人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 3 4 5 6 7 8 9 441

平昌五輪の主役は宮原知子だ!驚異の18歳が秘めた「底知れぬ可能性」

フィギュアスケートの宮原知子は実に輝かしい経歴を残している。
14歳(中学3年生)の時に、全日本選手権で3位に入って頭角を現すと、16歳から18歳の現在まで、全日本選手権3連覇。高校2年生で初出場した世界選手権ではいきなり2位に入ると、昨季、今季と、グランプリファイナルで連続銀メダルを獲得した。
こうした成績は、彼女の練習量の賜物である。身体能力が飛びぬけて高いわけではないという彼女は、誰よりも長い時間をかけてこつこつと練習し、踏み切りや回転不足を修正して、正確なジャンプを跳べるようになった。左回りだけでなく右回りもスピーディに美しく回れるスピンや細かいステップでも着実に得点を重ねられるようになり、長時間の練習でスタミナを得たことで基礎点が1.1倍されるプログラム後半にも高難度のジャンプを入れられるようになった。
近年は、表現力のアップにも尽力している。宝塚歌劇団出身の講師やバレリーナの吉田都に、魅せ方や表現方法を習ったのちに臨んだ今シーズン、これまでとはまったく違う宮原がいた。たとえばショートプログラム『ムゼッタのワルツ』(『ラ・ボエーム』より)の冒頭。音楽の始まりとともに、目元と口元から、滑る喜びがふわりとわき上がる。上品な曲調と、少しタメのある腕の上げ下ろしが相乗する。“かっちり”としていた数年前までの演技とは、別人のようになった。人となりが見えるとスケーターとしての興味が自然と湧いてくるものだが、2015年4月の国別対抗戦の「応援姿」は、彼女にとってとても重要だったといえるだろう。このころはまだシャイで真面目な面がクローズアップされていたが、頭に巻いたハチマキに「日本」と書かれた日の丸の扇子を刺した姿で日本チームを応援する彼女に、スケートファンは一気に親しみを抱くようになったからだ。
もう長い間彼女に期待し続けてきたように感じるが、現在18歳。ということは、何年も前、まだ14、5歳だったころの彼女にも、大きな期待をかけてきた。しかし、宮原はそうした空気に屈せず、逆に好成績にも驕らず、努力を積み重ね、全日本選手権3連覇を果たし、日本フィギュアスケート史に残る堂々たるスケーターとなった。年下の選手たちの突き上げも、次々に新星が登場するロシアの選手たちの脅威も、彼女の立っている場所とは異なる空間のことのように感じられる。

 

それは彼女がこれまで、周囲に左右されず、自分のペースを保って着実にいまの場所までたどり着いたからかもしれない。1年前に想像した姿より、2年前に想像した位置より、さらにずっと高いところに今の彼女は立っている。私たちの想像の延長線のはるか上へと進化してきた彼女は1年後の平昌五輪では、今の私たちからは想像もできない姿を見せているだろう。この1年、そんな宮原知子の動向をすべて、つぶさに見届けたい。(文・長谷川仁美)

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article

 

平昌五輪の主役は宮原知子だ!驚異の18歳が秘めた「底知れぬ可能性」 の続きを読む

夢の共演?羽生善治と羽生結弦がくまもんと並んで奇跡のショットが実現

65: 氷上の名無しさん 2017/01/17(火) 23:15:13.42

くまもんと羽生さん

C2TPcILVIAEepFG

C2X3xXzUUAUn5o0

夢の共演?羽生善治と羽生結弦がくまもんと並んで奇跡のショットが実現 の続きを読む

本田真凜が4回転ジャンプに挑戦 平昌五輪へ…「毎日練習すればできるんじゃないかと思う」

1: 氷上の名無しさん 2017/01/17(火) 17:54:31.91 _USER9

関西スポーツ賞で今回、最年少での受賞となったフィギュアスケート女子の本田真凛。16日に大阪市内で開かれた表彰式では、15歳ながら緊張した様子を見せず、堂々とした表情で壇上に上がった。来年に開催される平昌(ピョンチャン)五輪出場を目標に掲げ、「大きな試合で自分の一番の力を出せる選手になれば難しくはないと思う」と意気込みを語った。
本田は昨年3月の世界ジュニア選手権で優勝。11月の全日本ジュニア選手権でも表彰台に上がるなど関西が誇る日本フィギュア界のホープだ。
また、新たな武器とするべく4回転ジャンプの練習に挑戦していることを明らかにした。成功率は「まだ全然」だというが、「試合がない今の時期を大切にして、毎日練習すればできるんじゃないかと思う」と目を輝かせた。

