人気記事ランキング
スポンサードリンク
1 2 3 4 5 6 7 935

オーサーコーチがハビエル・フェルナンデスと帯同しスペインに。来週開催の全日本には来れなさそうだ

313: 氷上の名無しさん 2017/12/15(金) 15:43:19.80
うわオーサースペインにいるじゃんハビとwww
やっぱりナショナル帯同かよ

 

スペインナショナル
男子SP 12/17(日) 03:21-03:45
男子FS 12/18(月) 00:40-01:04

 

 

オーサーコーチがハビエル・フェルナンデスと帯同しスペインに。来週開催の全日本には来れなさそうだ の続きを読む

平昌五輪の日本選手団に対してチャーター機で韓国入りを計画。選手団の移動負担軽減に&平昌と江陵に五輪選手村完成

144: 氷上の名無しさん 2017/12/15(金) 13:32:30.25
平昌五輪、日本選手団はチャーター機で韓国入り
日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は15日のスポーツ議員連盟総会で、来年2月の平昌冬季五輪で日本選手団がチャーター機を利用して韓国入りする計画を明らかにした。日本海に面した襄陽の空港を使用する。
スキーなどが行われる平昌、スケートなどの会場となる江陵は仁川国際空港やソウル郊外の金浦空港から離れている。襄陽は日本の主要空港から定期便はないものの、会場へのアクセスに優れ、移動の負担は減ることになる。
日本スポーツ振興センター(JSC)は、味の素ナショナルトレーニングセンター以外に設置する2020年東京五輪・パラリンピック期間中の調整支援拠点について検討状況を説明した。

ソース

http://www.sanspo.com/sports/news/2017121tml

平昌五輪の日本選手団に対してチャーター機で韓国入りを計画。選手団の移動負担軽減に&平昌と江陵に五輪選手村完成 の続きを読む

小塚崇彦の目。「羽生結弦の実績くみ取り勝たせる支援を」&各関係者からの優しい言葉

フィギュアスケート男子の羽生結弦(23=ANA)が14日、右足関節外側靱帯(じんたい)損傷の影響で練習再開のめどが立っていないことを発表した。2日連続で日本スケート連盟を通じて談話を出し、右足首の腱(けん)と骨にも炎症があり回復が遅れていることを明かした。五輪代表選出は確実だが、最終選考会である全日本選手権(21日開幕、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)への出場は厳しい状況。ぶっつけ本番で平昌(ピョンチャン)五輪に臨むのか、それとも別の道を探るのか。五輪連覇へ向け、強化プランの再考を迫られている。
羽生選手の回復が遅れていると聞き、やはりそうだったか、と思った。負傷したのはNHK杯の公式練習の最中。選手なら経験があると思うが、試合期間の練習は普段と違い、自然と力が入ってしまう。しかもケガは4回転ジャンプを着氷した時だったため、足に相当の負荷がかかっていただろう。3回転ジャンプの着氷時には、体重の約5、6倍の負荷がかかるという研究データがある。300キロ超の重いものを背負いながら足をくじいたとイメージしてほしい。
今、無理をする必要はない。彼は五輪のディフェンディングチャンピオンであり、昨季の世界王者。その実績はくみ取ってあげるべきだと思う。五輪に行かせてあげるだけでなく、五輪で勝たせてあげるために、周りがいかに環境を整えられるかが大事だ。例えば、ルールにはないため難しいだろうが、現時点で、日本連盟が五輪の内定を出すこともありだと個人的には思う。
10月末のロシア杯から時間がたち、試合勘は、少しずつ薄れていっているだろう。あくまで僕が考えるプランだが、もし、全日本選手権に出場するなら、五輪の団体戦を経て、個人戦に出る、という流れでいいと思う。もし、全日本に出なかった場合は、五輪団体戦に出ない手もある。日本としては羽生選手に団体戦に出てほしいという気持ちもあるだろうが、1月末の4大陸選手権で復帰し、後は個人戦に集中するという形もある。(10年バンクーバー五輪代表、11年世界選手権銀メダリスト)
ソース

