妹、浅田真央(26)に言及した。
第1戦スケートアメリカで6位、第4戦フランス杯では9位に沈んだ真央を、「苦しい。悔しいシーズン」と気遣った。妹は今季、ショートプログラムとフリーを、アレンジの違う同じ曲で演じる。「びっくりするようなこと。同じ曲でもまったく違うプログラム」と新たな挑戦をたたえた。
左ひざを痛めている状況で、真央が代名詞のトリプルアクセルを回避する中、「芸術的な部分を含めてフィギュア。何かを感じられるプログラム」と表現力でのカバーを期待していた。

8ca61b14-s

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/h51-sanspo-spo

浅田舞、不調の真央を気遣う「苦しい。悔しいシーズン」 の続きを読む

今期不振の浅田真央。来季の平昌五輪出場はどうなる?

浅田真央(26)の現役復帰2シーズン目がふるわない。
開幕前から左膝への不安を抱え、前哨戦のフィンランド杯、GPシリーズのスケート・アメリカ、フランス杯と、3試合で浅田の象徴であるトリプルアクセルは封印。左膝故障を持ちながらも可能なジャンプを確実に正確に跳ぶ方針で臨んだが、スケート・アメリカは6位に終わって、いきなりGPファイナル出場は絶望となり、先週末のフランス杯もショートで8位と出遅れると、逆転を狙ったフリーではトリプルルッツ、サルコー、フリップという3つの3回転ジャンプが、すべてダウングレードの2回転に終わり技術点を大きく失い、自己ワーストとなる9位。
まだ世界選手権の代表争いも兼ねている12月24日からの全日本が残っているが、左膝への不安が残ったままで出場するかどうかも正式に決まっていない。
26歳になる浅田真央の不調の原因はどこにあるのだろうか?来シーズンに控える平昌五輪への出場権を得ることさえ難しいのか?元全日本2位で現在ジュニア世代の指導を行っている中庭健介氏は、現状の不振理由をこう見ている。
「スケート・アメリカ、フランス杯の浅田選手の演技には、キレがなくコンディションが悪いのは明らかでした。おそらく怪我の影響で練習で追い込めていないのではないしょうか。トリプルアクセル以外のジャンプはそつなくこなせる浅田選手が、エッジ云々のレベルではなく、明らかな回転不足で技術点の得点が伸びませんでした。練習よりも本番では緊張なども加わり負担、疲労度が増加します。
ギリギリに追い込んだ状況でジャンプ練習のできていない場合は、頭で描くジャンプの感覚に肉体がついてこず、ズレが生まれてしまいます。浅田選手は、3回転が2回転になる大きなミスを複数回しましたが、練習不足によって生じる、そのズレが原因なのかもしれません」
実際、帰国した佐藤コーチも「練習で追い込めない」と苦悩を口にしていた。浅田選手の体重も増えているように見える。それも左膝の故障からくる練習不足が原因でシェイプアップができてないのかもしれない。

46b233dc-s

ソース(全文)
http://headlines.yahoo.co.jp/-wordleafs-base

 

今期不振の浅田真央。来季の平昌五輪出場はどうなる? の続きを読む

大人の魅力満載。浅田舞の綺麗な背中を出した後ろ姿がカッコいい

175: 氷上の名無しさん 2016/11/01(火) 20:50:02.87

舞カッコイイ 

CwLF2BpUsAQ0lag

 

大人の魅力満載。浅田舞の綺麗な背中を出した後ろ姿がカッコいい の続きを読む

浅田舞の美背中にうっとり。写真集の秘蔵カットを週刊プレイボーイで公開

117: 氷上の名無しさん 2016/10/31(月) 20:29:18.39 0

「10月31日発売週刊プレイボーイ」 
創刊50周年記念月間のトリを飾る号に、私の写真が仲間入りしてるそうです☺️
今までどこにも出してなかった未公開カットです 

巻頭ページです

チェックしてみて下さいね~!

oo

 
スポーツキャスターの浅田舞(28)の1st写真集『舞』(昨年3月発売)の未公開カットが、10月31日発売の『週刊プレイボーイ』46号(集英社)の巻頭特集で独占公開される。異国情緒漂う水着姿からセクシーなドレス姿まで、どこにも出ていない超秘蔵グラビアとなる。

『プレイボーイ』の創刊50周年記念月間の第5弾となる同号では、同誌がこれまでに撮影してきた数々の「スクープ・グラビア」を一挙掲載。そのスクープ特大号の巻頭を飾るのが、浅田が“ダイナマイトボディー”を惜しげもなく披露した写真集からの秘蔵カットだ。

