田中刑事 一覧

人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 12

知られざる真実。閉鎖されたリンクを加計学園が救ってくれた&田中刑事、同期の羽生へ感謝の舞「いなかったら向上心がなかった」

男子SPで17年世界選手権代表の田中刑事(23=倉敷芸術科学大大学院)が国際スケート連盟非公認ながら自己ベストの91・34点をマークし、2位につけた。極度の緊張に見舞われながらも全てのジャンプを成功させた。「男子2枠目」での18年平昌(ピョンチャン)五輪出場に前進した。96・83点で首位に立った宇野昌磨(20=トヨタ自動車)とは5・49点差。3位には85・53点の無良崇人(26=洋菓子のヒロタ)が入った。
演技前、前傾の田中は緊張で動かない足を「失敗していいから、思いっきりやる」とたたいた。冒頭の4回転サルコーで波に乗り、スピン3つは最高評価のレベル4。午前0時まで練習した直前1カ月間の成果で「体に染みついたものを出せた」とクールな男が左拳を握る。五輪を争う3位無良に5・81点差をつけた。
世界王者であり同期の羽生とは、小4夏からジャンプの習得を競った仲。離れていても先月22日の誕生日に、トロントで療養中の友から祝福と「ケガに気をつけろよ」というメッセージが届いた。過去の実績で代表選出が確実な羽生を「結弦がいることで焦った。いなかったら、向上心がなかった」と追い続けてきた。
年1回の全国有望新人発掘合宿で受けた刺激は、岡山・倉敷市の実家から徒歩圏内の「ウェルサンピア倉敷」で励む練習の活力に変えてきた。だが、中2だった08年4月末には社会保険庁の年金財源確保の一環でそのリンクが閉鎖された。
スケート関係者はリンクの存続を求める運動を起こし、田中も「このリンクをつぶさないでください」と頭を下げた。高橋大輔も生んだリンクの存在は、競技を続けるために必要だった。だが、入札の手は挙がらない。10カ月後の翌09年2月、救ってくれたのが今年獣医学部新設問題で揺れた学校法人加計学園だった。
連日の加計学園問題は複雑な気持ちで見た。「加計さんが買い取ってくれなかったら、リンクがつぶれていた、という思いもあるんです」。「ヘルスピア倉敷」の名称で再生した故郷のリンクを思い、スケートができる喜びに感謝する。
現在は兵庫が拠点で、リンク通いは自転車の庶民派スケーター。羽生との同時五輪出場は近づき「フリーでも同じ緊張感が来る。それを支配できるようにしたい」。人生最大の勝負に悔いは残さない。【松本航】

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl-00083891-nksports-spo

 

 

知られざる真実。閉鎖されたリンクを加計学園が救ってくれた&田中刑事、同期の羽生へ感謝の舞「いなかったら向上心がなかった」 の続きを読む

SP首位の 宇野昌磨、フリーは最終滑走で登場。田中が23番目 無良は22番目

◇フィギュアスケート全日本選手権第2日 男子SP(2017年12月22日)
フィギュアスケート全日本選手権の男子ショートプログラム(SP)の競技後、24日のフリーの滑走順抽選が行われ、SP首位の宇野昌磨は、24選手中24番目の最終滑走に決まった。
SP2位の田中刑事が23番目、3位の無良崇人が22番目、4位の村上大介が20番目に滑る。

 

 

 

 

第86回全日本選手権大会
男子FS滑走順
2017年12月24日(日)17:10~21:12

ソース

https://twitter.com/oro1_/status/

 

