人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 809

「神様に選ばれた試合」の中で羽生結弦の今季初戦オータムクラシックの放送が決定

来年の平昌オリンピックへ向けたシーズンの幕開けとなるフィギュアスケートの国際試合「オータムクラシック」(開催地:カナダ)に出場する羽生結弦の演技が、24日放送のテレビ朝日系特別番組『神様に選ばれた試合』(後1:55~3:20)内で速報されることになった。この大会で羽生は、映画『陰陽師』を題材とした自身の最高傑作「SEIMEI」をさらに進化させたフリー演技を世界初披露する予定。番組では、伝説の世界最高得点を叩き出した2015年グランプリファイナルでの演技を羽生自ら解説する独占映像も放送される。
羽生がオリンピック連覇を狙うプログラムとして「SEIMEI」を選んだ背景には、神が舞い降りたかのような試合の存在があった。それが15年のグランプリファイナル。「羽生結弦が、羽生結弦を超えました!」という実況とともに伝説となった「SEIMEI」。羽生が戦った相手は、わずか2週間前のNHK杯で“異次元”の世界最高得点を出したばかりの羽生結弦自身だった。
番組ではその“伝説の演技”を初めて、羽生が自ら解説を試みることに。巨大モニターに映し出される自分自身と向き合いながら、当時は明かされることがなかった、2年たった今だから語れる新事実を告白する。
「怖さを初めて感じた」というほどの強大な重圧、苛立ち、そして、「なくはなかったですね…」とためらいながら初めて明かしたのは、これまで決して口にすることがなかったケガとの戦い。得点発表で流した涙の裏には、極限の逆境との攻防があった。いかにして「SEIMEI」は伝説となり、五輪連覇へのプログラムとなったのか。自ら全てを明らかにする。
番組は、スポーツ界の枠を越え感動を与えた「名試合」にフォーカスし、当時の主役、脇役に独自取材。日本人の誰もが知る名シーンの裏側や新事実を明らかにするドキュメンタリー特別番組。羽生のほかにも、体操・内村航平に勝った“同学年ライバル”山室光史のオリンピックの悲劇を乗り越えた復活物語。日本プロ野球史上初めてリーグ戦の勝率が同率首位で並んだチーム同士が最終戦で直接対戦した1994年10月8日、中日と巨人による「10.8決戦」について、決勝点を生んだ“送りバント”を長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の独占インタビューでひもとく。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/hric-ent

 

 

「神様に選ばれた試合」の中で羽生結弦の今季初戦オータムクラシックの放送が決定 の続きを読む

ハンヤンとボーヤンの髪型が対照的で面白い

103: 氷上の名無しさん 2017/09/19(火) 22:30:00.38
半やん

浅田真央が公式インスタグラムを開設。「インスタグラム始めました!」

1: 氷上の名無しさん 2017/09/20(水) 16:28:30.09 _USER9
4月に引退を表明した浅田真央さん(26)が公式インスタグラムを開設したことを、自身の公式サイトで発表した。
 アカウントは@maoasada2509。
「公式Instagram始めました」と花の画像を3枚アップした第1号の投稿には フォロワーから「ずぅーと応援してます」「嬉しすぎます 投稿楽しみにしてますっ!!」
「真央ちゃんにコメントできるなんて嬉しすぎて!」とコメントが殺到している。
2枚目の投稿では現在、開催中の浅田真央展(東京・日本橋高島屋、9月13日~25日)の自身のボードの前で撮影した写真をメーンに、姉・舞さんとのツーショットも披露していた。
公式インスタの開設にいいねは2000件、200件以上のコメントが寄せられていた。

ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl

 

 

浅田真央公式インスタグラム

https://www.instagram.com/maoasada2509/

 