同誌でのグラビアがきっかけで写真集を発売し、大きな話題となった浅田は「週プレさんのグラビアで素の私を知っていただけたと思いますし、私自身、知らない自分を発見できました。今回、まだ見せていなかった写真を公開するので、読者の皆さんにはまた違った『浅田舞』を感じていただけたらうれしいです」とコメントを寄せた。

また、同号にはフリーアナウンサーの伊東紗冶子、モデルの松岡李那、プロスノーボーダーの岩垂かれん選手も登場。表紙はタレントのリア・ディゾンが飾っている。 


ソース
http://www.oricon.co.jp/news/208 

 

浅田舞の美背中にうっとり。写真集の秘蔵カットを週刊プレイボーイで公開 の続きを読む

織田信成&浅田舞が『映画ドラえもん』で声優初挑戦。二人でパオパオダンスも披露

proxy (1)

1: 氷上の名無しさん 2016/10/28(金) 05:08:07.14 _USER9

タレントとしても活躍するフィギィアスケーターの織田信成と浅田舞が、
『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(来年3月4日公開)のスペシャル応援隊に就任。
その名も“南極カチコチ隊”として、氷上で初めてコンビを組み、オリジナルソングに合わせて華麗な滑りとステップを披露する。
2人ともゲスト声優として作品に参加することも決定しており、声優に初挑戦する。
「ドラえもんは、一番の号泣コンテンツ!」と語るほどドラえもん好きで知られる織田と、「練習後に、『のび太の日本誕生』のビデオをよく観ていた」と思い出を話す浅田。晴れて『映画ドラえもん』ファミリーへの仲間入りを果たし、織田は「初の声優挑戦となり、夢のような気分ですがのび太くんみたいな勇気をもって、精一杯頑張ります!」、浅田も「皆さんから愛される『ドラえもん』の世界に飛び込めることを、とてもうれしく思います」
と喜びの声を上げている。
シリーズ37作目となる『のび太の南極カチコチ大冒険』は完全新作のオリジナル作品。南極を舞台に、氷の下の古代都市、さらには、スノーボールアース理論など、原作者の藤子・F・不二雄の得意とするS(すこし)・F(ふしぎ)が満載の大冒険を繰り広げる。
新シリーズ初の興行収入40億円を突破した前作『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(最終興収41.2億円)では、スペシャル応援団「ウンタカ!ドラドラ団」(棚橋弘至、真壁刀義、小島よしお、エヴァ)が結成され、応援ソングの「ウンタカダンス」が話題になった。
今作でも一度聴いたら忘れられない音楽に合わせ、謎の言葉を繰り返しながら踊る、S(すこし)・F(ふしぎ)な「パオパオダンス」を新たに制作。
フィギュアスケーターの織田と浅田が流氷をモチーフにした特設リンクで滑りながら踊るシーンも盛り込んだ。
スケート部分の振り付けは、競技選手時代の2人に振り付けをしていた宮本賢二氏が担当している。
パオパオとは、劇中に登場する象に似た二足歩行の動物で、大きな耳が特徴。宇宙にはたくさんの仲間も生息する不思議な動物だ。ちなみに空は飛べない。織田と浅田は、劇中にたくさん登場するパオパオの声をそれぞれ1匹ずつ担当する。織田と浅田が出演するパオパオダンス映像は、テレビ朝日系で放送中のアニメ『ドラえもん』(毎週金曜 後7:00)のエンディングできょう28日より放送予定。(以下略、全文はソースをご覧ください。)

9f264df1

最新作は南極が舞台!『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(2017年3月4日公開)ティザーポスター

2080435_201610280254943001477598429c

2080435_201610280255120001477598429c

ソース
http://www.oricon.co.jp/news/2080435/full/

 

ドラエモン公式サイト
http://doraeiga.com/2017/

織田信成&浅田舞が『映画ドラえもん』で声優初挑戦。二人でパオパオダンスも披露 の続きを読む

浅田舞が週刊プレイボーイ創刊50周年のスペシャルコンテンツに登場するとの事

24425e71-s

123: 氷上の名無しさん 2016/10/19(水) 18:56:55.31 0

週刊プレイボーイ創刊50周年スペシャルコンテンツ
BESTOF週プレnet 2000~2016『週プレnet “classics of classics”』
配信期間10月22日~28

私は4週目に登場見てね✨
ハワイにて

週刊プレイボーイ
http://shupure-net.shueisha.co.jp/

浅田舞が週刊プレイボーイ創刊50周年のスペシャルコンテンツに登場するとの事 の続きを読む

1 10 11 12 13 14 15 16 22