人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 533

「世界フィギュア2017」5夜連続放送!ノーカット無料ネット配信も

フィンランド・ヘルシンキで開催される「世界フィギュアスケート選手権2017」(フジ系)が、3月29日(水)から4月2日(日)にかけて5夜連続放送され、さらに番組終了後は番組ホームページ上にて無料配信されることが決定した。
地上波では女子/男子ショート、女子/男子フリーを生放送。ペア・フリー、エキシビション、アイスダンス・フリーダンスと併せて5夜連続で、熱い戦いを届ける。
注目は、順位によって変動するオリンピック出場枠数だ。
毎年開催される世界選手権だが、今年に関しては、来年に迫った平昌オリンピックの出場枠数が懸かった重要な大会。日本の上位2選手の順位合計が“13以内”ならば、オリンピック出場3枠を確保することができる。
また、男子シングルは、複数の4回転ジャンプを跳ぶ必要がある“真4回転時代”を迎えており、その成否にも注目が集まる。
“絶対王者”羽生結弦選手は、昨年の世界選手権ではスペインのハビエル・フェルナンデス選手にフリーで逆転優勝を許しており、来年の五輪連覇を前に、本大会の王座奪還を目指す。また、ISUの公式大会で自身3種類目の4回転となる“4回転ループ”を決めた宇野昌磨選手、世界選手権は初出場となる田中刑事選手も世界へ挑む。
一方、女子シングルでは、強力ロシア勢に“新星JAPAN”が立ち向かう。シニアデビューした三原舞依選手は、初出場だった「四大陸選手権2017」で、浅田真央選手以来となる大会初出場、初優勝の快挙を達成した。
同じくシニアデビューの樋口新葉選手、宮原知子選手の欠場により出場が決まった本郷理華選手と共に、表彰台を目指す。また、これら選手の演技の他、男子/女子のショートとフリー、エキシビションに出場する全ての選手の演技が、地上波テレビ放送終了後に、番組ホームページでノーカット配信される。
ノーカット配信はテレビ放送とは異なり、あえて実況・解説を入れず、会場で観戦しているかのような臨場感を残して無料配信される。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/art

 

 

フジテレビ

http://www.fujitv.co.jp/sports/skate/world/

 

 

 

「世界フィギュア2017」5夜連続放送!ノーカット無料ネット配信も の続きを読む

世界選手権2017。宇野昌磨「3枠へ全力を尽くしたい」と意気込みを語る 

【ヘルシンキ福田智沙】来年2月の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠がかかるフィギュアスケートの世界選手権が29日、当地で開幕する。28日は公式練習が行われ、男子の羽生結弦(ANA)ら日本勢が調整した。
3季ぶり2度目の優勝に向けて羽生は「あまり世界選手権という感じはしていない。(タイトルへの執着も)特にない」と冷静に話した。宇野昌磨(中京大)は「昨季の大会は気持ちの持っていきかたを失敗した。同じ失敗をしないよう、3枠をとれるよう全力を尽くしたい」と述べた。田中刑事(倉敷芸術科学大)は「自分の持てるものを全部出し切って、枠に貢献したい」と抱負を語った。
女子も樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、三原舞依(神戸ポートアイランドク)、本郷理華(邦和スポーツランド)がジャンプなどを入念に確認した。
女子ショートプログラム(SP)は29日、男子SPは30日に行われる。
 ◇羽生、300点超えに自信
フリーの曲かけの練習で演技後半のジャンプが崩れた。それでも羽生は「多分、外気温が違って、昨日と氷の感覚が違っていた。変なプレッシャーもなく、自信を持って調整できている」と慌てる様子はなかった。
ショートプログラム(SP)、フリーで合計300点超えができるだけの練習をしてきた自負がある。「自分ができる限界値を最大限に持ってきた状態で挑むことが一番大事」。曲をかけない状態では4回転ジャンプは簡単に跳べている。羽生には「自分に集中できている。非常にいい状態」と自信がのぞく。
2月の4大陸選手権はSPで出遅れ、フリーで巻き返したものの、17歳のチェン(米国)に敗れた。その差はわずか3・75点。「あの時、3連続(ジャンプ)をつけることができなかったので、いろいろ練習してきた」。もし跳べていれば、逆転は可能だった。
27日の公式練習では新たに4回転トーループ-1回転ループ-3回転サルコウの3連続ジャンプを試した。この日の曲かけでは、最後のジャンプをトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)からの3連続ジャンプに。ミスをカバーする「リカバリー」をして、試合を想定した練習の一端を見せた。
羽生は「ジャンプがきれいに決まればもっと盛り上がる。ジャンプは大事」という。勝負のポイントはわきまえている。【福田智沙】