SP首位の 宇野昌磨、フリーは最終滑走で登場。田中が23番目 無良は22番目 の続きを読む

田中刑事、フィギュア“第3の男”争い1歩リード。追う無良&村上

「フィギュアスケート・全日本選手権」(22日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)
平昌五輪代表を懸けた大一番は男子ショートプログラム(SP)が行われ、すでに五輪代表入りが確実な状況の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が4回転からの連続ジャンプでのミスなどがあったが、96・83点で首位発進。連覇に王手を懸けた。宇野とともに今大会を怪我で欠場した羽生結弦(23)=ANA=も五輪切符は確実。実質残り1枠を巡る争いで、田中刑事(23)=倉敷芸術科学大=が渾身の演技で91・34点をマークし、2位となり頭一つ抜け出した。3位は85・53点で無良崇人(26)=洋菓子のヒロタ、4位には80・99点で村上大介(26)=陽進堂=がつけた。
“第3の男”争いは、完ぺきな演技を見せた田中が、3位の無良に約6点差、4位の村上に10点以上の差をつけ、1歩抜け出した形となった。24日のクリスマスイブに迎える運命のフリーへ、「もう一度気を引き締めて、1日空くんですけど、今日以上の集中力をフリーではぶつけていきたいと思います」と意気込んだ。
逆転を狙う無良は「刑事がいい滑りを見せていたので、刺激を受けた」と瞳を燃やし「死にそうになるまで必死にやってきた。(代表を逃した)4年前と同じ轍は踏めない。自分らしいオペラ座をやって、締めくくりたい」と、逆襲を宣言。4位の村上も「五輪も懸かっていて、プレッシャーはあるけど、自分のベストを出さないと、絶対に届かない。自分との戦い。フォーカスをルーズしないようにしたい」と、意気込んだ。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl0000128-dal-spo

 

男子フリー滑走順

 

田中刑事、フィギュア“第3の男”争い1歩リード。追う無良&村上 の続きを読む

全日本選手権2017。男子SP。宇野昌磨が圧巻の演技を披露し首位発進。2位は気迫の演技で田中刑事、3位は安定の演技を披露した無良崇人

フィギュアスケートの全日本選手権は22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、大会2連覇を狙う宇野昌磨(トヨタ自動車)が96.83点で首位に立った。田中刑事(倉敷芸術科学大)は91.34点で2位、無良崇人(洋菓子のヒロタ)は85.53点で3位。26歳の村上大介(陽進堂)は80.99点で4位だった。
右足首の負傷により羽生結弦(ANA)が欠場となったが、29人の選手が氷上でしのぎを削った。
第1グループの5番手で登場した全日本ジュニア選手権覇者の須本光希(浪速高)は、冒頭のトリプルアクセルに着氷。後半のジャンプでバランスを崩す場面はあったが、72.93点をマークした。19番目で登場した村上も大きく会場を沸かせた。4回転ジャンプをはじめ、終始安定した演技にまとめて大きな拍手と歓声に包まれ、得点も80点超えとなる80.99点となった。
田中と無良はそれを上回るパフォーマンスを披露した。16年全日本選手権2位の田中は、冒頭の4回転サルコーに成功。その後も3回転-3回転の連続ジャンプを含めて迫力あるパフォーマンスを見せ、この日初となる90点超えの91.34点。無良も冒頭の4回転ジャンプこそ着氷がやや乱れたが、表情やステップでも見せ場を作り、85.53点をマークした。
最終グループの4番目に登場した前回大会覇者の宇野は、最初に4回転フリップを成功させると、まさに氷上を舞うような圧巻のステップやスピンを披露。後半に予定していた4回転-3回転の連続ジャンプで1本目の着氷が乱れて減点となったが、96.83点と貫録と底力を見せた。
日本男子勢は平昌五輪の出場枠は「3」。五輪最終選考会となる全日本選手権は優勝者が五輪出場内定となる。クリスマスイブの24日に行われるフリーはさらに熾烈な戦いとなりそうだ。
ソース

全日本選手権2017:宇野昌磨:SP

 

全日本選手権 男子SP最終結果

全日本選手権2017。男子SP。宇野昌磨が圧巻の演技を披露し首位発進。2位は気迫の演技で田中刑事、3位は安定の演技を披露した無良崇人 の続きを読む

全日本選手権2017。男子SP始まる。「第3の男」五輪の切符を掴むのは誰の手に?