wst1701160075-p2

ソース
http://www.sankei.com/west/news/170116/

本田真凜が4回転ジャンプに挑戦 平昌五輪へ…「毎日練習すればできるんじゃないかと思う」 の続きを読む

浅田真央選手、本人側の希望で今季後半の国際大会に出ず。平昌五輪シーズンに備える

1: 氷上の名無しさん 2017/01/17(火) 19:43:05.51 _USER9
日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は17日、都内で行われた理事会後に報道陣に対応し、日本連盟として選手の派遣を予定している国際B級大会のバヴァリアンオープン(ドイツ)とクープ・ド・プランタン(ルクセンブルク)について、浅田真央(26)=中京大=のエントリーはなかったことを明かした。
昨年末の全日本選手権で12位に終わった真央は、世界選手権(ヘルシンキ)、四大陸選手権(韓国)、アジア大会(札幌)の代表入りを逃しており、事実上、今季はこれで終了。選手人生の集大成と位置づける来季の平昌五輪シーズンに備えることになる。小林強化部長は「今はゆっくりして、来季に備えてほしい」と話した。

 

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/h053-dal-spo

 

浅田真央選手、本人側の希望で今季後半の国際大会に出ず。平昌五輪シーズンに備える の続きを読む

田中刑事が卒業研究の中間発表を行いプレゼンテーションでフィギュアスケートを題材に

50: 氷上の名無しさん 2017/01/17(火) 20:00:38.12

田中刑事、卒業研究の中間発表 

卒業研究・・・刑事いちおー理系だったのね

健康科学科4年の田中刑事君の卒業研究の中間発表がありました.横浜アリーナのスターズオンアイスから岡山に戻っての発表で大忙しの日程です.発表内容について教員から沢山の指摘がありました.これから細かなところを修正して卒論を仕上げます
 
最後に発表を聴講にきた学生達と記念撮影をしました.これから,ユニバーシアード,四大陸選手権と続きます.今後とも田中刑事選手の応援をよろしくお願いします.

健康科学科(倉敷芸術科学大学)
https://www.facebook.com/kenkokura 

田中刑事が卒業研究の中間発表を行いプレゼンテーションでフィギュアスケートを題材に の続きを読む

宇野昌磨と宮原知子が日本オリンピック委員会のシンボルアスリートに選ばれる

    

 

日本オリンピック委員会が選手の肖像権を使ってマーケティング事業に活用する「シンボルアスリート」に、フィギュアスケート男子の宇野昌磨と女子の宮原知子らを追加する方針であることが17日、分かった。24日の理事会で報告される見通し。
高木美帆らスピードスケート女子の複数選手も新たにシンボルアスリートに加わる見込み。JOCは他にスキーや柔道などの選手との新規契約に向けても調整している。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/h0156-jij-spo

宇野昌磨と宮原知子が日本オリンピック委員会のシンボルアスリートに選ばれる の続きを読む

本田望結初主演ドラマ「探偵少女アリサの事件簿」。共演の名取裕子が絶賛「神ってる!」

1: 氷上の名無しさん 2017/01/16(月) 06:53:13.75 _USER9

フィギュアスケート選手で女優の本田望結(12)が初主演するテレビ朝日のスペシャルドラマ「探偵少女アリサの事件簿」(28日後9・00)の放送前イベントが15日、東京・六本木の東京ミッドタウン芝生広場特設リンクで行われた。
本田は共演の名取裕子(59)と田中圭(32)が待つリンクに華麗なスケーティングを見せながら登場。「探偵役はやったことがなかったので、たくさん勉強させてもらいました」と満面の笑みであいさつした。
名取は本田の演技をフィギュアの採点になぞらえて「構成点、技術点ともに満点。まず集中力が凄いし、セリフも完璧」と絶賛。本田が「きのう(14日)は中学受験でした」と学業にも力を入れていることを明かすと、名取は「神ってる!」と目を丸くしていた。

C2MgOtzUsAAreS7

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hnannex-ent

本田望結初主演ドラマ「探偵少女アリサの事件簿」。共演の名取裕子が絶賛「神ってる!」 の続きを読む

1 3 4 5 6 7 8 9 441