小塚崇彦の目。「羽生結弦の実績くみ取り勝たせる支援を」&各関係者からの優しい言葉 の続きを読む

女王メドベージェワ復帰。フィギュア露選手権出場へ。右足骨折から「順調に回復」…平昌五輪金メダルへの序章

ロシアフィギュアスケート女子のエースで、今季、右足を骨折して治療中のエフゲニア・メドベージェワ(18)が今月21日から行われるロシア選手権に出場する可能性があることがわかった。露フィギュアスケート連盟幹部が明かした。世界選手権2連覇中で、世界歴代最高得点を保持する「絶対女王」は来年2月の平昌五輪に出場すれば、金メダルの最有力候補。ドーピング問題による国際オリンピック委員会(IOC)の制裁措置に本人も翻弄されたが、復帰を待ち望むファンの声は大きく、動向に注目が集まる。(佐々木正明)
歩行には差し支えなく、その後、治療に専念したメドベージェワは今月5日、スイス・ローザンヌで開催され、ロシアのドーピング問題を審議した国際オリンピック委員会(IOC)理事会で演説し、「五輪は私の夢。皆さんに才能を発揮するチャンスがあったように、私にもその機会を下さい」と出場を懇願した。
その後、メドベージェワのリハビリやけがの状況は表に出ることはなく、平昌五輪への出場に不安視する声も出ていたが、13日、ロシアフィギュアスケート連盟のアレクサンドル・コーガン会長が露メディアの取材に応じ、メドベージェワが平昌五輪の代表選考となるロシア選手権に向け、明るい兆しが出ていることを明かした。
コーガン会長は「メドベージェワの回復ぶりは順調に進んでいる。彼女にはロシア選手権に出場する計画がある」と語った。
仮に、調整が間に合わずにロシア選手権を欠場しても、来年1月中旬にはモスクワでフィギュアスケートの欧州選手権が開催される予定で、復帰戦をこちらに移す可能性もある。
メドベージェワが負傷を押して、ハードな練習や大会への出場を続けた理由には、出場枠3をめぐる厳しいロシア女子の代表争いが背景にある。
絶対女王は安泰との向きもあるが、メドベージェワと同じエテリ・トゥトベリーゼをコーチとする15歳のアリーナ・ザギトワがシニア初デビューの今年、急成長を遂げた。GPシリーズで2連勝して臨んだファイナルでは初出場にして、220点以上の高得点をあげて見事に優勝を飾った。
さらに同じトゥトベリーゼコーチの門下生で、2015年ジュニアGPファイナル優勝のポリーナ・ツルスカヤ、今季GPファイナル2位となり、急成長しているマリア・ソツコワが虎視眈々とメドベージェワ、ザギトワの2強に割り込もうとしている。

 

ソース(全文)

女王メドベージェワ復帰。フィギュア露選手権出場へ。右足骨折から「順調に回復」…平昌五輪金メダルへの序章 の続きを読む

クリスマス オンアイス2017。高橋大輔、浅田舞ら“美しき再会”… 織田信成、“クリスマスリハ”集合写真公開

鈴木明子、村上佳菜子ら…日本の名スケーターが「クリスマスオンアイス」に集合
 
フィギュアスケートのアイスショー「クリスマスオンアイス2017」(新横浜スケートセンター)が15日から3日間、行われる。多くのスケーターが集結するイベントを控え、織田信成氏は自身のツイッターでリハーサルの集合写真を掲載。日本の名スケーターもズラリとそろう豪華写真でムードを盛り上げている。
織田氏は13日に「リハ終了~。」とつづり、1枚の写真を掲載した。会場内で、装飾された大きなクリスマスツリーの前に出演者15人がそろった集合写真だ。
持ち前の豊かな表情でピースを決める織田氏のほか、バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔氏、同五輪代表の鈴木明子さん、ソチ五輪代表の村上佳菜子さん、浅田舞さんといった日本のフィギュア界のトップを走ってきた元選手たちが、海外スケーターを含めた笑顔の輪の中で、仲良さそうに収まっている。
コメント欄では「みんな笑顔素敵」の声が上がり、浅田さんも同じ写真をツイッターに投稿した上で「久しぶりに皆と会えて嬉しい」とつづり、“美しき再会”は喜びもひとしおだったようだ。
現役トップ選手は来週の全日本選手権が控えるが、かつて日本を沸かせてきた名スケーターたちの美しい演技の“クリスマスプレゼント”は同じようにリンクを盛り上げてくれそうだ。

ソース

https://headlines.yahoo.co.jp/artic-spo

 

 

@リハ終了〜。
織田信成

https://twitter.com/nobutaro1001/s

クリスマス オンアイス2017。高橋大輔、浅田舞ら“美しき再会”… 織田信成、“クリスマスリハ”集合写真公開 の続きを読む

羽生結弦が表紙のフィギュアスケート・マガジン2017-2018グランプリスペシャル12月19日に発売決定

40: 氷上の名無しさん 2017/12/14(木) 16:43:46.35
泣ける

 

 

 

B.B.MOOK1396 フィギュアスケート・マガジン2017-2018 グランプリスペシャル
2017年12月19日発売

 

 

 

羽生結弦が表紙のフィギュアスケート・マガジン2017-2018グランプリスペシャル12月19日に発売決定 の続きを読む

アスリートの魂「フィギュア女子・本田真凜」NHK BS1で12月16日午前0時から放送。

659: 氷上の名無しさん 2017/12/14(木) 11:07:31.99

アスリートの魂

NHKBS1
12月16日(土)午前0時00分~午前0時45分
12月19日(火)20時00分~20時45分
NHK総合
12月17日(日)24時10分~24時54分

アスリートの魂
「16歳“真のアスリート”へ フィギュアスケート・本田真凜」

フィギュアスケートの新星・本田真凜選手。
“ポスト浅田真央”の期待もかかる、16歳の高校生だ。
今シーズン、シニアデビュー戦でいきなり優勝し、来年のピョンチャン・オリンピック代表に名乗りを上げた。
だが、夢の舞台への切符はわずか2枚。ライバルたちも急成長を遂げている。厳しい闘いに本田選手はどう立ち向かうのか。
カメラは8か月間、本田選手に密着。初めての挫折、新たな挑戦…。
知られざる成長の日々を記録した。

 

NHK

http://www4.nhk.or.jp/tamashii/x/

 

アスリートの魂「フィギュア女子・本田真凜」NHK BS1で12月16日午前0時から放送。 の続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 935