浅田真央が公式インスタグラムを開設。「インスタグラム始めました!」 の続きを読む

田中刑事、勝負の五輪シーズン。21日から国際大会

フィギュアスケート男子で来年2月の平昌冬季五輪代表を狙う田中刑事(倉敷芸科大大学院)が、21日開幕のオンドレイ・ネペラ杯(スロバキア)で本格的に今季のスタートを切る。昨季は初の世界選手権を経験して飛躍した22歳。4回転ジャンプを計5本跳ぶ高難度プログラムを用意し、「一戦一戦結果を残す」と熾烈(しれつ)な代表争いに挑む。
今オフは課題の4回転ジャンプの改良に注力した。精度の低さから回避していたトーループの助走と踏み切りを見直し、「力ずくだったのが、体重移動を使って最小限の力で跳び上がれるようになった」と手応えを話す。
4回転はトーループと昨季も跳んだサルコーの2種類で、ショートプログラム(SP)で2回、フリーで3回入れる。得点源を増やし、複数の高難度ジャンプを跳ぶ4回転時代に食らいつける構成となった。
SPも変更し、ギターの音色が切ないブルースを選んだ。強弱が少ない曲に乗る難しさはあるが、色気のある振り付けや武器のステップでジャッジを魅了する。
平昌五輪の男子代表は3枠あるが、実質的には2014年ソチ五輪王者の羽生結弦(ANA)、世界選手権2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)に次ぐ3番手争い。全日本選手権(12月・東京)の順位や国際スケート連盟の世界ランクなどで選考される。国際大会の結果が求められ、8月のアジア・トロフィーを2連覇した田中はネペラ杯後、グランプリシリーズのロシア杯(10月)、中国杯(11月)を戦う。
10年バンクーバー五輪銅メダリストでソチまで3大会連続で出場した高橋大輔さんは田中と同じ倉敷FSC出身。岡山勢として4大会連続出場も懸かり、「シーズンを通じて成長し、五輪で戦えるだけの自信と精神力をつけていく」と夢舞台へ歩みを進める。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/2-sanyo-l33

田中刑事、勝負の五輪シーズン。21日から国際大会 の続きを読む

三原舞依が元気にモントリオール入り。20時間の空の旅「ずっと眠ってました」

フィギュアスケートのオータム・クラシック(21日開幕)に出場する三原舞依(18=神戸ポートアイランドク)が19日、カナダ・モントリオール入りした。
伊丹から乗り継ぎ2度、約20時間かけて到着し「ずっと眠っていました。(体調は)大丈夫です」と元気そうに笑顔を見せた。
昨季は四大陸選手権で優勝、世界選手権で5位と急成長。来年2月の平昌五輪出場を目指す18歳は今季初の国際大会へ向けて「楽しみです」と期待に胸を膨らませていた。
ソース
【9/18公式スケジュール変更】※変更の場合あり
オータムクラシックインターナショナル
9/22(金)~24(日) 日本時間(現地+13時間)
羽生結弦 村上大介
三原舞依 新田谷凜
ソース

三原舞依が元気にモントリオール入り。20時間の空の旅「ずっと眠ってました」 の続きを読む

伝説の演技を羽生結弦が初解説!「神様に選ばれた試合」。今シーズン初戦カナダ・オータムクラシック完全速報!! 今だから明かされる新事実!

     
387: 氷上の名無しさん 2017/09/20(水) 14:06:14.20
「神様に選ばれた試合」羽生結弦 今シーズン初戦カナダ・オータムクラシック完全速報!! “伝説の演技” を初解説!今だから明かされる新事実

9月24日(日)
『神様に選ばれた試合』
午後13時55~15時20 テレビ朝日

伝説の演技を羽生結弦が初解説!「神様に選ばれた試合」。今シーズン初戦カナダ・オータムクラシック完全速報!! 今だから明かされる新事実! の続きを読む

羽生結弦が機長に変身?ファンに対して送られたファンレター返信の内容が凄い

229: 氷上の名無しさん 2017/09/20(水) 13:13:14.91
はにゅからのファンレターお返事凄い!
平昌までのファーストクラスの搭乗券はにゅ機長!

 

ソース

https://twitter.com/33niji/status/

羽生結弦が機長に変身?ファンに対して送られたファンレター返信の内容が凄い の続きを読む

1 2 3 4 809