平昌五輪代表最終選考会を兼ねるフィギュアスケートの全日本選手権(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)は、男子の競技が22日のショートプログラム(SP)で始まる。男子の代表枠は3。実績十分で代表入りが確実な羽生結弦(23)=ANA、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=に続く代表の座を巡り、激しい争いが繰り広げられそうだ。【福田智沙】
「第3の男」の候補は、田中刑事(23)=倉敷芸術科学大▽無良崇人(26)=洋菓子のヒロタ▽村上大介(26)=陽進堂▽友野一希(19)=同大。実力的には横一線で、4回転ジャンプの成否が順位を左右する。
田中は昨季の全日本で2位に入り、世界選手権に出場した。今季はけがでロシア杯を欠場し、中国杯で7位。SPとフリーの合計得点の今季最高は宇野、羽生に次ぐ247・17点だ。フリーではサルコウとトーループの4回転を計3本組み込む構成に挑んでいる。羽生と同い年で「同じ(五輪の)リンクで一緒に滑れるようになりたい」と言う。
無良はスケートカナダで最下位、スケートアメリカでも7位と振るわなかった。今季最高は212・77点。4回転トーループの調子を上げられるか。「最後の五輪のチャンス。どれだけ覚悟を持ってやりきれるかを証明できれば、次につながる」と話した。村上は急性肺炎でNHK杯を欠場。今季最高は200・59点にとどまっている。4回転は練習していたフリップは見送り、サルコウ1種類で勝負をかける。「自分のベストを出し切って、ベストのジャンプをしたい」と誓う。
台風の目になりそうなのがグランプリシリーズ初出場のNHK杯で231・93点を出し7位に入った友野。4回転サルコウの精度が上がっており「一つ一つの要素をプラス(の評価)になるようやっていかないと」と意欲を見せる。平昌行きの切符の行方は、24日のフリーの後に決まる。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl000067-mai-spo

 

 

フジテレビLINE動画

https://timeline.line.me/post/_d

 

 

全日本フィギュアスケート選手権2017【男子ショートプログラム】出場全選手のインタビュー

 

全日本選手権2017。男子SP始まる。「第3の男」五輪の切符を掴むのは誰の手に? の続きを読む

羽生、宇野は五輪確実も3枠目は混戦。男子代表選考の全日本選手権SPは今夜

「フィギュアスケート・全日本選手権」
平昌五輪代表選考会を兼ねる大一番がいよいよ開幕する。22日にショートプログラム(SP)を控える男子は前日練習を行った。連覇を狙う宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=と、右足の負傷により欠場となった羽生結弦(23)=ANA=は五輪代表入りが確実。“3枠目”に焦点が集まる中、有力選手たちが調整を行った。
昨年大会2位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は得点源の4回転サルコーを入念に確認。ただ、回転が抜ける場面も目立った
今季不調のベテラン無良崇人(26)=洋菓子のヒロタ=も、ジャンプの安定感を欠いたが、終盤に4回転トーループを着氷させた。
成長株の友野一希(19)=同大=は、4回転サルコーを決めるなど勢いのあるところを見せた。
村上大介(26)=陽進堂=は4回転サルコーを決めたが、ステップでつまづく場面もあるなど不安定な仕上がり。
極限の重圧が懸かる中、人生を懸けた大一番を迎える。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201712

 

 

予想滑走時間
(公式のものではないけど多分この時間)
全日本フィギュアスケート選手権2017
男子SP
12/22(金) 17:00~20:49

ソース

https://twitter.com/oro1_/status/

 

羽生、宇野は五輪確実も3枠目は混戦。男子代表選考の全日本選手権SPは今夜 の続きを読む

五輪3つ目の椅子へ。田中刑事「調子が上がっている」負傷の羽生気遣う場面も

フィギュアスケートの全日本選手権の公式練習が20日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで始まり、平昌五輪男子代表の3枠目を狙う昨年2位の田中刑事(23=倉敷芸術科学大)は「調子が上がっている。一番いい状態」と手応え上々だ。
代表入りを確実にしている同学年の羽生結弦は右足首を捻挫して欠場した。田中も10月に右腸腰筋を痛めて滑れない時期あり、「お互いケガをしている時に連絡を取り合って、全日本で滑れたらいいな、と話していた。寂しいけれど、彼の分も少しでも頑張りたい」と友人を気遣った。
3枠目は無良崇人、村上大介らと争う。羽生と一緒に五輪に行くために「持っているものを出し切れば結果はついてくる」と自信たっぷりに語った。

 

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hlex-spo

 

 

 

 

五輪3つ目の椅子へ。田中刑事「調子が上がっている」負傷の羽生気遣う場面も の続きを読む

1 2 3 4 5 6 12