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl7-mai-spo


世界選手権2017。宇野昌磨「3枠へ全力を尽くしたい」と意気込みを語る  の続きを読む

過渡期にある日本女子フィギュア・・・停滞か、新時代か

フィギュアスケートの世界選手権が29日にフィンランド・ヘルシンキで開幕する。今大会は来年の平昌五輪の出場枠が懸かる重要な大会。日本女子は左股関節を疲労骨折したエース宮原知子が欠場となり、過去3大会保持してきた3枠を確保することが難しい状況に追い込まれている。27日に現地で公式練習が始まった。
初日の練習からは日本の3選手それぞれが課題に取り組んできたことがうかがえた。2月の四大陸選手権でジャンプを完ぺきに決めて優勝した初出場の17歳、三原舞依。四大陸選手権の出来に満足せず「ステップが(最高評価のレベル4ではなく)レベル3だったのが悔しかった。表現の面でもトップとの差が開いているのを感じました」とジャンプ以外の要素の向上に努めてきたという。練習ではステップの最中に転倒する場面もあったが、それは「エッジを倒しすぎた」ためのもの。より高度な技術に取り組み、得点向上を狙う姿勢が伝わってきた。
三原と同じ初出場の16歳、樋口新葉。四大陸選手権では右足甲を痛めていた影響もあって、ジャンプでミスを連発して9位に沈む、涙に暮れた。今大会もっとも調整具合が心配された選手だった。だが、3回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプなどを次々と着氷。さらには3回転ルッツ―3回転ループの高難度の連続ジャンプにも挑むなど復調を感じさせる練習内容だった。「ゼロからやり直してきました。思い切り滑れたら、結果がついてくると思います」。そう話す表情に明るさが戻ったのが何よりの好材料だ。
約1週間前に出場が決まった本郷理華。四大陸選手権も同様に緊急参戦だったため、今回は心の準備ができていた様子で「不安もあったけれど、逃げずに自分ができることをやってきました」と話した。練習ではスピードのある滑りで、精力的にジャンプを跳び、調整不足の懸念はなさそうだ。「せっかく滑る機会を頂いたので、納得いく演技がしたい。五輪に出たいと思っているので、しっかり結果を残さないといけない」とモチベーションは高い。
今大会出場選手の合計得点の今季ベストを見ると、三原が5番手、樋口が9番手、本郷が14番手。3枠確保には上位2選手の順位の合計が「13以内」でなければいけないが、三原と樋口を合わせると「14」で3枠確保は簡単なことではない。
2年前に銀メダルを獲得している宮原の欠場は大きな痛手だ。ただ、もともと昨年末に代表が決まった時から、枠取りのプレッシャーのかかる世界選手権を経験した4年前の選手はおらず、不安視する声はあった。今回代表を逃した浅田真央がキャリア晩年を迎えるなど日本の女子は今、過渡期にある。三原たちがこの苦境を乗り越えて自力で五輪出場枠を獲得すれば、一気に世代交代が進むだろう。停滞か、新時代か。ここは日本女子の分岐点になるかもしれない。(柳田 博)

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hannex-spo

 

☆世界選手権
3/29(水)明日
女子SP16:40~
17:40~コストナー
19:24~ベル
19:30~ルカブリエ
20:01~ジジュン
20:14~樋口新葉
20:21~三原舞依
20:41~オズモンド
20:48~ダビン
20:54~カレン

過渡期にある日本女子フィギュア・・・停滞か、新時代か の続きを読む

世界選手権2017開幕。羽生結弦の王座奪還なるか。注目の戦いが始まる

147: 氷上の名無しさん 2017/03/28(火) 21:31:15.56
羽生結弦、王座奪還なるか
29日にヘルシンキで開幕するフィギュアスケートの世界選手権で、男子は3大会ぶりの王座奪還を目指す羽生結弦(ANA)、3連覇を狙うハビエル・フェルナンデス(スペイン)、ジャンプに優れたネーサン・チェン(米)らが、過去に例がないほどの高い技術レベルで激戦を繰り広げそうだ。この1年で急成長した宇野昌磨(中京大)も勢いがある。
羽生は4回転からの3連続ジャンプを準備してきた。トーループやサルコーの4回転から、1回転と3回転を続けるジャンプを練習で成功。ミスが出た際の挽回(ばんかい)策だといい、「色々練習してきた」。過去2大会では調子のピークを合わせられなかったが、今回は「すごくいい。曲に入り込める余裕もある」。
チェンは4種類の4回転を跳ぶと宣言し、「状態は最高。失敗しないつもり」。ただ、靴が柔らかくなって十分な練習ができず、大会中に壊れないかを気にしている。フェルナンデスはロイター通信のインタビューに「コーチに3連覇を贈りたい」と意欲的だった。

世界選手権2017開幕。羽生結弦の王座奪還なるか。注目の戦いが始まる の続きを読む

ハンヤン選手の手術成功。術後に元気そうな写真を公開

888: 氷上の名無しさん 2017/03/28(火) 22:35:31.47
ハンヤンがつぶやきました。手術は成功したとのことです。

 

 

ハンヤン選手の手術成功。術後に元気そうな写真を公開 の続きを読む

ミーシャ・ジー選手が今回の世界選手権で引退を示唆。「これが最後の試合になるかもしれない」

この投稿にはとてもたくさんの言葉を書くことができると思うけど、でもきりがなくなっちゃうと思うんだ。だけど1つのことを書き記そうと思う、それは 感謝。
世界選手権に6回出場できたことに感謝している、これらの氷上のアートを作れたことに感謝している、独創的でいられることに感謝している、スケートを滑ることができて感謝している、君たちファンのみんなと友人たちとこれらの瞬間と想い出を共有したことに感謝している。
今日僕の7回目になる世界選手権へ行くことが幸せだよ。そして僕の両親がこのすべての年月にとてもたくさんの心をこめて僕のためにしてくれたことに感謝している。
これが僕の最後の試合になるかも*しれない、でもたとえ上手く行っても行かなくても、そこにいられることに感謝している。君たちの氷上のアーティストでいさせてくれてどうもありがとう
独創的でいさせてくれてどうもありがとう
すべてのことにどうもありがとう。
敬具 ミーシャ・ジー。

ソース

http://www.twitlonger.com/show/n_1spo3cj

 

ミーシャ・ジー選手が今回の世界選手権で引退を示唆。「これが最後の試合になるかもしれない」 の続きを読む

世界選手権2017。女子SP滑走順を発表。樋口新葉は23番、三原舞依24番、本郷理華36番

来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠が懸かるフィギュアスケートの世界選手権は29日、ヘルシンキで開幕する。
37人が出場する女子SPの滑走順抽選が行われ、日本勢は三原舞依(神戸ポートアイランドク)が24番、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が23番でともに第5組に入った。
本郷理華(邦和スポーツランド)が36番で最終第7組。同7組には32番で2連覇が懸かるエフゲニア・メドベージェワ、35番でマリア・ソツコワ、最終37番にアンナ・ポゴリラヤとロシア勢3人が入っている。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/pnannex-spo

 

 

世界選手権2017。女子SP滑走順を発表。樋口新葉は23番、三原舞依24番、本郷理華36番 の続きを読む

1 2 3 4 5 533